カロリーネ・アウグステ・フォン・バイエルン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カロリーネ・アウグステ

カロリーネ・アウグステ・フォン・バイエルン(Karoline Auguste von Bayern, 1792年2月8日 - 1873年2月9日)は、バイエルン王国の王女。バイエルン王マクシミリアン1世の三女で、ヴュルテンベルク王ヴィルヘルム1世の最初の妃、次いでオーストリア皇帝フランツ1世の4人目の妃となった。

1792年2月8日バイエルン選帝侯マクシミリアン4世ヨーゼフ(後のバイエルン王マクシミリアン1世)とその最初の妃であったアウグステ・ヴィルヘルミーネ・フォン・ヘッセン=ダルムシュタットの間に第4子としてマンハイムで生まれた。

1808年6月8日ミュンヘンでヴュルテンベルク王太子ヴィルヘルムと結婚するが、1814年に離縁した。その後1816年11月10日ウィーンで、オーストリア皇帝フランツ1世と再婚した。その際、同時にフランツ1世の弟フェルディナンドからも求婚を受けていた。 皇室の財政難から、質素な結婚式を挙げた後、美しく、慈善活動に積極的な皇后は国民からの高い人気と尊敬を受けることとなった。

生涯を通じ、子に恵まれることはなかった。なお、異母妹の一人のゾフィーがフランツ1世の三男フランツ・カール大公と結婚して皇帝フランツ・ヨーゼフ1世を、もう一人のルドヴィカが同族のバイエルン公マクシミリアン・ヨーゼフと結婚してその皇后エリーザベトをもうけている。確執で知られるゾフィーとエリーザベトだが、カロリーネ・アウグステはこの異母妹と姪の両者と非常に親しかったという。

夫の死後は主にザルツブルグで過ごした。カロリーネ・アウグステは1873年2月9日にウィーンで死去した。遺骨はウィーン・カプツィーナー教会皇帝納骨所カイザーグルフト)に収められている。