古ザクセン語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
古ザクセン語
Sahsisk, Sahsisc
話される国 ドイツ北西部, オランダ北東部
話者数
言語系統
表記体系 ラテン文字
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-3 osx
Linguist List osx
テンプレートを表示

古ザクセン語(Altsächsisch)は、古低ドイツ語(Altniederdeutsch)としても知られ、9世紀から12世紀にかけて文書に記録された低ザクセン語の中で最も古い時期に記録された語形である。 後にそれは中低ドイツ語英語版ドイツ語版に発展した。

概要[編集]

この言語は、ドイツの北西海岸地方やデンマークにおいてザクセン人によって使われていた。

この言語はまた、アングロフリジア語英語版古フリジア語古英語)、古低地フランク語英語版(古オランダ語)に密接に関連しており、これらの言語は北海ゲルマン語英語版ドイツ語版に分類され、古ザクセン語も北海ゲルマン語の鼻音の消失に部分的に関与している。しかし古高ドイツ語とは第二次子音推移によって隔てられている。

文学例[編集]

主にザクセン人がカール大帝の命令によってするように義務づけられた洗礼の誓いの中に、わずかなテキストだけが残存した。 文学的なテキストで現存するものは『ヘーリアント』だけである。

  • ヘーリアント(de:Heliand
  • ザクセン語の創世記(Altsächsische Genesis[1][2]
  • トリールの血の呪文(Trierer Blutsegen Wikisource-logo.svg de[3][4]
  • ヴィーンの寄生虫の呪文(Wiener Wurmsegen Wikisource-logo.svg de)[5]
  • ヴィーンの馬の呪文(De hoc quod Spurihalz dicunt Wikisource-logo.svg de[6]
  • ヴェストファーレン語の受洗の誓い(Das altwestfälische Taufgelöbnisまたはniederdeutsches Taufgelöbnis I[7][8]
  • ザクセン語の受洗の誓い英語版Altsächsisches Taufgelöbnisまたはniederdeutsches Taufgelöbnis II[9][10][8]
  • ゲルンローデの詩篇注解(Gernroder Psalmenkommentars; 英:Psalms commentary)[11]
  • ヴェストファーレン語の懺悔(Westfälische Beichte; 英:Penitentiary)
  • ベーダ説教(Homilie Bedas 英題:Beda homily)
  • 悪魔拒絶宣言および神の信仰宣言 (Abrenunciatio diaboli et Credo)→ザクセン語の受洗の誓い
  • エッセンの徴税簿(Essener Heberegister[12]
  • フレッケンホルスト収税簿(Freckenhorster Heberolle[13][14]

参考文献[編集]

脚注(英語版・日本語版)[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Burkhard Taeger による版に拠る, Max Niemeyer Verlag, Jost Gippert による Tübingen 1996 (10. Auflage), Frankfurt, 11.11.2003; Jost Gippert による TITUS version, Frankfurt a/M, 11.11.2003
  2. ^ 高橋輝和『古期ドイツ語作品集成』p.344。
  3. ^ 高橋輝和『古期ドイツ語作品集成』p.347。
  4. ^ 高橋 2004, 「古期ドイツ語の呪文における異郷の共生と融合」, p.97。
  5. ^ 高橋輝和『古期ドイツ語作品集成』p.346。
  6. ^ 高橋 2004, 「古期ドイツ語の呪文における異郷の共生と融合, pp.95-6。
  7. ^ (高橋 2004, 「古期ドイツ語の呪文における異郷の共生と融合」, p.89)。
  8. ^ a b Wrann, Alfons (2008). Altdeutsche Taufgelöbnisse. GRIN Verlag. ISBN 3638943232. 
  9. ^ 高橋輝和『古期ドイツ語作品集成』p.348。
  10. ^ 高橋 2004, 「古期ドイツ語の呪文における異郷の共生と融合」, p.90。
  11. ^ 高橋輝和『古期ドイツ語作品集成』p.? (A.17)
  12. ^ 高橋輝和『古期ドイツ語作品集成』p.348。
  13. ^ 飯嶋一泰「古高ドイツ語における数詞21~99 - 他の古ゲルマン諸語との比較において -」(『早稲田大学大学院文学研究科紀要』第2分冊、1996年)96頁で確認したテキスト名と和訳タイトル。
  14. ^ 高橋輝和『古期ドイツ語作品集成』p.349では「フレッケンホルストの徴税簿」(Freckenhorster Heberegister)。
  • 高橋, 輝和 (2月 2004). “古期ドイツ語の呪文における異郷の共生と融合”. 文化共生学研究 (岡山大学大学院文化科学研究科) 2: 89-102.  (pdf)

その他の参考文献(英語版)[編集]

関連項目[編集]