バイエルン王国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バイエルン王国
Königreich Bayern
バイエルン王国の国旗 バイエルン王国の紋章
国旗 (紋章)
国歌 : バイエルン賛歌
ドイツ帝国内でのバイエルン王国の位置
首都 ミュンヘン
君主号 König
君主家 ヴィッテルスバッハ家
面積 75.865 km²
人口 6,176,057 人(1900年)
6,524,372 人(1910年)
人口密度 81
成立 バイエルン選帝侯の王位獲得(1806年)
消滅 ドイツ革命による君主制廃止(1918年)
以後バイエルン州
連邦参議院での投票権数 6
ナンバープレート II A,B,C,D,E,H,N,S,U,Z

バイエルン王国ドイツ語: Königreich Bayern)は、19世紀初めから20世紀初めまで存在したドイツ王国首都ミュンヘンで、ヴィッテルスバッハ家の国王が治めた。現在のドイツ連邦共和国バイエルン州の前身であり、おおよそ現在の同州域を領土としたが、ヴィッテルスバッハ家が世襲してきたプファルツ選帝侯領の一部(現在のザールラント州ラインラント=プファルツ州の一部)も領有していた。なお、英語名に由来したバヴァリア王国の表記が使われることもある。

歴史[編集]

バイエルンの地は1180年からヴィッテルスバッハ家が治めてきたが、1806年マクシミリアン1世バイエルン選帝侯としてはマクシミリアン4世)の時代に神聖ローマ帝国が崩壊すると、近隣の領土を併合した上でナポレオン・ボナパルトによって王国に昇格され、ライン同盟の一員となった。その後1815年にはプファルツを回収、併合してドイツ連邦に参加した。ドイツ帝国が成立する際にも、王国は維持したまま帝国の1領邦となった。ドイツが第一次世界大戦に敗れると、混乱の中で勃発したドイツ革命により、1918年ルートヴィヒ3世が退位し、バイエルン王国は滅亡した。

歴代バイエルン国王[編集]

  1. マクシミリアン1世(1756年 - 1825年、在位:1806年 - 1825年)
    バイエルン選帝侯としてはマクシミリアン4世。最後の選帝侯
  2. ルートヴィヒ1世(1786年 - 1868年、在位:1825年 - 1848年)
    ローラ・モンテスとのスキャンダルにより退位。
  3. マクシミリアン2世(1811年 - 1864年、在位:1848年 - 1864年)
  4. ルートヴィヒ2世(1845年 - 1886年、在位:1864年 - 1886年)
    退位の翌日、シュタルンベルク湖畔において水死体で発見される。
  5. オットー1世(1848年 - 1916年、在位:1886年 - 1913年)
    兄と同様に精神を病んでいたといわれる。1913年に廃位。
  6. ルートヴィヒ3世(1848年 - 1921年、在位:1913年 - 1918年)
    オットー1世の摂政を経て自ら即位。第一次世界大戦後の革命で退位。

関連項目[編集]