シン・コーポレーション・グループ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

シン・コーポレーションタイ語: ชิน คอร์ปอเรชั่นส์英語: Shin Corporations)は、タクシン・チナワットタイ王国首相就任前に創設した電気通信事業者

概要[編集]

最初はタクシンの警察局時代のコネクションをいかして警察局にコンピューターをレンタルするシナワトラ・コンピューター・アンド・コミュニケーションズ社(注:英語直訳)という小さな会社だったが、携帯電話の営業許可をタイ電話公社から買い取り、携帯電話会社アドバンスト・インフォ・サービス (AIS) を立ち上げた。タイへの携帯電話の普及とともに大会社へと躍進。今では財閥化(グループ化)し、数多くの子会社とともにタイを代表する財閥の1つとなった。2006年1月23日、タクシン一族が持ち株49%を売却。シンガポールの政府系投資会社テマセク・ホールディングスの傘下に入る。

子会社[編集]

(一部)

リンク[編集]