エア・インディア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エア・インディア
Air India
एअर इंडिया
IATA
AI
ICAO
AIC
コールサイン
Air India
設立 1932年10月15日
ハブ空港 チャットラパティー・シヴァージー国際空港
インディラ・ガンディー国際空港
焦点空港 チェンナイ国際空港
マイレージサービス Flying Returns
航空連合 スターアライアンス
保有機材数 129機 (さらに67機発注)
就航地 93都市 
本拠地 ムンバイ (インド)
代表者 ロヒット ナンダン (会長兼社長)

エア・インディア英語: Air India, ヒンディー語: एअर इंडिया)は、インドデリームンバイを本拠地としている航空会社で、インドのフラッグ・キャリア。機体に書かれているデーヴァナーガリー文字の社名をそのままカタカナに変換すると、「エーアル・インディヤー」になる。

歴史[編集]

設立[編集]

エア・インディア本社(ムンバイ)

イギリス植民地下にあった1932年に、実業家で飛行家としても知られるジャハンギール・ラタンジ・ダーダーバーイ・タタによって「タタ航空」として設立された。

当初はイギリス製のデ・ハヴィランド・プス・モスなどを使用し、国内線を運航した。1946年に現在の社名となり、独立後の1948年にインド政府との半官半民の体制になった。

拡張[編集]

独立後は、ロッキード スーパーコンステレーションなどの新鋭機を導入し国際線へ進出、アジア域内路線を皮切りに、ヨーロッパアメリカ路線の運航も開始した。その後ボーイング707を導入しジェット化を進めた。

日本発着路線は1950年代に乗り入れを開始した。また、あまり知られていないことだが、海外航空会社の中では最も早い時期から日本人客室乗務員を採用している(乗務開始は1960年代から)。

現在[編集]

2007年インディアン航空(Indian Airlines:同じく国有会社で国内線及び近距離国際線専門)と対等合併し、インドの国際線、国内線に就航する最大の航空会社となる。新会社名はインド国有航空会社(National Aviation Company of India Limited)となり、ブランド名としてエア・インディアがそのまま使用されている。合併後機体の塗装リニューアルが進められていた中、国内線においてはしばらくAIとIC(旧インディアン航空)の2種類の便名が併用されていたが、現在はAIに統一されている。2007年12月には、スターアライアンスへの加盟が承認され[1]、加盟準備が進められていたが、2011年7月31日、エアインディアが契約合意した加盟条件を満たさなかったため、加盟が保留となった[2][3]

その後、2013年12月に加盟手続きが再開され[4]、2014年6月24日には、同年7月11日にスターアライアンスに加盟すると発表され[5][6]、7月11日に予定通り加盟した[7]

特徴[編集]

客室乗務員サリーを着用、機内食はインド・カレーを提供、機内映画インド映画を多く上映するなど、フラッグ・キャリアとしてインド人の利用者向けのサービスを前面に出している。

機内食のカレーは、インド人シェフが定期的にチェックするほどの本格派。インドで食事後に口直しとして出される「リフレッシュミント」(正確にはフェンネル・シード)も付いてくる。

2013年11月以降、日本路線は、東京/成田 - デリー線・大阪/関西 - 香港 - デリー線ともにボーイング787-8型機[8]にて運航中[9][10]。日本人の客室乗務員が乗務している。

エピソード[編集]

1966年不二家らとのタイアップで『オバケのQ太郎』の絵を描いてデンマーク[11]、ケニアへ行こうという懸賞企画[12]に参加していたことがあり、高い注目を浴びたことがあった。

就航路線[編集]

コードシェア[編集]

2014年10月現在、以下の航空会社とコードシェア提携を行っている[14]。※はスターアライアンス加盟会社

保有機材[編集]

ボーイング747-400型機
ボーイング777-200LR(新塗装)

エア・インディアの機材は以下の航空機で構成される[17]

エア・インディア保有機材
機種 保有数 発注 乗客数 備考
F J Y
合計
エアバスA319-100 24 8 114 122
エアバスA320-200 18 20 126 146
エアバスA321-200 20 20 152 172
エアバスA330-200 2 24 255 279
ボーイング747-400 5 12 26 385 423
ボーイング777-200LR 8 8 35 195 238 これらのうち5機はウクライナ国際航空に売却された
ボーイング777-300ER 12 3 4 35 303 342
ボーイング787-8 6 21 18 238 256[18]
合計 95 24

現在、ボーイング787-8型機を27機発注中であるが、同社の経営状況が著しくないことから導入数を12機まで減らし、さらに他社へのリースも決まった。搭載エンジンはゼネラル・エレクトリック製である[19]。2012年3月14日からハイデラバードで開催していた「インディア・アビエーション2012」で一般公開[20]されたものの、正式な初号機の引渡しは2012年5月頃で、2013年3月までに7機導入を見込んでいる[21][22]。しかし、度重なるトラブルが続き、初号機の引渡しはボーイングとの補償問題が解決するまで、当面見送られる形となった[23][24]。そしてこれらの問題がほぼ解決したことにより、5社目のB787カスタマーとして待望の初号機が2012年9月6日に受領された[25]

なお、エアインディアが発注したボーイング社製航空機の顧客番号(カスタマーコード)は37で、航空機の形式名は747-237, 747-337, 747-437, 777-237ER, 777-237LR などとなる。

系列会社[編集]

長年マスコットとして使用されているマハラジャの像

事件/事故[編集]

参照[編集]

  1. ^ エアインディアがスターアライアンスに加盟 - ANA企業情報
  2. ^ Star Alliance and Air India put Air India's alliance membership application on hold - STAR ALLIANCE
  3. ^ エアインディアのスターアライアンスへの加盟の保留について - ANA企業情報
  4. ^ スターアライアンスとエアインディアが、加盟に向けたプロセスを再開(ANAプレスリリース 2013年12月13日)
  5. ^ STAR ALLIANCE CHIEF EXECUTIVE BOARD APPROVES AIR INDIA MEMBERSHIP Joining date for National Carrier set for July 11th, 2014(スターアライアンス 2014年6月24日)
  6. ^ スターアライアンス社長会にて エア・インディアの加盟を承認 2014年7月11日付けの加盟を予定(ANAプレスリリース 2014年6月24日)
  7. ^ AIR INDIA JOINS STAR ALLIANCE(スターアライアンス 2014年7月11日)
  8. ^ 成田発便は、ボーイング777-200LR型機または同300ER型機にて運航していた。
  9. ^ エア・インディア、787就航は10月31日から FlyTeam 2013年10月29日付
  10. ^ エア・インディア、787-8を成田/デリー線に投入開始 FlyTeam 2013年11月18日付
  11. ^ デンマークツアー 懸賞品が欲しかったのだ!
  12. ^ 藤子・F・不二雄大全集・別巻2 Fの森の大冒険、小学館、2011年8月25日刊
  13. ^ エアインディア、オーストラリア行き直行便就航 YAHOO! JAPAN ニュース 2013年7月21日付
  14. ^ Code - Share Partners(エアインディア公式サイト)
  15. ^ Our codeshare and other airline partners(エアカナダ公式サイト(
  16. ^ Air India signs code-share tie with Hong Kong Airlines(エアインディア公式サイト)
  17. ^ http://www.airindia.com/SBCMS/Webpages/Fleet-Details1.aspx?MID=196#
  18. ^ RFP details Air India 787 pricing and configuration, retrieved Jan. 08, 2012.
  19. ^ ALL THINGS 787 - Update to March 2012 787 deliveries
  20. ^ Boeing 787 Dreamliner for Air India Debuts in New Delhi
  21. ^ Air India to receive seven 787s by March 2013 2012 Mar 14 10:06
  22. ^ Boeing Disputes India Report of $500 Million 787 Payment Mar 15, 2012 3:11 AM By Karthikeyan Sundaram and Frederic Tomesco
  23. ^ Air India, Boeing Dispute May Delay Dreamliner Delivery Updated May 29, 2012, 9:07 a.m. ET.
  24. ^ 補償問題未解決が続かなければ、6月上旬にANA向けボーイング787-8の8号機(機体番号:JA809A)よりも、先発して引き渡されていたことになっていた。この間、エチオピア航空ラン航空にも初号機が引き渡されている
  25. ^ Boeing celebrates delivery of Air India's first 787 Dreamliner

関連項目[編集]

外部リンク[編集]