マリア・ルドヴィカ・フォン・エスターライヒ=エステ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マリア・ルドヴィカ皇后

マリア・ルドヴィカ・フォン・エスターライヒ=エステ(Maria Ludovika von Österreich-Este, 1787年12月14日 - 1816年4月7日)は、マリア・テレジアの四男フェルディナント大公とその妻のマッサ=カッラーラ女公マリーア・ベアトリーチェ・デステの五女。オーストリア=エステ大公女。従兄であるオーストリア皇帝フランツ1世の3人目の妃となった。全名はマリア・ルドヴィカ・ベアトリクス・アントーニア・ヨーゼフェ・ヨハンナMaria Ludovika Beatrix Antonia Josephe Johanna)。

1808年1月6日にフランツ1世と結婚した。夫との間に子供はなく、結婚から8年後に28歳で早世した。