フェルディナント・カール・フォン・エスターライヒ=エステ (1821-1849)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フェルディナント・カール大公

フェルディナント・カール・ヴィクトル・フォン・エスターライヒ=エステ:Ferdinand Karl Victor von Österreich-Este, 1821年7月20日 モデナ - 1849年12月15日 ブルノ)は、イタリアのモデナ公国の支配者オーストリア=エステ家の公子。イタリア語名はフェルディナンド・カルロ・ダスブルゴ=エステFerdinando Carlo Vittorio d'Asburgo-Este)。

モデナ公フランチェスコ4世とその妻でサルデーニャ王ヴィットーリオ・エマヌエーレ1世の娘であるマリーア・ベアトリーチェの間の次男として生まれた。フェルディナント・カールは1848年革命の時期、軍人としてイタリアとハンガリーの戦場で戦い、最終的には陸軍中将にまで昇進した。さらに、オーストリア軍第26歩兵連隊の連隊長でもあった。また、オーストリア皇帝フランツ・ヨーゼフ1世の即位をプロイセン王国政府に知らせるため、ベルリン宮廷に特使として派遣されている。

ブルノに滞在していたときに気分が悪くなり、チフスに感染していると診断されたが、姉マリア・テレジアの看病も空しく診断からわずか5日で急死した。28歳の若さだった。遺骸はモデナのサン・ヴィンチェンツォ教会に安置された。

1847年10月4日にシェーンブルン宮殿において、同族のハンガリー宮中伯ヨーゼフ・アントン大公の娘で又従妹にあたるエリーザベト・フランツィスカと結婚し、間に娘を1人もうけた。

フェルディナント・カールの死後、未亡人エリーザベトは同族のカール・フェルディナント大公と再婚した。

参考文献[編集]

  • Österreichischer Zuschauer. Ausgabe 1, Comptoir des Österreichischen Zuschauer, 1850, S. 42, Digitalisat