低地フランク語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
低地フランク語
話される地域: 西ヨーロッパ(オランダドイツ西部・ベルギー北部・フランス北部)・
南アフリカナミビアスリナムアルーバオランダ領アンティル
言語系統: インド・ヨーロッパ語族
 ゲルマン語派
  西ゲルマン語群
   低地フランク語
下位言語:
ヨーロッパにおける低地フランク語の地域

低地フランク語オランダ語: Nederfrankisch低ザクセン語: Nedderfranksch、標準ドイツ語: Niederfränkisch英語: Low Franconian)は、古フランク語に発する西ゲルマン語を指し、ドイツ北西部(デュッセルドルフ北側のラインラント北部)、オランダベルギーフランス北部の、および旧オランダ植民地で話される言語の総称。

オランダ語フラマン語西フラマン語/ゼーランド語アフリカーンス語や、オランダ語に似たこの方面のドイツ語方言が含まれる。高地ドイツ語子音推移(第二次子音推移)を受けていない語群のため、低地ドイツ語に分類されることもあるが、近代言語学的にはそれは他の共通発展的な経過を無視する分類だとの見方もある[1]

低(地)フランケン語低(地)フランコニア語などとも言う。

歴史[編集]

古代フランク人の言語である古フランク語のうち、第二次子音推移の影響を受けなかった北部の言語が古低フランク語となり、これが後に現代の低地フランク語となった。

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ Glück, Helmut, ed. (2000), Metzler Lexikon Sprache (Stuttgart, Weimar: Metzler): pp. 472, 473 (Niederdeutsch、Niederfränkisch の項)