上部ドイツ語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
上部ドイツ語
話される地域: ドイツの旗 ドイツバーデン=ヴュルテンベルク州バイエルン州ラインラント=プファルツ州南東部、ザクセン州南西部、
オーストリアの旗 オーストリア
スイスの旗 スイスドイツ語圏
リヒテンシュタインの旗 リヒテンシュタイン
イタリアの旗 イタリアボルツァーノ自治県
フランスの旗 フランスアルザス地方アルザス=ロレーヌ
言語系統: インド・ヨーロッパ語族
 ゲルマン語派
  西ゲルマン語群
   高地ドイツ語
    上部ドイツ語
下位言語:
低地ドイツ語(黄色)・中部ドイツ語(水色)・上部ドイツ語(緑色)の各言語群の区域
上部ドイツ語の地域

上部ドイツ語(じょうぶどいつご、: Oberdeutschアレマン語:Owerdeitsch、バイエルン語:Obadeitsch)とは、ドイツ語のうち、高地ドイツ語に属し、同系統の中部ドイツ語とともに第二次子音推移を経たドイツ南部の言語群を指す。「南ドイツ語」または「南部ドイツ語」(Süddeutsch)とも呼ばれる。

上部ドイツ語は大きく分けると、ドイツ中南部のネッカー川マイン川流域のフランケン地方ヴュルテンベルク地方も含む)を中心とした上部フランケン語、ドイツ南東部とオーストリアの大部分であるドナウ川とその支流であるイーザル川を中心としたバイエルン語、ドイツ南西部のバーデン地方スイスフランス最東端のアルザス地方ライン川上流流域および、ドイツ南中部のシュヴァーベン地方バイエルン・シュヴァーベン地方を含む)、リヒテンシュタイン、オーストリア西部などのイン川レヒ川(ともにドナウ川の支流)流域を中心としたアレマン語の言語に分かれている。

中部ドイツ語と比較すると、子音推移の破裂音の無声化の傾向が強く、南部ドイツ語特有の発音が滑らかなのが特徴である。上部ドイツ語の地域はイタリア北部に近く、イタリア語の影響が若干ある。たとえば中部ドイツ語のche(ヒェ)が「キェ」となり、ti(ティ)が「ツィ」となり(Latin regional pronunciationを参照)、ig(イッヒ)が「イック」と発音されるなど、中部ドイツ語との相違点が多い。

分類[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]