エアアジア X

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
AirAsia X
IATA
D7
ICAO
XAX
コールサイン
XANADU
AirAsia X Logo.svg
設立日 2006年
ハブ空港 クアラルンプール国際空港
(LCCターミナル)
同盟 未加盟
保有機材数 14機
就航地 17都市
親会社 AirAsia X Sdn Bhd
本拠地 マレーシアクアラルンプール
代表者 Azran Osman-Rani (CEO)
トニー・フェルナンデス
外部リンク http://www.airasia.com/jp/ja/

エアアジア X (AirAsia X) は、マレーシア格安航空会社 (LCC) であり、中・長距離路線を運航しているエアアジアの関連会社である。

概要[編集]

フライ・アジアン・エクスプレス[編集]

2006年マレーシア航空の経営再建の為、国内ローカル路線96路線がエアアジアに移管された。ボルネオ島サラワク州及びサバ州のローカル路線の運航の再委託先として、同年8月1日にフライ・アジアン・エクスプレス (Fly Asian Xpress Sdn Bhd, FAX)が設立され、約40路線が運航されていた。

2007年4月11日、エアアジアCEOのトニー・フェルナンデスが、同社の運航する路線をファイアフライへ移管させる提案をした。同年9月30日、フライ・アジアン・エクスプレスは全ての路線の運航を終了した。翌10月1日よりマレーシア航空が設立した子会社、MASwings が全ての路線を引き継いだ[1] [2]

2007年10月、社名をAirAsia X Sdn Bhdへと変更した。名前の由来は日本の有名ロックバンドX JAPANから取ったとエアアジアCEOのトニー・フェルナンデスが明かしている[3]

エアアジア X[編集]

2007年1月5日、「AirAsia X」のブランド名で、国際長距離路線に参入すると発表した。2007年8月ヴァージン・グループが20%の株式を取得、2008年2月オリックスが10%の株式を取得した[4]

2007年11月2日クアラルンプールからオーストラリアゴールドコースト間に初就航した。2008年2月には中国杭州へ就航した。2008年10月に新規機材が納入され、2008年11月からオーストラリアへの就航都市が増加した。アブダビ国際空港を中東地域のハブ空港とし、アブダビからはサウジアラビアジェッダ)、エジプトヨルダンイランへ就航させる計画があった。しかし2012年3月以降インド、ヨーロッパの税制や燃料費の高騰からロンドン線等のヨーロッパ線や中東線を運休した[5]

2010年12月9日からクアラルンプール-東京/羽田線に就航開始。東京国際空港(羽田空港)に乗入れる初のLCCとなった[6]

2011年11月30日からクアラルンプール-大阪/関西線に就航開始。

2014年3月17日からクアラルンプール-名古屋/中部線に就航開始[7][8][9][10]

今後5年(2018年)以内に札幌/新千歳線・福岡線にも就航開始予定[11]

就航都市[編集]

2013年1月現在[12]、いずれもクアラルンプール発着。

就航計画[編集]

下記の都市に就航させる計画がある[17]が欧州に関しては欧州連合域内排出量取引制度(EU ETS)の適用などにより運航コストが上がることから2012年4月からの欧州便は運休中。

又、インドへの就航を積極的に進めていたが、ビザ(査証)規制などにより低コスト運航が維持できないため2012年1月から3月の間に順次運休予定[18]

2012年以降は豪州、東アジア方面への就航に力を入れたい方針を明らかにしている[19]

アジア
札幌/新千歳福岡アムリトサル清州西安瀋陽武漢コロンボ(2013年9月28日から就航開始予定)、マレ(2013年9月28日から就航開始予定)
中東
バーレーンドバイシャールジャ
ヨーロッパ
ニースマンチェスタープラハモスクワ
北米
ニューヨーク[20]
オセアニア
アデレード(2013年10月30日から就航開始予定)、ニューカッスル

日本[編集]

日本への就航は2008年末を予定していたが、先延ばしとなっていた。2010年12月9日、エアアジア Xは正式にクアラルンプール-東京/羽田線を就航開始。就航記念として、座席数限定で本体価格片道99リンギット、5,000の航空券がインターネット販売された。2011年11月30日に大阪/関西、2014年3月17日に名古屋/中部に、それぞれ就航開始。今後、札幌/新千歳、福岡への就航も計画している[21][22]

有料サービス[編集]

  • 事前座席指定は25リンギット、足元の広い「Hot Seat」は100リンギット
  • 預け手荷物は30リンギットから
  • 機内食は15リンギット マレーシア料理多国籍料理、ベジタリアン料理、お子様料理から選択可能
  • 毛布、枕、アイマスクなどを含む「快適キット」は25リンギット
  • ビデオ、オーディオのポータブル・プレイヤーを35リンギットで貸し出す[23]
  • Premium Seats[24] という、ビジネスクラス相当の座席のサービスがあり、ライフラットのベッドになる。事前座席指定、優先チェックイン、優先搭乗、機内預け荷物の優先、機内食、枕と毛布のサービスがある。料金はエコノミーの約2-3倍である。
  • 2011年5月3日以降の予約については燃油サーチャージを徴収している[25]

保有機材[編集]

脚注[編集]

  1. ^ MASWings commences services from 1 October 2007
  2. ^ マレーシア航空子会社、サラワク・サバ州拠点に10月1日から運航へ
  3. ^ 成田空港から100機の飛行機を飛ばす エアアジアのトニー・フェルナンデスCEOが語る日経ビジネス
  4. ^ オリックス、マレーシア格安航空に資本参加(日経新聞)
  5. ^ [1]
  6. ^ 羽田初の格安航空 エアアジア、9日就航産経新聞 2010年12月8日
  7. ^ エアアジアX 中部へ? うめきょんの部屋 2013年9月18日付
  8. ^ エアアジアX、名古屋/中部〜クアラルンプール線に2014年3月より週4便就航! Traicy 2013年11月16日付
  9. ^ エアアジアX、名古屋/中部〜クアラルンプール線にきょう就航! テレビ塔のライトアップも! Traicy 2014年3月17日付
  10. ^ エアアジア・エックス、名古屋/クアラルンプール線に就航 FlyTeam 2014年3月17日付
  11. ^ エアアジアX、日本路線拡充へ 5年内に3都市で開設 日本経済新聞 2013年8月23日付
  12. ^ [2] - フライトスケジュール
  13. ^ エアアジア・エックス、7月からクアラルンプール/釜山線に就航
  14. ^ エアアジアX、KL〜韓国・釜山線を就航[運輸] NNA.ASIA 2013年7月17日
  15. ^ エアアジア・エックス、クアラルンプール/コロンボ/マレ線に就航へ FlyTeam 2013年9月21日付
  16. ^ エアアジア・エックス、10月末からクアラルンプール/アデレード線に就航 FlyTeam 2013年8月1日付
  17. ^ エアアジアX、増便や新規乗り入れで事業拡大へ マレーシアナビ!
  18. ^ 果敢に羽ばたくエア・アジア 日経ビジネス
  19. ^ エアアジアX、4路線の運休を発表 NNA ASIA マレーシア 2012年1月13日付
  20. ^ 格安航空エアアジア、米国乗り入れを検討 来年にもNYまたはニュージャージー州に マレーシアナビ!
  21. ^ マレーシアのLCCエア・アジアX、12月に羽田―クアラルンプール線就航 - 日本経済新聞
  22. ^ エアアジア、引き続き日本路線の就航地拡大–候補は名古屋、札幌 fly team
  23. ^ AirAsia X In-flight entertainment
  24. ^ Premium Seat airasia.com
  25. ^ AirAsia to introduce fuel surcharge on 3 May
  26. ^ Air Asia X A330 - SeatPlans.com

関連項目[編集]

外部リンク[編集]