ランツフート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ランツフート
Landshut

紋章
ランツフートの位置(ドイツ内)
ランツフート
ランツフート
座標: 北緯48度32分23秒 東経12度9分3秒 / 北緯48.53972度 東経12.15083度 / 48.53972; 12.15083
ドイツの旗 ドイツ
バイエルン州
行政管区 ニーダーバイエルン行政管区
郡独立市
行政区域 11 Stadtteile bzw. 54 Gemeindeteile
行政
 - 市長 ハンス・ランプフ (CSU)
面積
 - 計 65.79km2 (25.4mi2)
最高部 505m (1,657ft)
最低部 385m (1,263ft)
人口 (2012年12月31日)[1]
 - 計 65,322人
 - 人口密度 993人/km² (2,571.9人/mi²)
郵便番号 84001 - 84036
市外局番 0871
ナンバープレート LA
自治体コード 09 2 61 000
ウェブサイト www.landshut.de

ランツフート(Landshut)はドイツ連邦共和国バイエルン州の都市。ニーダーバイエルン行政管区の区都。2004年に創立800周年を迎えた。市内をイーザル川が流れる。

地勢[編集]

ミュンヘンの北東約50kmに位置し、周辺都市とは鉄道、高速道路で結ばれる。また、ミュンヘン国際空港に近い(自動車で1時間程度)地の利で、郊外には企業の進出が多い。ドイツテレコムBMWなど。

歴史[編集]

1204年バイエルン公ルートヴィヒ1世によってトラウスニッツ城(Burg Trausnitz)が創建され、城下町として発達した。1349年神聖ローマ皇帝ルートヴィヒ4世の没後、バイエルンを分割、次男のシュテファン2世がランツフートを含む下バイエルンを領有した。以後、シュテファン2世の子孫がバイエルンを受け継いでいく(後に上バイエルンも統合)。

1475年、当時の君主であったゲオルクポーランドからカジミェシュ4世の王女ヤドヴィガ・ヤゲロンカ(Jadwiga Jagiellonka, ドイツ名ヘートヴィヒ Hedwig Jagiellonica)を妃として迎えた際に華やかな結婚式典が行われた。これを記念して4年に一度開かれるランツフーター・ホッホツァイト(Landshuter Hochzeit = ランツフートの結婚式)という祭典は有名である。

姉妹都市[編集]

引用[編集]

外部リンク[編集]

市の中心部・アルトシュタットの街並とセント・マーティン教会 
ランツフーター・ホッホツァイト(Landshuter Hochzeit)の模様 
丘からの俯瞰図