北ゲルマン語群

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
北ゲルマン語群
話される地域: ヨーロッパ
言語系統: インド・ヨーロッパ語族
 ゲルマン語派
  北ゲルマン語群
下位言語:
ISO 639-5: gmq

北ゲルマン語群とは、インド・ヨーロッパ語族ゲルマン語派の一分派。この中でも東西に分かれて発達してきた。北欧語ノルド語と呼ばれることもある[1]

概要[編集]

また、大陸北ゲルマン語(スウェーデン語デンマーク語ブークモールニーノシュク)と離島北ゲルマン語(フェロー語アイスランド語)に分ける場合もある[2]

この中で、アイスランド語は他の諸語と異なり、10世紀にノルウェーからアイスランドに移住したときとほとんど変わらない姿を保っており、ノルド祖語と大部分の単語を共有したりしている。言語学的にも非常に重要な存在である。

デンマーク語・ノルウェー語の内のブークモール・スウェーデン語は言語学的には同一言語の方言とみなされることが多く、この3言語間であれば通訳なしでも意思疎通に事欠かないことも少なくない。ただ、デンマーク語に関しては独特の声門閉鎖音があることもあり、他言語話者には聞き取りにくい。また、ノルウェー語には、デンマーク語に近いブークモールと、ノルウェー本来の言葉に範を置くニーノシュクの2つがあるが、実際にはブークモールのほうが幅広く使われている。また3ヵ国の政府によって正書法を共通化させる努力が常に行われている。

文法[編集]

アイスランド語フェロー語は、ドイツ語同様に名詞格変化を行ったり、男性名詞・中性名詞・女性名詞の3つのを持つなど非常に複雑だが、それ以外の言語では男性名詞と女性名詞が融合し共性名詞(両性名詞)という扱いになっており、名詞の格変化も消滅している(ニーノシュクは3性を持つこともあるが)。この点はオランダ語と共通している。

また、大陸の3言語では敬称二人称がほとんどなくなり、本来は親称であったduが幅広く使われる傾向にある。

脚注[編集]

  1. ^ 福井信子「ノルド諸言語」小学館日本大百科全書』(Yahoo!百科事典
  2. ^ 清水誠「ゲルマン語の歴史と構造(1): 歴史言語学と比較方法」『北海道大学文学研究科紀要 131』、2010年

関連項目[編集]