フュルト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フュルト
Fürth

紋章
フュルトの位置(ドイツ内)
フュルト
フュルト
座標: 北緯49度29分0秒 東経10度59分0秒 / 北緯49.48333度 東経10.98333度 / 49.48333; 10.98333
ドイツの旗 ドイツ
バイエルン州
行政管区 ミッテルフランケン行政管区
郡独立市
行政区域 28 市区
行政
 - 市長 トーマス・ユング (SPD)
面積
 - 計 63.35km2 (24.5mi2)
標高 295m (968ft)
人口 (2012年12月31日)[1]
 - 計 118,358人
 - 人口密度 1,868人/km² (4,838.1人/mi²)
郵便番号 90762–90768(旧: 8510)
市外局番 0911
ナンバープレート
自治体コード 09 5 63 000
ウェブサイト www.fuerth.de
市街地の風景

フュルトFürth)はドイツ連邦共和国の都市。バイエルン州に属する。ドイツ初の鉄道の始発駅。戦後の西ドイツ首相ルートヴィヒ・エアハルトやアメリカ国務長官ヘンリー・キッシンジャーの出身地でもある。人口は約11万2千人(2005年)。

地勢・産業[編集]

レドニッツ川ペグニッツ川の合流点に位置し、昔より交通の要所として重要であった。約7キロほど南東にニュルンベルク、13キロ北にエアランゲンが位置している。

交通[編集]

1835年12月7日、ニュルンベルク・フュルト間にドイツ初の鉄道が敷設された。轟音を立てて進む蒸気機関車に対して恐怖を抱いた人々や、従来までの水運・車馬輸送の業者が反発を抱いたため、夜間は彼らの襲撃を避けるために馬車で牽引させたという。

スポーツ[編集]

SpVggグロイター・フュルトSpVgg Greuther Fürth)が、フュルトを本拠地とするサッカークラブである。1997年サッカー・ブンデスリーガ2部に昇格、さらに2012年に1部へ昇格したが、2013年2月現在は最下位である。

代表的な出身者[編集]

ユダヤ人とフュルト[編集]

フュルトは歴史的にユダヤ人と関係の深い都市である。たとえば、アレヴィ家はもとハルファン(חַלְפַן)と称し、先祖のエリー・アレヴィはこの町の出身だった。

また、1923年ヘンリー・キッシンジャーがこの地で生まれている。彼もまたユダヤ系の家系であり、ナチス政権を逃れて1938年に渡米した。戦後、ニクソン大統領のもとで国務長官をつとめ、巧みな外交政策をとった。

改革派ユダヤ教ラビのカウフマン・コーラーや、作家ヤーコプ・ヴァッサーマンもフュルト出身である。

1999年には、ユダヤ博物館(Jüdisches Museum Franken, Fürth)が開館した。

姉妹都市[編集]

引用[編集]

外部リンク[編集]