バイエルン州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バイエルン州
Freistaat Bayern
バイエルン州の旗 バイエルン州の紋章
州旗 州の紋章
ドイツ国内におけるバイエルン州の位置
州都 ミュンヘン
面積 70,549.32 km² (第1位
人口
 - 総計
 - 人口密度
(2009/07/31)
12.501.200 人 (第2位
177.5 人/km²
ISO 3166-2:DE DE-BY
公式サイト バイエルン州政府
政  治
州首相 ホルスト・ゼーホーファー (CSU)
与党 CSU / FDP
前回選挙 2008年9月28日
次回選挙 2013年
連邦参議院(上院)
での投票権数
6
地  方
市町村数
 * 独立市
2056
25
備考欄

バイエルン州(標準ドイツ語バイエルン語Freistaat Bayern )は、ドイツ連邦共和国連邦州のひとつで、同国南部に位置する。州都はミュンヘン

州名[編集]

Bayern”はドイツ現地での発音は、「バイエルン」より「バイエアン[baɪəɐn]または「バイアーン[baɪɐn]に近い。ただ、堅い文などでは、「r」を母音化させない昔ながらの舞台ドイツ語発音で「バイエルン[baɪərn]と読まれる事もある。隣接する同じ上部ドイツ語アレマン語では「バイレ自由州」(Freistaat Bayre)と表記される。

英語で「Bavaria」(バヴァリア)、ラテン語では「Bavaria」(バウァリア)、イタリア語では「Baviera」とスペイン語では「Baviera」〔バヴィエラ/バビエラ〕と呼ばれる。なお、菓子の名称となっているバヴァロワbavarois)は「バイエルンの」という意味のフランス語形容詞であり、「バイエルン」という地名そのもののフランス語形は「Bavière」〔バヴィエール〕である。

地理[編集]

ドイツ最大の州であり、スイスおよびオーストリアとの国境に位置する。南部は山岳地帯となっており、夏は避暑、冬はスキーと多くの観光客が訪れる。

現在のバイエルン州の領域は、ヴュルツブルクなどを中心とするフランケン地方アウクスブルクを中心とするシュヴァーベン地方東部(バイエリッシュ・シュヴァーベン (Bayerisch-Schwaben) を含む。州内の7行政地区のなかでオーバーバイエルン地区、ニーダーバイエルン地区、オーバープファルツ地区を合わせた南部地域が、アルトバイエルン(古バイエルン、Altbayern)と呼ばれる歴史的に見た狭義のバイエルン地方である。バイエルン王国の時代からの領土のうち飛び地だったプファルツ地方は、1946年に周辺地域と統合されてラインラント=プファルツ州の一部となった。

歴史[編集]

10世紀に神聖ローマ帝国によってバイエルン大公国(公国)が設けられて以後、帝国の滅亡までバイエルンは南ドイツの主要な領邦選帝侯として影響力を保持し、帝国の滅亡後に近隣の領邦を併合してバイエルン王国が成立した。1872年のドイツ帝国成立後も、バイエルン王国は帝国の傘下で存続し続けた。現在のドイツ連邦共和国の連邦州としてのバイエルン州も、ほぼ旧バイエルン王国の領域を継承している。

バイエルンは12世紀以降、ドイツ革命で王制が廃止されるまで、ヴィッテルスバッハ家によって治められた。リヒャルト・ワーグナーを庇護し「狂王」と呼ばれたルートヴィヒ2世や、オーストリア皇帝フランツ・ヨーゼフ1世の皇后で「バイエルンの薔薇」と呼ばれたエリーザベトはヴィッテルスバッハ家の一員である。

政治[編集]

州議会[編集]

ミュンヘン市にある州議会議事堂(マクシミリアノイム)

州議会 (Landtag) の定数は187で、2013年9月15日に行われた州議会選挙での政党別議席配分は以下の通りである。今回の選挙結果により、キリスト教社会同盟CSUが前回選挙で失った単独過半数を回復している。2008年の州議会選挙で16議席を有していた自由民主党 (FDP)は今回3,3 %しか得られず議席を失っている。

政治的に保守的な地域であり、保守政党であるCSUが戦後のほとんどの期間で州政府の与党である。なお、CSUはバイエルン州のみの地域政党であり、全国的な保守政党である姉妹政党のドイツキリスト教民主同盟 (CDU) はバイエルンでは活動していない。

歴代州首相[編集]

地方行政[編集]

バイエルンの州政府は、州内を7つの行政管区Regierungsbezirkとも訳される)に分けて、その地域で州の権限に属する職務を執行すると共に、域内の地方自治体の活動を監督する。これらの行政管区は自治体ではなく、議会をもたない行政官庁である。また、バイエルン州は、他の15州とは異なり、この行政管区と管轄地域を同じくする郡市連合区(Bezirksverband)という地域団体が設けられている。郡市連合は、一定の自治権が与えられており、民選の議会をもって、主に文化活動や公衆衛生などを担当する。

州の下級行政単位(地方自治体)は、71の (Landkreis) と、郡には属さない25の独立市 (Kreisfreie Stadt) からなる。そして郡の下には、大規模市 (Große Kreisstadt、28) 、市 (Stadt、261) 、市場町 (Markt、383) 、その他の町村 (1358) の4種に分類される基礎自治体(ゲマインデ)が属する。このうちの991のゲマインデは、非常に規模が小さく単独で適切な自治体運営ができないため、近隣自治体とともに自治体連合を結成している。独立市も含めた基礎自治体の総数は、2056である。それに加えて、215の基礎自治体未設置地区がある。

行政管区[編集]

行政管区と本部所在地。

[編集]

郡と独立市の区分図
  1. アイヒャッハ=フリートベルク郡 (Landkreis Aichach-Friedberg)
  2. アルテッティング郡 (Landkreis Altötting)
  3. アンベルク=ズルツバッハ郡 (Landkreis Amberg-Sulzbach)
  4. アンスバッハ郡 (Landkreis Ansbach)
  5. アシャッフェンブルク郡 (Landkreis Aschaffenburg)
  6. アウクスブルク郡 (Landkreis Augsburg)
  7. バート・キッシンゲン郡 (Landkreis Bad Kissingen)
  8. バート・テルツ=ヴォルフラーツハウゼン郡 (Landkreis Bad Tölz-Wolfratshausen)
  9. バンベルク郡 (Landkreis Bamberg)
  10. バイロイト郡 (Landkreis Bayreuth)
  11. ベルヒテスガーデナー・ラント郡 (Landkreis Berchtesgadener Land)
  12. カーム郡 (Landkreis Cham)
  13. コーブルク郡 (Landkreis Coburg)
  14. ダッハウ郡 (Landkreis Dachau)
  15. デッゲンドルフ郡 (Landkreis Deggendorf)
  16. ディリンゲン郡 (Landkreis Dillingen)
  17. ディンゴルフィング=ランダウ郡 (Landkreis Dingolfing-Landau)
  18. ドナウ=リース郡 (Landkreis Donau-Ries)
  19. エーベルスベルク郡 (Landkreis Ebersberg)
  20. アイヒシュテット郡 (Landkreis Eichstätt)
  21. エアディング郡 (Landkreis Erding)
  22. エアランゲン=ヘーヒシュタット郡 (Landkreis Erlangen-Höchstadt)
  23. フォルヒハイム郡 (Landkreis Forchheim)
  24. フライジング郡 (Landkreis Freising)
  25. フライウング=グラーフェナウ郡 (Landkreis Freyung-Grafenau)
  26. フュルステンフェルトブルック郡 (Landkreis Fürstenfeldbruck)
  27. フュルト郡 (Landkreis Fürth)
  28. ガルミッシュ=パルテンキルヒェン郡 (Landkreis Garmisch-Partenkirchen)
  29. ギュンツブルク郡 (Landkreis Günzburg)
  30. ハスベルゲ郡 (Landkreis Haßberge)
  31. ホーフ郡 (Landkreis Hof)
  32. ケルハイム郡 (Landkreis Kelheim)
  33. キッツィンゲン郡 (Landkreis Kitzingen)
  34. クローナハ郡 (Landkreis Kronach)
  35. クルムバッハ郡 (Landkreis Kulmbach)
  36. ランツベルク郡 (Landkreis Landsberg)
  37. ランツフート郡 (Landkreis Landshut)
  38. リヒテンフェルス郡 (Landkreis Lichtenfels)
  39. リンダウ郡 (Landkreis Lindau)
  40. マイン=シュペッサルト郡 (Landkreis Main-Spessart)
  41. ミースバッハ郡 (Landkreis Miesbach)
  42. ミルテンベルク郡 (Landkreis Miltenberg)
  43. ミュールドルフ郡 (Landkreis Mühldorf)
  44. ミュンヘン郡 (Landkreis München)
  45. ノイブルク=シュローベンハウゼン郡 (Landkreis Neuburg-Schrobenhausen)
  46. ノイマルクト郡 (Landkreis Neumarkt)
  47. ノイシュタット=バート・ヴィンツハイム郡 (Landkreis Neustadt-Bad Windsheim)
  48. ノイシュタット郡 (Landkreis Neustadt)
  49. ノイ=ウルム郡 (Landkreis Neu-Ulm)
  50. ニュルンベルガー・ラント郡 (Landkreis Nürnberger Land)
  51. オーバーアルゴイ郡 (Template:Landkreis Oberallgauml;u)
  52. オストアルゴイ郡 (Landkreis Ostallgäu)
  53. パッサウ郡 (Landkreis Passau)
  54. プファッフェンホーフェン郡 (Landkreis Pfaffenhofen)
  55. レーゲン郡 (Landkreis Regen)
  56. レーゲンスブルク郡 (Landkreis Regensburg)
  57. レーン=グラープフェルト郡 (Landkreis Rhön-Grabfeld)
  58. ローゼンハイム郡 (Landkreis Rosenheim)
  59. ロート郡 (Landkreis Roth)
  60. ロッタル=イン郡 (Landkreis Rottal-Inn)
  61. シュヴァンドルフ郡 (Landkreis Schwandorf)
  62. シュヴァインフルト郡 (Landkreis Schweinfurt)
  63. シュタルンベルク郡 (Landkreis Starnberg)
  64. シュトラウビング=ボーゲン郡 (Landkreis Straubing-Bogen)
  65. ティルシェンロイト郡 (Landkreis Tirschenreuth)
  66. トラウンシュタイン郡 (Landkreis Traunstein)
  67. ウンターアルゴイ郡 (Landkreis Unterallgäu)
  68. ヴァイルハイム=ションガウ郡 (Landkreis Weilheim-Schongau)
  69. ヴァイセンブルク=グンツェンハウゼン郡 (Landkreis Weißenburg-Gunzenhausen)
  70. ヴンジーデル郡 (Landkreis Wunsiedel)
  71. ヴュルツブルク郡 (Landkreis Würzburg)

独立市[編集]

都市名の前の記号は、自動車のナンバープレートに使用される都市コード。

シンボル[編集]

州の大紋章 
州の紋章(小) 
州の旗(菱形) 
州の旗(横縞) 

住民[編集]

バイエルン人は独自のアイデンティティを有していると州外の者から言われ、彼らも自認している(「我々は『バイエルン自由共和国』である」と意識している)。ドイツから独立するのではないかとしばしば言われており、第一次・第二次大戦後には実際にそうした動きもあった(第一次大戦後に成立し間もなく崩壊したバイエルン・レーテ共和国など。また、ミュンヘン一揆の背景もバイエルン総督フォン・カールによるヴィッテルスバッハ家復位とバイエルン独立の目論見にあった)。

2006年のFIFAワールドカップドイツ大会において6月24日にミュンヘンでドイツ代表スウェーデン代表を破ったことを、同市民らが喜んだときに、アンゲラ・メルケル首相が「ミュンヘンの人が『ベルリン(決勝戦開催地)へ行こう!』と叫ぶのは、何か素晴らしいことだと思う」と発言したのも同州のドイツにおける独自のアイデンティティを踏まえてのことである。また、地理的にオーストリアと近く、バイエルン王国ハプスブルク帝国のころから、歴史的にも文化的にも所縁が深く、「ベルリンよりウィーンに対抗意識がある」といわれる。言語の上でも、バイエルンの大部分とオーストリアはともに上部ドイツ語バイエルン・オーストリア語が用いられている。

カトリック教会が強く、また政治的にはきわめて保守的で、北ドイツとは一線を画していると考えられている。保守主義政党キリスト教社会同盟(CSU)の牙城である(ただし、州都ミュンヘン市では社会民主党の勢力が強く、第二次世界大戦後から2014年までの6人の市長のうち5人は社会民主党から出ている)。

宗教[編集]

キリスト教[編集]

2006年9月9日、ミュンヘンのマリエンプラッツで「バイエルン賛歌」を歌うベネディクト16世。950年ぶりのドイツ人ローマ教皇はバイエルン州出身者である。

バイエルン州はローマ・カトリック教会信徒の比率53,7 % ( 2011年現在)であり、ドイツにおいてカトリック教会信徒の多い地域の一つである。カトリック教会信徒の比率を比べると、ドイツにおいて最もカトリック教会信徒の比率が高いのはザールラント州の64,1 %であり、その次がバイエルン州である[1]

バイエルン州住民の20,8%はバイエルン福音ルター派教会の信徒である[2]。 この二つの教派は一つの行政区域を越えて不均等な形態で分布している。アルトバイエルンウンターフランケンはローマ・カトリックが支配的であり、ミッテルフランケンオーバーフランケンは福音主義が優勢である。アンスバッハ侯領バイロイト侯領 (ブランデンブルク=バイロイト辺境伯領)であった地域とバイエルン州内のかつての帝国自由都市の大部分(ニュルンベルクローテンブルク・オプ・デア・タウバー)はバイエルン福音ルター派教会が優勢な地域で、歴史的にも宗教改革の中心地であった。 ローマ・カトリック教会と福音主義教会への所属は最近減り続けている。信徒の減少傾向は他の州でも同様に起きている。バイエルン州政府はカトリック教会の年6500万ユーロ、福音主義教会に年2100万ユーロを補助金として一般会計から支出している[3]

バイエルン州住民の宗教帰属[編集]

1840[4] * 1900[4] * 1933[4] * 1950[4] 1970[5] 2006 2007 2010 2011
ローマ・カトリック 71,1 % 70,5 % 70,0 % 71,9 % 70,4 % 57,2 %[6] 56,3 %[6] 54,4 %[7] 53,7 %[1]
福音主義 27,4 % 28,3 % 28,7 % 26,5 % 25,2 % 21,3 %[8] 21,0 %[8] 20,4 %[7]
イスラム教 0,9 % 2,2 %
ユダヤ教 1,4 % 0,9 % 0,5 % 0,1 % 0,1 % 0,1 %
他の宗教
無宗教
0,1 % 0,3 % 0,8 % 1,5 % 3,4 % 19,2 %

* Inklusive der Region Pfalz

上図の通り、バイエルン州におけるローマ・カトリック教会の影響力はかなり弱くなって来ている。バイエルン州においてドイツ福音主義教会(EKD)に加盟している州教会はバイエルン福音ルター派教会福音主義改革派教会の二つである。なお、福音主義改革派教会に属する改革派教会は州内の都市部に6ヶ所あるに過ぎない。

経済[編集]

自動車産業が盛んで、BMWアウディの本社がある。

名所・旧跡[編集]

ヴィースの巡礼教会

世界遺産[編集]

ロマンティック街道[編集]

ロマンティック街道が、この州を縦断する。街道沿いの街として有名なものには、以下がある(上掲の独立市を除く)。

その他[編集]

レーゲンスブルクの大聖堂と石橋 
ヴァルハラ神殿(レーゲンスブルク近郊) 
パッサウ市街 
アウクスブルク市庁舎とペルラッハ塔 
ラムザウの教会 
ヒンター湖(ラムザウ) 

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Deutsche Bischofskonferenz: Kirchenmitgliederzahlen zum 31.12.2011, DBK, 2012, (PDF)
  2. ^ Evangelische Landeskirche Bayern:Zahlen Daten Fakten
  3. ^ “Staat zahlt 442 Millionen Euro für Kirchengehälter”. Spiegel Online. (2010年6月8日). http://www.spiegel.de/politik/deutschland/0,1518,699422,00.html 2011年6月21日閲覧。 
  4. ^ a b c d Konfessionsstruktur (19./20. Jahrhundert)”. historisches-lexikon-bayerns.de. 2011年6月21日閲覧。
  5. ^ Forschungsgruppe Weltanschauungen in Deutschland (fowid)
  6. ^ a b Deutsche Bischofskonferenz Statistik (PDF)
  7. ^ a b Kirchenmitgliederzahlen am 31. Dezember 2010 (PDF)”. ekd.de. 2012年3月10日閲覧。
  8. ^ a b Die Bayerische Landeskirche in Zahlen”. www.bayern-evangelisch.de. 2008年3月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年6月21日閲覧。

外部リンク[編集]