ザールラント州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ザールラント州
Saarland
ザールラント州の旗 ザールラント州の紋章
州旗 州の紋章
ドイツ国内におけるザールラント州の位置
州都 ザールブリュッケン
面積 2,569.69 km² (第13位
人口
 - 総計
 - 人口密度
(2011/12/31)
1,013,352 人 (第15位
394.3 人/km²
ISO 3166-2:DE DE-SL
公式サイト ザールラント州政府
政  治
州首相 アンネグレート・クランプ=カレンバウアー (CDU)
与党 CDUSPD連立
前回選挙 2012年3月25日
次回選挙 2017年(予定)
連邦参議院(上院)
での投票権数
3
地  方
市町村数
 * 独立市
52
0
備考欄

ザールラント州Saarland)は、ドイツ連邦州のひとつである。石炭の産地で、産業の要所であった。フェルクリンゲン製鉄所跡は、ユネスコ世界遺産に登録されている。第二次世界大戦後はフランスの管理下にあった。

フランスはこの地方で豊富に産出した石炭を狙っていたため、親ドイツ政党を禁止するなどの政治的弾圧を行い、住民投票によってこの地域を独立させようとしたが、住民は住民投票で独立を拒んでドイツへの復帰を選択した。1957年1月1日にドイツに復帰した。

地理[編集]

ドイツの南西部に位置しており、北と東はラインラント=プファルツ州に、南はフランスのロレーヌ地方に、西端はルクセンブルクに接する。近年は、ロレーヌおよびルクセンブルクとの国境を越えた地域協力が盛んである。

ザールラント州 (1089x835, 459 KB)

政治[編集]

州議会[編集]

州議会の政党別議席数
州議会議事堂

州議会 (Landtag) の定数は51で、2012年3月25日に行われた前回選挙での政党別議席配分は以下の通りである。

2009年8月の選挙後に州レベルでは初となるCDU・自由民主党(FDP)・GRÜNEの「ジャマイカ連立」[1]が成立したが、閣内不一致から任期満了を待たずに崩壊、州議会を解散して連立の組み直しを図ることになった。

選挙の結果、CDUは第一党の座を守ったものの、最有力の連立パートナーであるFDPは過去最低の得票率1.2%に留まり、阻止条項を突破できず全議席を失った。そのため改選前から4議席上積みしたSPDとの大連立政権を選択することになった。なおこの選挙でドイツ海賊党がベルリンに次いで2例目となる州議会進出を果たしている[2]

歴代州首相[編集]

  1. 1947-1955: ヨハネス・ホフマン (Johannes_Hoffmann_(CVP)) CVP
  2. 1955-1956: ハインリヒ・ウェルシュ (Heinrich Welsch (Politiker)) 無所属
  3. 1956-1957: フーベルト・ナイ (Hubert Ney) CDU
  4. 1957-1959: エゴン・ライネルト (Egon Reinert) CDU
  5. 1959-1979: フランツ=ヨーゼフ・レーダー (Franz-Josef Röder) CDU
  6. 1979–1979: ヴェルナー・クランプ (Werner Klumpp) FDP
  7. 1979-1985: ヴェルナー・ツァイヤー (Werner Zeyer) CDU
  8. 1985-1998: オスカー・ラフォンテーヌ (Oskar Lafontaine) SPD
  9. 1998-1999: ラインハルト・クリムト (Reinhard Klimmt) SPD
  10. 1999-2011: ペーター・ミュラー (Peter Müller (Ministerpräsident)) CDU
  11. 2011–0000: アンネグレート・クランプ=カレンバウアー (Annegret Kramp-Karrenbauer) CDU

地方行政[編集]

州は、以下の5つの郡、および、郡と同等の都市連合(Stadtverband)からなる。

郡区分図
  1. メルツィヒ=ヴァーデン郡 (Landkreis Merzig-Wadern) - メルツィヒ (Merzig)
  2. ノインキルヒェン郡 (Landkreis Neunkirchen) - ノインキルヒェン (Neunkirchen)
  3. ザールブリュッケン都市連合 (Stadtverband Saarbrücken) - ザールブリュッケン (Saarbrücken)
  4. ザールルイ郡 (Landkreis Saarlouis) - ザールルイ (Saarlouis)
  5. ザールプファルツ郡 (Saarpfalz-Kreis) - ホンブルク (Homburg)
  6. ザンクト・ヴェンデル郡 (Landkreis St. Wendel) - ザンクト・ヴェンデル (St. Wendel)

その他の都市[編集]

フェルクリンゲン製鉄所


シンボル[編集]

州の紋章と旗は、法律によって1956年7月9日に制定され、1957年1月1日から施行された。

紋章は、下部が半円形の盾を4分割して、それぞれにザールラントの州域をかつて統治していた領邦君主の紋章を描く。

  • デキスター・チーフ(向かって左上部分)には、ナッサウ=ザールブリュッケン伯の紋章、青地に2本の尻尾をもつ銀の獅子が描かれる。獅子には、金の冠、銀の爪、赤い舌があり、背景には十字型の星が9つちりばめられている。
  • シニスター・チーフ(向かって右上部分)には、トリーア選帝侯の紋章、銀地に赤い十字が描かれている。
  • デキスター・ベース(向かって左下部分)には、ロートリンゲン公の紋章、金地に3羽の銀の鷲の意匠がある赤い帯が斜めにかけられている。
  • シニスター・ベース(向かって右下部分)には、プファルツ=ツヴァイブリュッケン公の紋章、黒地に金の獅子が描かれている。この獅子は、赤い冠、赤い爪、赤い舌をもつ。

州の旗は、黒・赤・金のドイツ国旗の中央に、州の紋章を配置したものである。黒・赤・金は州の色でもある。第二次世界大戦後、ドイツに復帰するまでの間は、フランス国旗と同じ青・白・赤を使って、スカンジナビア十字がデザインされた旗を使用していた。

脚注[編集]

  1. ^ 三党のイメージカラー(黒・黄・緑)がジャマイカ国旗の配色と一致することにちなむ。
  2. ^ CDUが第1党を維持しSPDと大連立へ−ザールラント州選挙結果− (ドイツ) - 世界のビジネスニュース(通商弘報) - ジェトロ

関連項目[編集]