ルートヴィヒ3世 (バイエルン王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルートヴィヒ3世
Ludwig III.
バイエルン王
König Ludwig III. von Bayern.jpg
在位 1913年11月5日 - 1918年11月7日
全名 ルートヴィヒ・ルイトポルト・ヨーゼフ・マリア・アロイス・アルフリート・フォン・ヴィッテルスバッハ
出生 1845年1月7日
Flag of Bavaria (striped).svg バイエルンミュンヘン
死去 1921年10月18日(満76歳没)
ハンガリー王国の旗 ハンガリー王国シャールヴァールナーダジュディ城
埋葬  
ドイツの旗 ドイツバイエルン州ミュンヘンミュンヘン聖母教会
王太子 ループレヒト
配偶者 マリア・テレジア・フォン・エスターライヒ=エステ
子女 ループレヒト
アーデルグンデ
マリア
カール
フランツ
マティルデ
ヴォルフガング
ヒルデガルト
ノートブルガ
ヴィルトルート
ヘルムトルート
ディートリンデ
グンデリンデ
王家 ヴィッテルスバッハ家
父親 ルイトポルト・フォン・バイエルン
母親 アウグステ・フェルディナンデ・フォン・エスターライヒ=トスカーナ
テンプレートを表示

ルートヴィヒ3世Ludwig III., Leopold Joseph Maria Aloys Alfred, 1845年1月7日 - 1921年10月18日)は、バイエルン王国最後の国王(在位:1913年 - 1918年)。第一次世界大戦後のドイツ革命により退位した。

ルートヴィヒはミュンヘンでバイエルン王子ルイトポルトルートヴィヒ1世の三男)とトスカーナ大公アウグスタ(大公レオポルド2世の娘)の間に生まれた。1868年2月20日、彼はウィーンモデナ公家ハプスブルク家の一族オーストリア=エステ家)のマリア・テレジアと結婚した。マリア・テレジアは叔父モデナフランチェスコ5世の死によって、1875年ジャコバイトが支持するところのイングランド王位を得ていたため、まれにイングランド女王メアリー3世などと呼称される場合もある。

1912年に父ルイトポルトが死去し、代わってルートヴィヒがバイエルン王国の摂政の地位に就いた。当時の国王オットー1世はその兄ルートヴィヒ2世と同様に精神を病んでいたとされている。翌年改正された憲法の規定に則り、ルートヴィヒはオットーを廃位し、議会の承認を得て自身がバイエルン国王の座についた。

第一次世界大戦ドイツの敗戦による混乱の中で、ルートヴィヒは家族とともにミュンヘンを逃げ出し、11月13日にクルト・アイスナーが起草した退位宣言書に署名した。1919年にアイスナーが暗殺されると、混乱を嫌ったルートヴィヒはリヒテンシュタインへ、さらにはハンガリーへと向かい、その地で亡くなった。

子女[編集]

王妃マリア・テレジアとの間には、第一次世界大戦においてドイツ軍の指揮官を務めた王太子ループレヒトを含め、13人の子供が生まれた。

先代:
オットー1世
バイエルン
1913年 - 1918年
次代:
王制廃止(自由国)
先代:
オットー1世
バイエルン王家家長
1913年 - 1921年
次代:
ループレヒト