アルベルト・フォルスター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アルベルト・フォルスター

アルベルト・マリア・フォルスター(Albert Maria Forster、1902年7月26日-1952年2月28日)は、ドイツの政治家。国家社会主義ドイツ労働者党帝国大管区ダンツィヒ=ヴェストプロイセンde:Reichsgau Danzig-Westpreußen)の大管区指導者を務めていた人物。

略歴[編集]

1902年、刑務所副所長クリストフ・フォルスター(Christoph Forster)とその妻クラスツェンツ・フォルスター(Kreszenz Forster)(旧姓ブリュックマイヤー(Bruckmayer))の息子としてバイエルン王国フュルトに生まれる。フュルトの小学校とギムナジウムを出た後、銀行で働いた。1923年11月7日に国家社会主義ドイツ労働者党(ナチ党)に入党(党員番号1924)。入党直後に起こったミュンヘン一揆の失敗後、ナチ党は一時解散させられると、フォルスターはユリウス・シュトライヒャーヘルマン・エッサーらの起こした「大ドイツ民族組合de:Großdeutsche Volksgemeinschaft)」に参加した。

1925年2月、ナチ党再建中のアドルフ・ヒトラーと初会見した。同年、ナチ党の反ユダヤ主義新聞『シュテュルマー』紙のパートタイムのジャーナリストとなった。1925年4月5日に正式にナチ党に復帰した。1925年からフルタイムのナチ党の弁士として活動するようになった。1926年5月12日に親衛隊に入隊(隊員番号158)。1928年2月から1930年10月にかけてニュルンベルクドイツ国家商業使用人協会(Deutschnationalen Handlungsgehilfen-Verbandes,略称DHV)に出納長として勤務した。1929年12月にはハンブルクのDHVの指導者となった。1930年9月14日にナチ党の国会議員に当選し、ナチ党国会議員団の労働者問題専門のアドバイザーとなる。

1930年10月15日にはナチ党のダンツィヒ大管区(Gau Danzig)の大管区指導者に任じられた。ダンツィヒ大管区は1939年10月26日にダンツィヒ=ヴェストプロイセン帝国大管区(Reichsgau Danzig-Westpreußen)に改組されているが、一貫してフォルスターがその職にあり、ソ連赤軍の接近でダンツィヒから撤収する1945年3月末まで在職している。ポーランド侵攻後の1939年9月20日にはフォルスターは、アドルフ・ヒトラーハインリヒ・ヒムラーラインハルト・ハイドリヒとともにポーランド占領政策の基本方針の策定にあたっている。

戦後の1945年5月27日にイギリス軍の捕虜となったが、1946年8月にポーランドに引き渡される。1948年にポーランドの法廷から死刑判決を受ける。1952年2月28日にワルシャワの刑務所内にて絞首刑に処せられた。

参考文献[編集]

  • Michael D. Miller 著『Leaders of the SS & German Police, Volume I』(Bender Publishing)ISBN 9329700373(英語)