白色テロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

白色テロ(はくしょくテロ、: White Terror)とは、為政者や権力者、反革命側(君主国家の為政者あるいは保守派)によって政治的敵対勢力に対して行われる反動的テロ行為あるいは暴力的な弾圧のことである。言論統制や不当逮捕、投獄、拷問、処刑、拉致誘拐暗殺など手法は様々。フランス語に由来するため白色テロルとも言う。

一般に国家の何らかの関与を前提とするため、単なる右翼テロとは異なる。

語義[編集]

「白色」とはフランス王国の王権の象徴であった白百合に由来しており、フランスでは白色(白旗)は王権または王党派を意味する色であった。転じて、フランス以外でも治世者を全般をさす色とされ、イラン白色革命などの用法がある。白色テロは、元来はフランス革命中の1794年から1795年にかけて、ふくろう党が行ったテロ行為、または極右に転向したテルミドール派による左派(ジャコバン派またはモンターニュ派)への弾圧、あるいはフランス復古王政期の超王党派ユルトラによる国王弑逆者である共和派への報復や、ブリュヌ元帥やラメル元議員の暗殺などを指して、形容した言葉であった。転じて反革命側(右派)の革命側(左派)に対する、もしくは為政者(保守派)の反体制側(革新派)に対する弾圧を意味するようになったが、特に20世紀には 社会主義者共産主義者(およびその疑いがある人物)に対する厳しい弾圧を表すのにも用いられた。

定義[編集]

白色テロには強権的警察行為も含まれ、アルゼンチン汚い戦争のように非合法なまま秘密裏に行なわれるものが多いが、恣意的な法解釈によって合法とされて公然と行なわれることもあり、正規の治安維持活動との線引きは不明瞭である。植民地や一方的に領有を宣言し占領している実効支配地域での民族独立運動に対する警察権力の乱用、軍事介入等の弾圧も白色テロに含まれることがある。

反体制派に対してテロを行った体制側が共産主義社会主義政権(左派ないし極左)の場合、これは一般には赤色テロと呼ぶ。赤色(赤旗)は左翼を表す色だからである。しかしこのような左派政権の時に反体制派(右派)がテロを行っても、それを白色テロとは言わない。白色テロは、あくまでも政権側・体制側が行った場合のテロ表現である。

主要な白色テロ[編集]

ヨーロッパ[編集]

アジア[編集]

アフリカ[編集]

中南米[編集]

関連項目[編集]