中部ドイツ語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
中部ドイツ語
話される地域: ドイツの旗 ドイツ ノルトライン=ヴェストファーレン州中部・南部、ラインラント=プファルツ州ザールラント州ヘッセン州テューリンゲン州ニーダーザクセン州最南端、ブランデンブルク州南部、ベルリン州ザクセン=アンハルト州南部、ザクセン州バイエルン州北西部、
ルクセンブルクの旗 ルクセンブルク
オランダの旗 オランダ リンブルク州
ベルギーの旗 ベルギー リエージュ州
フランスの旗 フランス ロレーヌ地方アルザス=ロレーヌ
チェコの旗 チェコ ボヘミア地方東部
ポーランドの旗 ポーランド シレジア地方
ルーマニアの旗 ルーマニア ブラショフ県ブラショフ
言語系統: インド・ヨーロッパ語族
 ゲルマン語派
  西ゲルマン語群
   高地ドイツ語
    中部ドイツ語
下位言語:
German dialectal map.PNG

低地ドイツ語(黄色)・中部ドイツ語(水色)・上部ドイツ語(緑色)の各言語群の区域 Mitteldeutsche Mundarten.png 中部ドイツ語群の分布

中部ドイツ語(ちゅうぶどいつご、: Mitteldeutsch: Middelduits)とは、ドイツ語のうち、高地ドイツ語に属し、同系統の上部ドイツ語とともに第二次子音推移を経たドイツ中部の言語群を指す。中央ドイツ語とも呼ばれる。

中部ドイツ語は大きく分けると、ドイツ中西部のライン川中流(ニッダ川およびニッダー川)とモーゼル川流域のプファルツ地方ラインラント地方およびフォーゲルスベルク山地を中心とした中部フランケン語ラインフランケン語を総括した西中部ドイツ語Westmitteldeutsch)、ドイツ中東部のエルベ川上流とオーデル川とその支流のナイセ川ザーレ川流域およびテューリンゲンの森フィヒテル山地の間に位置する低山地帯の北部地方を中心とした東中部ドイツ語Ostmitteldeutsch)の言語に分かれている。

上部ドイツ語と比較すると、子音推移の破裂音の有声化が著しく強いのが特徴である。

分類[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]