マルタ騎士団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロードス及びマルタにおけるエルサレムの聖ヨハネ病院独立騎士修道会
Sovrano Militare Ordine Ospedaliero di San Giovanni di Gerusalemme di Rhodi e di Malta
マルタ騎士団の国旗 Coat of arms of the Sovereign Military Order of Malta (variant).svg
国旗 国章
国の標語:ラテン語:Tuitio Fidei et Obsequium Pauperum
国歌Ave Crux Alba
マルタ騎士団の位置
公用語 イタリア語
首都 イタリアローマ・コンドッティ通り68(事務所)
最大の都市 領土を持たない
政府
騎士団総長 Matthew Festing
首相 Jean-Pierre Mazery
面積
総計 0.012(事務所)km2暫定最下位位
水面積率 不明
人口
総計(2007年 11,000人(192位
人口密度 916,666.66(メンバー÷事務所の面積)人/km2
GDP(自国通貨表示)
合計(xxxx年 xxx,xxxScudo
GDP(MER
合計(xxxx年 xxx,xxxドル(???位
GDP(PPP
合計(xxxx年 xxx,xxxドル(???位
1人あたり xxxドル
主権実体

無領土化
エルサレムにて
1113年2月15日
1798年
通貨 Scudo(???
時間帯 UTC +1(DST:不明)
ISO 3166-1 不明
ccTLD なし
国際電話番号 領土を持たない
領土を持たない「主権実体」

マルタ騎士団(マルタきしだん)は、キリスト教カトリック騎士修道会である。正式名称はロードス及びマルタにおけるエルサレムの聖ヨハネ病院独立騎士修道会(ロードスおよびマルタにおけるエルサレムのせいヨハネびょういんどくりつきししゅうどうかい、: Sovrano Militare Ordine Ospedaliero di San Giovanni di Gerusalemme di Rhodi e di Malta)。

現在は国家ではないが、かつて領土を有していた経緯から「主権実体」として承認している国々がある。

概説[編集]

12世紀十字軍時代のパレスチナに発祥した聖ヨハネ騎士団が現在まで存続したものであり、ロドス島(ロードス島)及びマルタ島における旧来の領土を喪失しているため国土を有さないが、主権実体(sovereign entity)として承認外交関係を有する国が約94か国ある。国際連合にオブザーバーとしても参加している。団(修道会)事務局はイタリアローマ・コンドッティ通り68に置かれており、建物内はイタリア当局から治外法権が認められている。

医療などの慈善活動を行っており、独自のコイン切手を発行している。

歴史[編集]

第1回十字軍の後、1100年ごろ、巡礼保護を目的としてエルサレムで設立された。正式名称から明らかなように病院を持ち、ことに病気になった巡礼者の保護に務めた。十字軍勢力がパレスチナから追われた後はロドス島を根拠とし、聖地巡礼をするキリスト教徒の重要な経由地の守護者、ムスリム(イスラム教徒)に対する聖戦の実行者として活躍したが、1522年オスマン帝国スレイマン1世によりロドス島は陥落。本拠をマルタ島に移して、マルタ騎士団と呼ばれるようになった。その後の1798年ナポレオン・ボナパルトの侵攻によりマルタ島を奪われ、領土を失う。領土を失った後も伝統的に「主権を有している」とされるが、正確な性質は不明瞭である。

対外関係[編集]

マルタ騎士団は世界の約94か国と外交関係を持ち、在外公館を設置している。外交関係国はヨーロッパ38カ国、アフリカ35カ国、アメリカ29カ国、アジア・オセアニア18カ国である[1]。いわゆるキリスト教文化圏の国々が多い。その中で主要国はフランス・ドイツ・英国・イタリア・ロシア・カナダがある。一方で、アメリカ合衆国・日本などは承認していない。また、国際連合では「オブザーバーとして参加するために招待を受ける実体(entity)あるいは国際組織」として扱っており、「加盟国」とも「非加盟国」とも異なる立場である。

統治機構[編集]

パラッツォ・ディ・マルタ

騎士団は、憲章に基づき、大評議会、次の役職が置かれている。

  • 総長(Gran Maestro)は、国務評議会(Consiglio Compito di Stato)で選挙された終身職である。総長は、伝統的に大公(Principe)の称号をおび、また伝統的に騎士団修道会の総長としてローマ教皇から枢機卿に親任される。
  • 事務総監(Gran Commendatore)は、事務をつかさどる。
  • 外務総監(Gran Cancelliere)は、外交に関する事項をつかさどる。
  • 医務総監(Grande Ospedaliere)は、保健衛生、民生及び人道援助に関する事項をつかさどる。
  • 財務総監(Ricevitore del Comun Tesoro)は、財政及び予算に関する事項をつかさどる。

憲章に基づく会議体はこれらのものがある。

  • 国務評議会(Consiglio Compìto di Stato)
  • 大評議会(Capitolo Generale)
  • 政務評議会(Sovrano Consiglio) 
  • 管理評議会(Consiglio del Governo)
  • 監事会(Camera dei Conti)
  • 司法評議会(Consulta Giuridica)

その他[編集]

騎士団の総長(Principe e Gran Maestro)は、カトリック教会の修道会の総長として、伝統的に枢機卿の任命を受けている。なお、枢機卿のほとんどが聖職者である現代では、あくまで名誉的なものである。

アマチュア無線の世界では、マルタ騎士団は国籍符号「1A」を用いており、たとえばクラブ局(局名:1A0KM―Knights of Maltaの略)が存在している。この「1A」は、国際電気通信連合(ITU)がマルタ騎士団に割り当てたものではなく、アマチュア無線のみの独自の規定である。同様な例は、一部の領有権紛争対象地などの"帰属地未定区域"にも見受けられる。

脚注[編集]

  1. ^ Sovrano Ordine di Malta - Sito ufficiale - 公式サイト

関連項目[編集]

外部リンク[編集]