アーデルグンデ・フォン・バイエルン (1870-1958)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アーデルグンデ・フォン・バイエルン(Adelgunde von Bayern, 1870年10月17日 - 1958年1月4日)は、バイエルン王国の王族。全名はアーデルグンデ・マリー・アウグステ・テレーゼAdelgunde Marie Auguste Therese)。バイエルン王ルートヴィヒ3世の長女で、ホーエンツォレルン=ジグマリンゲンヴィルヘルムの2人目の妃となった。

1870年10月17日、ルートヴィヒ3世(当時バイエルン王子)とその妃であったオーストリア=エステ大公フェルディナントの大公女マリア・テレジアの間に第二子としてリンダウで生まれた。

アーデルグンデは1915年1月20日ミュンヘンでホーエンツォレルン=ジグマリンゲン侯ヴィルヘルムと結婚した。2人の間に子供は生まれなかった。

1958年1月4日にアーデルグンデはジグマリンゲン(現バーデン=ヴュルテンベルク州ジグマリンゲン郡)で死去し、当地に葬られている。