リモージュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リモージュのパノラマ
Limoges
Heraldique blason ville fr Limoges.svg
リモージュ・ベネディクタン駅
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) リムーザン地域圏
(département) オート=ヴィエンヌ県
(arrondissement) リモージュ郡
小郡 (canton) 16小郡庁所在地
INSEEコード 87085
郵便番号 87000,87100,87280
市長任期 アラン・ロド
2008年-2014年
自治体間連合 (fr) Communauté d'agglomération Limoges Métropole
人口動態
人口 137 502人
2005年
人口密度 1730人/km²
地理
座標 北緯45度51分 東経1度15分 / 北緯45.85度 東経1.25度 / 45.85; 1.25座標: 北緯45度51分 東経1度15分 / 北緯45.85度 東経1.25度 / 45.85; 1.25
標高 平均:294m
最低:209m
最高:431 m
面積 77 45km² (7 745ha)
Limogesの位置(フランス内)
Limoges
Limoges
テンプレートを表示

リモージュLimoges)は、フランスの中部に位置する都市で、リムーザン地域圏首府オート=ヴィエンヌ県県庁所在地である。

磁器であるリモージュ磁器の生産で知られる。地名の語源はケルト系部族のレモウィケス族(Lemovices)に由来する。

歴史[編集]

古代・中世[編集]

リモージュの起源は、ヴィエンヌ川ほとりの小さな村がローマ都市となった、およそ2000年前であった[1]。この時期はガリア・アクィタニアの一部で、3世紀に聖マルシアルフランス語版(マルシャル、マーシャル)がこの地域に宣教し、キリスト教化した[2][3]。この聖人に対する崇敬は世紀を超え、9世紀にはサン=マルシャル修道院フランス語版がその墓の上に建設された[4]。このために、サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路が整備されると、ヴェズレーを基点とするヴェズレーの道(リモージュの道とも)に組み込まれて大いに繁栄した[4][5]

13世紀にはシテ地区にサン=テティエンヌ大聖堂フランス語版の建設が開始された。この大聖堂は断続的に工事が継続され、最終的に1888年に完成した。その間、1862年には「歴史的記念建造物フランス語版(monument historique)」にも指定されている[6][7]

1370年の百年戦争時、リモージュはイングランド皇太子のエドワード黒太子によって占領された。ジャン・フロワサールによると、黒太子は約3000の住人を虐殺した。

近代[編集]

1792年、街と城が統一されて、1つの街リモージュとなった。フランス革命の間、多くの宗教的建造物が、アンシャン・レジームの象徴と見なされ、破壊された。サン=マルシャル修道院もこれに含まれていた。

数年後、1768年にリモージュ近郊で発見されたカオリナイトの恩恵によって、磁器産業が発展し始めた。多くの住人が、新しく始まった窯業とそれに関連する産業(磁器を焼くために使用する木の伐採を含めて)に従事していた。

19世紀リモージュは建設ラッシュであった。それは街の中心の多くの建物の再開発を含んでいた。それまで街は売春の巣窟であり不健全であると見なされていたので、再開発は必要であった。貧困層の危険な状況が、フランス7月革命や1848年4月、1905年初頭を含む多くの暴動のきっかけとなり注目された。フランス最初の労働団体であるConfédération générale du travailが、1895年リモージュで結成された。

文化[編集]

陶磁器[編集]

リモージュ磁器の生産で知られるリモージュは1771年をその始まりと言われる[6]。現在ではパリセーヴルよりも、リモージュこそがフランス磁器の中心地という意見や[8]、パリのレストランではリモージュ磁器の食器が多く使われているという評価もある[9]

この地で生まれたルノワールも磁器の絵付けをしていたことがあるという[10]

リモージュにはアドリアン・デュブーシェ国立博物館という陶磁器の博物館もあり、ここではリモージュはもとよりフランスのみならず世界各地の陶磁器が分類・展示されている[6]。4,000点のリモージュ磁器コレクションを展示している[10]

12世紀前半の七宝焼の聖遺物箱(聖人の骨を入れる箱)

エマイユ[編集]

リモージュのエマイユ(Émail。七宝焼きと訳される)も有名で、これは上述の磁器よりもはるかに歴史は古く、リモージュの磁器の基礎でもあったとも言われる[6]。古くからヨーロッパ各地にあった七宝焼きは、ロマネスク芸術として語られる骨董もあり、特に12世紀後半から13世紀にかけてリモージュ周辺のエマイユは他の地域と比して大きく発展した[11]

リモージュ市立博物館フランス語版では12世紀から20世紀までのエマイユが見学できる[6]

リモージュ大学[編集]

1968年創立の、フランス西部の中心とも評されるリモージュ大学英語版がある[1]

リモージュに縁のある人物[編集]

姉妹都市[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b リモージュ市の伝統産業(フランス)PDF (PDF)”. 財団法人自治体国際化協会 (2007年12月). 2013年8月4日閲覧。
  2. ^ 池田 2008, p. 144
  3. ^ St. Martial - Bishop of Limoges”. CATHOLIC ENCYCLOPEDIA (n.d.). 2013年8月4日閲覧。
  4. ^ a b 七宝 とは”. コトバンク (n.d.). 2013年8月4日閲覧。 “世界大百科事典内の七宝の言及【リモージュ】より”
  5. ^ 池田 2008, p. 155
  6. ^ a b c d e リモージュ”. フランス観光開発機構. 2013年8月4日閲覧。
  7. ^ Cathédrale Saint-Etienne”. Ministère de la Culture et de la communication(フランス文化・通信省). 2013年8月4日閲覧。
  8. ^ 崎川範行 「買いものの楽しみ」、『太陽』 (平凡社)第142号94頁、1975年 
  9. ^ 平凡社 「ヨーロッパのやきもの」、『太陽』 (平凡社)第142号103頁、1975年 
  10. ^ a b リモージュ焼きの故郷でアトリエ見学&ショッピング”. 日本旅行業協会. 2013年8月4日閲覧。
  11. ^ 池田 2008, p. 152

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]