ゴットランド語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゴットランド語
Gutamål/Gutniska
話される国 スウェーデン
地域 ゴットランド
話者数 500人以下?
言語系統
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-3
Linguist List swe-gut
消滅危険度評価
危険 (UNESCO)
Status-unesco-definitely.svg
テンプレートを表示

ゴットランド語Gutamål/Gutniska)は、インド・ヨーロッパ語族ゲルマン語派北ゲルマン語群に属する言語である。スウェーデンゴットランド島の人々によって話されている。

文法[編集]

名詞[編集]

単数の不定形に対して不定冠詞を用いるとき、名詞の前におく。男性名詞にはännで、女性名詞には地域によって異なり、iまたはa、äで、中性名詞にはättである。また、単数の定形は名詞の語尾変化であらわす。[1]

男性名詞 女性名詞 (弱変化) 女性名詞 (強変化) 中性名詞
不定形 änn skog i/a/ä kollå i/a/ä dauter ätt brev
定形 skogän kollu dautri brevä

名詞を複数名詞にするには語尾に-arをつける。änn häst (一頭の馬)、trei hästar (三頭の馬)、Di sma hästar (それらの小さい馬)。多くの場合、単音節の中性名詞は単複同形である。ätt brev(一通の手紙)、 trei brev (三通の手紙)。[2]

形容詞[編集]

男性 女性 中性 複数
stäurar stäur stäura sträurt

Han jär stäurar.(彼は大きい。)、Ha jär stäur.(彼女は大きい。)、 De jär stäurt.(それは大きい。)、Di jär stäurar.(彼ら/彼女ら/それらは大きい。)。den stäurä skogän (その大きな森(男性名詞))、de stäur dautri (その大きな娘(女性名詞))、de stäuri häusä (その大きな家(中性名詞))、de stäura hästar (それらの大きな馬(複数名詞))。[3]

動詞[編集]

Jau kan. (私はできる。) 、 Däu kanst. (君はできる。)、Han kann. (彼はできる。)、Vör kunå. (私たちはできる。)。[4]

ほかのゲルマン語派の言語との比較[編集]

英語 オランダ語 ノルウェー語ブックモール ノルウェー語ニーノシュク デンマーク語 ドイツ語 ゴットランド語 アイスランド語 スウェーデン語 フェロー語 スウェーデン語イェムトランド方言
eye( oog øye auge/auga øje Auge auge/auga auga öga eyga aaug
hear(聞く horen høre høyre/høyra høre hören hoyre/hoyra heyra höra hoyra höör
sleep(眠る slapen sove sove/sova sove schlafen sive/siva sofa sova sova sava
evil( euvel (kwaad) ond vond ond Übel aum vondur ond óndur ful
ship( schip skip skip skib Schiff skip skip skepp skip skepp
sing(歌う zingen synge syngje/syngja synge/sjunge singen singe/singa syngja sjunga syngja sjoong
high(高い hoog høy høg høj hoch haug hár hög høgur/háur höyg
right( rechts høyre høgre højre rechts hygar hægri höger høgra höger
boat(小舟 boot båt båt båd Boot bat bátur båt bátur båut
over(超える over over over/yver over über yvar yfir över yvir omma
shoot(撃つ schieten skyte skyte/skyta / skjote/skjota skyde schießen skiaute/skiauta skjóta skjuta skjóta skjuut

例文[編集]

ゴットランド語[編集]

KERLAIKINS SKAVLGARD
Ja gikk til kerlaikins skavlgard
U sag va ja aldri hadde sét
A kýrko var der byggd
Der ja fýrr laikede pa de grýnu
U lukar til hissu kýrku var lukede
U ”Dú skalt inte”, ritet yvar duri
So ja vende mi til kerlaikins skavlgard
Sum so mange sýme blómar berde,
U ja sag hann fylldar me gravar
U gravstainar der blómar skulde vare
U prestar i svarte klédin, ganes síne rundar
U bindnes me napltynne, míne gledar u kéar
av William Blake (ウィリアム・ブレイク) (17571827)


英語[編集]

THE GARDEN OF LOVE
I went to the Garden of Love,
And saw what I never had seen:
A Chapel was built in the midst,
Where I used to play on the green.
And the gates of this Chapel were shut,
And Thou shalt not. writ over the door;
So I turn'd to the Garden of Love,
That so many sweet flowers bore.
And I saw it was filled with graves,
And tomb-stones where flowers should be:
And Priests in black gowns, were walking their rounds,
And binding with briars, my joys & desires.
by William Blake(ウィリアム・ブレイク) (1757–1827)

脚注[編集]

  1. ^ Herbert Gustavson: Gutamålet – inledning till studium. 3. überarbeitete und erweiterte Auflage. Barry Press Förlag, Visby 1977, S. 26.
  2. ^ Herbert Gustavson: Gutamålet – inledning till studium. 3. überarbeitete und erweiterte Auflage. Barry Press Förlag, Visby 1977, S. 27.
  3. ^ Herbert Gustavson: Gutamålet – inledning till studium. 3. überarbeitete und erweiterte Auflage. Barry Press Förlag, Visby 1977, S. 31.
  4. ^ Herbert Gustavson: Gutamålet – inledning till studium. 3. überarbeitete und erweiterte Auflage. Barry Press Förlag, Visby 1977, S. 34.

外部リンク[編集]