ルートヴィヒ2世 (バイエルン王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルートヴィヒ2世
Ludwig II.
バイエルン王
Ludwig II king of Bavaria.jpg
1874年撮影
在位 1864年3月10日 - 1886年6月13日
出生 1845年8月25日
Flag of Bavaria (striped).svg バイエルンニンフェンブルク城
死去 1886年6月13日(満40歳没)
Flag of Bavaria (striped).svg バイエルンシュタンベルク湖
埋葬  
ドイツの旗 ドイツミュンヘン聖ミヒャエル教会ヴィッテルスバッハ家廟所
王家 ヴィッテルスバッハ家
父親 マクシミリアン2世
母親 マリー・フォン・プロイセン
テンプレートを表示

ルートヴィヒ2世Ludwig II., 1845年8月25日 - 1886年6月13日)は、第4代バイエルン国王(在位:1864年 - 1886年)。「狂王」の異名で知られる。若い頃は美貌に恵まれ、多くの画家らによって描かれた。

生涯[編集]

即位以前[編集]

マクシミリアン2世プロイセン王女でプロテスタント教徒(後にカトリックに改宗)のマリーとの間にニンフェンブルク城で生まれた。3年後の1848年に弟オットー1世が生まれるが、同年に祖父ルートヴィヒ1世が退位し、それに伴い父が国王として即位した。祖父と同じ名を持つルートヴィヒは王太子となったが、父が執務で忙しかったため、彼は余暇をゲルマン神話騎士伝説などの物語を読んで過ごし、それらから大きな影響を受けた。

1863年8月にミュンヘンの宮殿で、プロイセン王国の首相ビスマルクと会見した。その後ルートヴィヒとビスマルクは対面することがなかったが、ビスマルクは執務室にルートヴィヒ2世の絵を飾るほど好意を寄せ、ルートヴィヒは友情に近い尊敬の念を持っていたといわれる。

ルートヴィヒ2世は近侍させた美青年たちを愛し、女性を嫌忌していたが、自分と同じヴィッテルスバッハ家の一族であるオーストリア皇后エリーザベトだけには、女性でありながら唯一心を許していた。彼女もまたルートヴィヒ2世と同じく堅苦しい宮廷を嫌い、逃避行を繰り返していた。王の将来を心配していたエリーザベト皇后は、自分の妹ゾフィー・シャルロッテを王妃として推薦し、1864年1月、ルートヴィヒはゾフィーと婚約した[1]。挙式はルートヴィヒの誕生日の8月25日とされたが、最初は10月12日、次は11月28日へと挙式予定を2回延ばした[2]。ゾフィーの父、マクシミリアンは今度日程を伸ばしたら婚約の話は無かったことにすると最後通告を送ったが、ルートヴィヒはこれに立腹し婚約を解消した[3]。ルートヴィヒのこの態度にエリーザベトは怒りを覚え、彼と絶縁したという。

治世[編集]

1864年3月10日、マクシミリアン2世が逝去し、バイエルン王となった。即位したルートヴィヒは早速、王の仕事として宮廷秘書のフィスターマイスターに命じ、幼少の頃から憧れであった作曲家ワーグナーを宮廷に呼び招いた。当時、放蕩が祟り、経済的に苦しかったワーグナーにとって願っても無い話であったが、多くの家臣は悪い噂が流れていたワーグナーの召喚を快く思わなかった。

結局、ルートヴィヒは家臣の反対を受け入れ、1865年12月、ワーグナーを一時追放した。それから執務を嫌うようになり、幼い頃からの夢であった騎士伝説を具現化すべく、中世風のノイシュヴァンシュタイン城など豪華な建築物に力を入れるようになった。また彼はルイ14世を敬愛しており、ヴェルサイユ宮殿を模したヘレンキームゼー城を湖上の島を買い取って建設したほか、大トリアノン宮殿を模したリンダーホーフ城を建設した。ちなみにルートヴィヒ2世は歯が悪かったが、ルイ14世も同様に歯が悪かったので、むしろそれを喜んでいたと言われている。多数の凝った城・宮殿を築いたことから、「(バイエルンの)メルヘン王」などと呼ばれるほどである。

1866年普墺戦争が勃発し、バイエルンオーストリア帝国側で参戦することになった。戦争を嫌うルートヴィヒは退位さえ考えたが、結局、議会の要求通り動員令に署名した。戦争には敗れ、参戦に反対していたルートヴィヒの国内外での立場は相対的に良くなったものの、バイエルンはプロイセンに対して多額の賠償金を支払うことになった。

廃位と謎の死[編集]

幼少期のルートヴィヒと弟オットー

1870年普仏戦争で弟オットー1世が精神に異常をきたした。ルートヴィヒはますます現実から逃れ自分の世界にのめり込み、昼夜が逆転した生活を送るようになった。王は一人で食事を取り、あたかも客人が来ているかのように語っていたり、夜中にそりに乗って遊んでいたところを地元の住民に目撃されたと伝えられている。

危惧を感じた家臣たちはルートヴィヒ2世の廃位を計画し、1886年6月12日に彼を逮捕し廃位した。代わりに政治を執り行ったのは叔父の摂政ルイトポルト王子であった。ルートヴィヒはベルク城に送られ、翌日の6月13日シュタルンベルク湖で、医師のフォン・グッデンと共に水死体となって発見された。その死の詳細については未だ謎のままである。その知らせを受けたエリーザベト皇后は「彼は決して精神病ではありません。ただ夢を見ていただけでした」と述べている。

生前ルートヴィヒは「私が死んだらこの城(ノイシュヴァンシュタイン城)を破壊せよ」と言い残した。それは彼が城を自分の世界にとどめたかったという思いからきた言葉であったが、摂政ルイトポルトも地元の住民らも城を壊さずにそのまま残し、現在は観光施設を兼ねた文化財として活用されている。

ルートヴィヒ2世の精神病について[編集]

晩年のルートヴィヒ2世

ルートヴィヒ2世は一般に精神病のために廃位されたとされるが、実情はバイエルンの恐慌にその原因があったとされる。バイエルンは、1866年普墺戦争におけるプロイセンとの講和条約のために多額の賠償金の支払義務があり、さらにルートヴィヒ2世の相次ぐ城の建設、政情不安などによる恐慌が起きていた。

これを危惧したバイエルン首相ヨハン・フォン・ルッツらが、グッテンら4人の医師に王を精神病と認定させ、禁治産者にすることを決定したとされる。この点に関しては議論があるが、少なくとも4人の医師が実際にルートヴィヒを鑑定した記録はなく、証言者の信頼性に乏しい証言、観察をもとに診断書を作成したことは事実であるといわれる。

関連作品[編集]

出典[編集]

  1. ^ R.ミュンスター、p.88。
  2. ^ R.ミュンスター、p.88-89、96。
  3. ^ R.ミュンスター、p.96、98。

参考文献[編集]

  • R.ミュンスター『ルードヴィヒ二世と音楽』小塩節訳、音楽之友社、1984年。
  • 関楠生『狂王伝説 ルートヴィヒ2世』(河出書房新社)、ISBN 4-309-20096-6

関連項目[編集]

外部リンク[編集]