タイ・エアアジア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
タイ・エアアジア (Thai AirAsia)
IATA
FD
ICAO
AIQ
コールサイン
Thai Asia
設立 2003年12月8日
ハブ空港 ドンムアン空港
焦点空港 プーケット国際空港
保有機材数 30機
就航地 35都市
親会社 Thai AirAsia Co., Ltd.
本拠地 タイ バンコク
代表者 Tassapon Bijleveld (CEO) [1]
外部リンク http://www.airasia.com/

タイ・エアアジア (Thai AirAsia, ไทยแอร์เอเชีย) は、タイバンコクを本拠地とする格安航空会社である。

概要[編集]

タイ・エアアジアは、2003年エアアジアと元タイ王国首相タクシン・チナワットの関連企業シン・コーポレーションとの合弁で設立された。シン・コーポレーションが50%、エアアジアが49%の株式を保有している。2004年からタイ国内線の運航を開始した。就航当初はドンムアン空港、2006年9月からはスワンナプーム国際空港、2012年10月からは再びドンムアン空港を本拠地(ハブ空港)としている。

タイ国内線のほか、近隣国の国際線(マカオハノイプノンペンシンガポールなど)にも進出している。

2006年1月23日に、タクシン一族がシン・コーポレーション・グループの持ち株49%をシンガポールの政府系投資会社テマセクに売却したため、外資の上限を49%までとするタイの航空法外資規制に抵触することが指摘された。そのため、新たな持株会社としてアジア・エビエーション(Asia Aviation Co., Ltd.)が設立され、同社がタイ・エアアジアの株式の50%を保有している。シン・コーポレーションはアジア・アビエーションの49%の株を保有し、残りの51%はタイの事業家(Mr.Sitthichai Veerathummanoon)が保有している。2007年7月、アジア・アビエーションは所有する全ての株式を売却した[2]

2008年11月11日から、全ての運航便について燃油サーチャージを廃止したが、2011年5月3日以降の国際線予約については徴収を再開した[3]

2012年10月1日、タイ・バンコクでの拠点をスワンナプーム国際空港からドンムアン空港に全面移管された[4][5]

運航機材[編集]

タイ・エアアジア エアバスA320-200型機

就航路線[編集]

バンコク/ドンムアンプーケットを拠点としている。2010年10月現在[6]

国内線[編集]

国際線[編集]

サービスの特徴[編集]

受託手荷物は有料(50バーツ)である。座席は革張りだが、汚れても掃除をしやすいためである。有料(150-250バーツ)で事前座席指定ができる(子供、高齢者への割引あり)。また、タイの慣習から僧侶は優先的に搭乗している。機内への飲食物の持ち込みは禁止で、飲料、軽食が機内販売されている。 2012年から機内での飲食物などがサービスの中に入り、飲物などが無料となった。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]