スパンエアー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スパンエアー
IATA
JK
ICAO
JKK
コールサイン
Spanair
設立 1988年
運航停止 2012年1月28日 [1]
ハブ空港 マドリード・バラハス国際空港
バルセロナ空港
焦点空港 パルマ・デ・マリョルカ空港
テネリフェ・ノルテ空港
マイレージサービス Spanair Plus
会員ラウンジ Sala VIP
航空連合 スターアライアンス
保有機材数 54機
就航地 26都市
親会社 Iniciatives Empresarials Aeronàutiques (IEASA)
本拠地 スペインパルマ・デ・マリョルカ
代表者 Mike Szücs (CEO)[1]
スパンエアーのエアバスA320型機(新塗装)。

スパンエアー(Spanair S.A.)は、スペインマリョルカ島パルマ・デ・マリョルカに本拠地を置いていた国際航空会社スターアライアンスの元メンバー。2012年1月28日運航を停止した[1]

概要[編集]

西アフリカへの拡張に加え、スペイン国内、ヨーロッパ内に定期旅客便ネットワークを提供していた。国際的なチャーター便はツアー会社のためにも運航を行っている。ここの主要な空港はマドリード・バラハス国際空港 (MAD)、及び バルセロナ・エル・プラット国際空港 (BCN) のハブ空港と共に、パルマ・デ・マリョルカ空港 (PMI) である。2535人のスタッフを抱えていた。

歴史[編集]

スパンエアーは1986年12月に設立され1988年3月から運航が開始された。スカンジナビア航空(SAS)と Viajes Marsans(es) との合併会社として企画され、ヨーロッパ地域へのチャーター運航を開始した。

アメリカ合衆国メキシコ、及びドミニカ共和国への長距離路線の運行は1991年に始まり、1994年3月に国内線定期運航を開始した。1990年代後半にワシントン及びブエノスアイレスへボーイング767-300型機を使用した長距離路線の運航を行った。スパンエアーは2003年スターアライアンスに加盟した。

マイレージプログラムは大株主のスカンジナビア航空の「SASユーロボーナス」に統合されず、独自プログラムである「スパンエアープラス(Spanair Plus)」を運営していた。

スカンジナビア航空グループ (SAS・94.9%) 及びMarsansグループ (5.1%) が株主であったが、2008年、スカンジナビア航空はスパンエアーの株式売却を決定し、イベリア航空が購入する意向を示していたが、実現には至らなかった。 その後、2009年1月31日にスペインの投資コンソーシアム・Iniciatives Empresarials Aeronàutiques (IEASA)が株式の80.1%を取得し、残り19.9%はSASが保持することとなった。[2]

2012年1月27日をもって、全便運航停止となった。[3]

就航路線[編集]

スパンエアーは以下の都市へ就航している (2005年1月現在):

保有機材[編集]

スパンエアー MD82(旧塗装)

スパンエアー・グループの機材は以下の航空機で構成される (2008年現在):

事故[編集]

2008年8月20日マドリッドグラン・カナリア行きJK5022便が離陸に失敗。乗客乗員172名のうち154名が死亡、18名が負傷。同航空初の死亡事故となる。

脚注[編集]

  1. ^ a b Spanair suspende de forma definitiva sus operaciones” (スペイン語). Preferente (2012年1月27日). 2012年6月17日閲覧。

外部リンク[編集]