ブランデンブルク州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブランデンブルク州
Land Brandenburg
ブランデンブルク州の旗 ブランデンブルク州の紋章
州旗 州の紋章
ドイツ国内におけるブランデンブルク州の位置
州都 ポツダム
面積 29,476.67 km² (第5位
人口
 - 総計
 - 人口密度
(2010/12/31)
2,503,000 人 (第10位
85 人/km²
ISO 3166-2:DE DE-BR
公式サイト ブランデンブルク州政府
政  治
州首相 ディートマー・ヴォイトケドイツ語版 (SPD)
与党 SPDLinke連立
前回選挙 2004年9月19日
次回選挙 2009年
連邦参議院(上院)
での投票権数
4
地  方
市町村数
 * 独立市
420
4
備考欄

ブランデンブルク州Land Brandenburg)は、ドイツに16ある連邦州のひとつで、同国の北東部に位置する内陸の州である。1990年東西ドイツ統合の際に誕生した「新連邦州」のひとつである。州都はポツダムベルリンは地理的にはこの州内にあるが、行政上は別個の州である。

地理[編集]

ブランデンブルクはベルリン市を取り囲んでおり、北にメクレンブルク=フォアポンメルン州、東はポーランド、南はザクセン州、西はザクセン=アンハルト州と西北で一部ニーダーザクセン州と接している。

東の州境の一部はオーデル川、西の州境の一部はエルベ川である。州内を流れる主な川はシュプレー川ハーフェル川がある。州の南西部はシュプレーヴァルトドイツ語版と呼ばれる湿地帯である。この湿地はラウジッツの最北端であり、スラブ民族ソルブ人が居住する地域である。その一帯ではドイツ語ソルブ語の両方が使用されている。

歴史[編集]

ブランデンブルク辺境伯領(Mark Brandenburg)は、1356年金印勅書を受けて辺境伯選帝侯になったことで選帝侯領となり、1815年プロイセン王国の10の州の一つブランデンブルク州(プロヴィンツ、Provinz Brandenburg)となった。第一次世界大戦後はヴァイマル共和国プロイセン自由州 (フライシュタート、Freistaat Preußen) の一部となった。第二次世界大戦後、オーデル・ナイセ線以東はポーランド領に編入され、それ以外はソビエト連邦が占領してマルク・ブランデンブルク州(プロヴィンツ、Provinz Mark Brandenburg)となった。1947年、戦勝国は軍国主義の温床としてプロイセン解体を宣言し、ソ連占領地域のブランデンブルクは、ブランデンブルク州(ラント、Land Brandenburg)と改名された。1949年、ソ連を後ろ盾とするドイツ民主共和国の成立により、その1州となったが、1952年の地方行政制度改革により州制度は廃止され、ブランデンブルク州 はコトブス県ドイツ語版フランクフルト県ドイツ語版ポツダム県に3分割された。1990年ドイツ再統一の結果、ブランデンブルク州(ラント、Land Brandenburg)が復活した。1995年、ブランデンブルク州政府とベルリン市政府は、合併して「ベルリン=ブランデンブルク州」となることに合意したが、1996年住民投票により否決された。

政治[編集]

州議会[編集]

州議会の政党別議席数(2009年現在)

州議会 (Landtag) の定数は88で、2009年9月27日に行われた前回選挙での政党別議席配分は以下の通りである。

SPDのマティアス・プラツェック州首相連立政権の相手をCDUとの「大連立」から左翼党との「赤赤連立」に切り替えた。旧東ドイツの州であることから、旧東ドイツの支配政党ドイツ社会主義統一党の後裔である左翼党の勢力も強いことが示された。

歴代州首相[編集]

1952年、州廃止。1990年、州復活。

地方行政[編集]

ブランデンブルク州の地方自治体は、広域自治体の (Landkreis) と基礎自治体の市町村 (Gemeinde) の2層構造をとる(市町村は、市と町と村の総称ではなく、日本の市町村に相当する地方公共団体の意味である)。市町村数は420ある。このうち人口が5万人を越える4の大都市は郡に属さない独立市で、郡レベルの業務も自ら取り扱う。したがって、郡独立市のみは1層構造となる。郡に属する市町村は、各自で行政運営を行う市町村と、市町村連合を組んで共同で行政サービスを行う市町村とに分かれる。この連合体は、アムト (Amt) と呼ばれ、条例制定権等の一定の自治権を有するが「地方自治体」とは位置づけられていない。アムトに属さない市町村が144、アムトに属する市町村が271ある。アムトに属さない市町村のうち、アイゼンヒュッテンシュタットドイツ語版は「大規模郡所属市」 (Große kreisangehörige Stadt)、オラーニエンブルクほか12都市が「中規模郡所属市」 (Mittlere kreisangehörige Stadt) として法律上、「郡独立市」に準ずる権限を付与されている。郡の数は14、アムトの数は54である。

[編集]

郡と独立市の区分図

郡と郡庁所在地。冒頭の数字は、区分地図の数字に符合する。中央部の空白はベルリンである。

  1. バルニム郡ドイツ語版エーバースヴァルデ
  2. ダーメ=シュプレーヴァルト郡ドイツ語版リュッベンドイツ語版
  3. エルベ=エルスター郡ドイツ語版ヘルツベルク (エルスター)ドイツ語版
  4. ハーフェルラント郡ドイツ語版ラーテノウドイツ語版
  5. メルキッシュ=オーダーラント郡ドイツ語版ゼーロウ
  6. オーバーハーフェル郡オラーニエンブルク
  7. オーバーシュプレーヴァルト=ラウジッツ郡ドイツ語版ゼンフテンベルクドイツ語版
  8. オーダー=シュプレー郡ドイツ語版ベースコウドイツ語版
  9. オストプリーグニッツ=ルピーン郡ドイツ語版ノイルピーン
  10. ポツダム=ミッテルマルク郡バート・ベルツィヒ
  11. プリーグニッツ郡ドイツ語版ペルレベルクドイツ語版
  12. シュプレー=ナイセ郡ドイツ語版フォルスト (ラウジッツ)ドイツ語版
  13. テルトウ=フレーミング郡ドイツ語版ルッケンヴァルデドイツ語版
  14. ウッカーマルク郡ドイツ語版プレンツラウドイツ語版

独立市[編集]

冒頭の記号は、自動車のナンバープレートに使われる都市コードで、右上の区分図の記号に対応している。

シンボル[編集]

州の紋章および旗は、1991年1月30日に州法によって制定され、1992年の州憲法においても規定された。紋章は、ブランデンブルク選帝侯の紋章から、剣、錫杖、胸当て、選帝侯の冠を取り除き、それに代えて翼を金のクローバーの茎葉で装飾したものである。州の旗は、上半分が赤、下半分が白で、中央に紋章を置く。赤と白は、神聖ローマ帝国の軍旗に由来し、帝国所属の諸侯、司教都市の多くもまた自身の旗に用いた色で、赤白の横縞旗は12世紀以来ブランデンブルク伯も用いてきた。ヘッセン州その他の赤白旗と区別するため、中央に紋章を配したものを正式な州旗とした。

その他[編集]

ブランデンブルク州は、ルフトハンザドイツ航空のフラッグシップであるボーイング747-8iで同社の歴史的初号機(同時に世界初の商業旅客運航用のボーイング747-8でもある)となったD-ABYA型機の愛称[1]となっている。

画像[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]