ハインリヒ・ヘルト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハインリヒ・ヘルト(右)

ハインリヒ・ヘルトHeinrich Held1868年6月6日 - 1938年8月4日)は、ドイツの政治家。ヴァイマル共和政期のバイエルン州首相。

略歴[編集]

ドイツ帝国プロイセン王国領のフンスリュックHunsrückエルバッハに音楽家の農民ヨハネス・ヘルト(Johannes Held)の息子として生まれる。母はその妻スザンナ(旧姓カイザー、Susanne Kaiser)。シュトラースブルクミュンヘンハイデルベルクの大学で法学を学んだ。1896年にシュトラースブルクでジャーナリストになった。1899年にはハイデルベルクへ移り、バイエルンの新聞社で編集者を務めた。1906年から2つの新聞社の共同経営者になり、保守系カトリック労働運動の代弁者となった。

1907年にバイエルン王国議会の議員となる。中央党バイエルン支部に属しており、同党には1933年まで在籍していた。中央党内では左派に属し、経済を専門にしていた。急速に昇進して1914年には議会内の中央党議員団の指導者となり、さらにその後、党の指導者となった。バイエルン枢密院のメンバーとなり、「枢密顧問官」(Geheimer Hofrat)の肩書を得て名声を高めた。

1918年11月にバイエルンで王制が廃されると、中央党バイエルン支部からバイエルン人民党を創設した共同創設者の一人となった。1921年からドイツ・カトリック会議の議長となった。1924年7月にオイゲン・フォン・クニリングが辞職した後にバイエルン州首相に就任した。彼の政府はバイエルン人民党のほかにドイツ国家人民党ドイツ人民党バイエルン小作農連盟Bauernbund)などによって支えられていた。彼の政府の目的はバイエルン分離主義から離れてドイツ中央政府と和解することにあった。また彼は教皇庁とコンコルダートを結んだ。1925年ドイツ大統領選挙の一次選挙に出馬したが、3.7%の得票率しか得られなかった。二次選挙ではヘルト率いるバイエルン人民党は中央党のヴィルヘルム・マルクスではなく保守主義者のパウル・フォン・ヒンデンブルクの方を支持している。

1930年にバイエルン州政府において彼の政府は多数派を失い、少数与党となった。同年、州産業相と州農相を兼務した。1932年にこの二つの役職を合併して州経済相に就任した。彼は地方分権を求めて州の権利を主張していたので、1932年におこったドイツ首相フランツ・フォン・パーペンによるプロイセン州首相オットー・ブラウンの政府の排除を、中央政府の州政府への違法な干渉と断じて激しく抗議した。

ナチ党の政権獲得を防ぐためにループレヒト (バイエルン王太子)を州委員(Staatskommisar)に任じて独裁権を握らせる計画が浮上し、多くの政党から支持されていたが、ヘルトはためらい、その前に1933年1月30日、アドルフ・ヒトラーがパウル・フォン・ヒンデンブルクより首相に任命された。そして1933年3月9日にはナチ党幹部フランツ・フォン・エップ率いる突撃隊部隊によりヘルトのバイエルン州政府は解体された。軍に助けを求めて抵抗しようとしたが、軍から支援は拒否された。エップがバイエルン国家総監の地位に就任してバイエルン州の実質的な権力を掌握した。首相職にはルートヴィヒ・ジーヴェルトが就任した。

1938年にレーゲンスブルクで死去した。