マクシミリアン2世 (バイエルン王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マクシミリアン2世
Maximilian II.
バイエルン王
Max II., König von Bayern 2.jpg
在位 1848年3月28日 - 1864年3月10日
全名 マクシミリアン・ヨーゼフ・フォン・ヴィッテルスバッハ
出生 1811年11月28日
Flag of Bavaria (striped).svg バイエルンミュンヘン
死去 1864年3月10日(満52歳没)
Flag of Bavaria (striped).svg バイエルンミュンヘン
埋葬  
ドイツの旗 ドイツバイエルン州ミュンヘンテアティナー教会
配偶者 マリー・フォン・プロイセン
子女 ルートヴィヒ2世
オットー1世
王家 ヴィッテルスバッハ家
父親 ルートヴィヒ1世
母親 テレーゼ・フォン・ザクセン=ヒルトブルクハウゼン
テンプレートを表示

マクシミリアン2世Maximilian II., 1811年11月28日 - 1864年3月10日)は、バイエルン王国の第3代国王(在位:1848年 - 1864年)。第2代国王ルートヴィヒ1世の長男。全名はマクシミリアン・ヨーゼフMaximilian Joseph)。

1811年11月28日、ルートヴィヒ1世(当時王太子)とその妃であったザクセン=ヒルトブルクハウゼンフリードリヒの娘テレーゼの間に第一子としてミュンヘンで生まれた。弟にギリシャ国王オソン1世、バイエルン摂政ルイトポルトらがいる。

1832年シュヴァンシュタイン城を購入、1853年にこの城をホーエンシュヴァンガウ城に改築。1864年3月10日ミュンヘンで死去、当地のテアティナー教会に葬られた。

子女[編集]

マクシミリアン2世は1842年プロイセン王子ヴィルヘルムの娘マリーと結婚した。彼女との間には以下の二男をもうけた。

マリー王妃と家族
左端がルートヴィヒ、右端がオットー