チロル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チロル
コルティーナリヴィナッロンゴを除く)
  Coat of arms of Tyrol チロル州(北チロル・東チロル)
Flag of Austria オーストリア
  Coat of arms of South Tyrol ボルツァーノ自治県(南チロル)
Flag of Italy イタリア
  Coat of arms of Trentino トレント自治県(トレンティーノ)
Flag of Italy イタリア
Tiroler Wappen
チロルの地図(1888年)

チロルティロール: Tirol: Tyrol)は、ヨーロッパ中部にある、オーストリアイタリアにまたがるアルプス山脈東部の地域である。大部分の住民はドイツ系バイエルン人アレマン人)で、イタリア側においても初等教育よりドイツ語が使用されている。

北チロル (Nordtirol) と東チロル (Osttirol) はオーストリアのチロル州に、残る地域は1918年からイタリアに帰属している。そのイタリア側の地域のうち、南チロル (Südtirol) はボルツァーノ自治県として、また「外国のチロル」(Welschtirol) の異名をもつトレンティーノはトレント自治県として、それぞれ独立の県となっている。この2県を合わせてトレンティーノ=アルト・アディジェ特別自治州を構成する。

ボルツァーノ県にはチロル(イタリア語ティローロTiroloドイツ語でドルフ・ティロールDorf Tirol、チロル村の意味)というコムーネがあるが、チロルの地名はここが発祥である。

この地域には1895年に創立されたクリスタルガラス製造会社、スワロフスキーがある。

名称[編集]

「チロル」という地名の由来となったチロル城ティローロ城)。南チロル・メラン(現在はイタリア領のボルツァーノ自治県メラーノ)近郊のチロル(ティローロ)にある

「チロル」の地名は、南チロル・メラン(イタリア語メラーノ)近郊のチロル(イタリア語名ティローロ)に起源を持つ。ここにあるチロル城の城主であったチロル伯が勢力を拡大した結果、その領地全体が「チロル」と呼ばれるようになった。

現地のバイエルン語ではTiaroi(ティアロル)、ドイツ語ではTirol [tiróːl](ティロール)、イタリア語ではTirolo(ティローロ)と呼ばれる。また英語ではTyrol [tiróul](ティロウル)となる。

日本語ではドイツ語名をローマ字読みした「チロル」が広く使われているが、ti と chi の発音を区別する意図から最近は「ティロル」という表記もみられる。

歴史[編集]

現在のチロルの地域に人類が居住し始めたのは中石器時代にまでさかのぼるが、ローマ帝国領となる前にここに住んでいたラエティア人について詳しいことは知られていない。紀元前15年ティベリウス大ドルススはこの地を征服してローマ帝国の版図に加え、ラエティア属州とノリクム属州を設置した。西ローマ帝国の衰退後は東ゴート王国の、次いでバイエルン部族大公の支配下に入った。

チロル女伯マルガレーテ・マウルタッシュ。“マウルタッシュ”は醜女を意味するあだ名である

1027年神聖ローマ皇帝コンラート2世ブリクセン司教とトリエント司教を神聖ローマ帝国帝国諸侯とし、両司教領はバイエルンから切り離された。その臣下だったチロル伯は次第に力をつけて独立し、13世紀頃までにチロルの多くがマインハルト家のチロル伯領となった。ハプスブルク家のオーストリア公ルドルフ4世は、1363年にマインハルト家最後の相続人であるマルガレーテ・マウルタッシュからチロルを強引に相続し、以後チロル伯領はハプスブルク家へ移った。

15世紀後半のマクシミリアン1世の治世時には銀や銅、塩の鉱山が点在していたことから、ハプスブルク家は莫大な収益を上げていた。チロルで得た収入は惜しみなく芸術につぎ込まれた。

ナポレオン戦争中、チロルはプレスブルクの和約およびシェーンブルンの和約によってフランス帝国の同盟国であるバイエルン王国へ割譲された。しかし頑固で誇り高いことで知られるチロル人はこの決定を良しとせず、アンドレアス・ホーファーを指導者として蜂起し、フランス・バイエルン連合軍を2度にわたって破った。ホーファーは3回目の戦いに敗れて捕縛・処刑されたものの、現在でもチロルのみならずオーストリア全土で英雄として讃えられている。結局バイエルンによる支配は長続きせず、ナポレオンの没落後、ウィーン会議によってチロルはオーストリア帝国へ復帰した。

1918年当時のチロル。濃灰色の部分がサン=ジェルマン条約によってイタリア王国へ割譲された南チロル

1918年第一次世界大戦に敗れたオーストリア=ハンガリー帝国が解体されると、サン=ジェルマン条約によって南チロルがイタリア王国へと割譲され、残りが第一共和政オーストリア連邦州となった。

参照[編集]

  • 『チロル案内』、津田正夫、1968年、暮しの手帖社
  • 『ザルツブルクとチロル アルプスの山と街を歩く』、2013年、ダイヤモンド社

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

Central-Europe-map.png この「チロル」は、中央ヨーロッパに関連した書きかけ項目です。記事を加筆・訂正してくださる協力者を求めていますウィキプロジェクト 中央ヨーロッパ / Portal:ヨーロッパ
執筆の途中です この「チロル」は、イタリアの地理関連の書きかけ項目です。この記事を加筆・訂正などして下さる協力者を求めています。(PJイタリア/P:イタリア