名古屋港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
名古屋港
Nagoya Port Aichi pref Japan01s8.jpg
上空から見た名古屋港全景
所在地
日本の旗 日本
所在地 愛知県名古屋市東海市
知多市弥富市飛島村
詳細
開港 1907年(明治40年)
管理者 名古屋港管理組合
種類 国際拠点港湾特定港
泊地面積 81.94km2 (31.64 sq mi)
陸地面積 42.13km2 (16.27 sq mi)
面積 124.07 km2
埠頭数 24
水路深度 16メートル (52 ft)
統計
統計年度 2008年[1]
発着数 減少38,739隻
貨物取扱量 増加218,100,622トン
コンテナ数 減少23,545,81
旅客数 128,880人
主要輸出品 完成自動車、自動車部品
主要輸入品 液化天然ガス、鉄鉱石
公式サイト 名古屋港のホームページ
- 名古屋港管理組合
奥に見えるのは名港西大橋
夕暮れ時の名古屋港

名古屋港(なごやこう)は、愛知県名古屋市東海市知多市弥富市、海部郡飛島村にまたがる港湾である。地元では名港(めいこう)の略称でも呼ばれる。日本の主要な国際貿易港(五大港)のひとつ。

日本の主要な貿易港の一つであり、平成20年度までのデータによれば、その貿易額と貨物取扱量は日本最大を維持し続けている。 第二次産業の集積した中部経済圏の窓口として、輸出入における黒字率が極めて高いのが特徴であり、日本の全港湾の貿易黒字の約6割を名古屋港単港で担っている。

港湾法上の国際拠点港湾港則法上の特定港、また四日市港と共に政令上の指定港湾(旧スーパー中枢港湾)に指定されている。

港概要[編集]

2010年現在、横浜港に次ぐ日本最大級の貿易港である。ただし、神戸港や横浜港、東京港などがそれぞれ単独の行政区域内で構成されるのに対し、名古屋港は複数の自治体に跨る。

愛知県内にトヨタ自動車などの輸出企業を多く擁し、自動車関連の輸出が半数以上を占める貿易港である。輸出入総額、外貿貨物取扱量ともに日本最高クラス(2009年)、外貿コンテナ取扱個数国内第3位(年度不詳)。

港湾管理者は愛知県、名古屋市が設立する特別地方公共団体一部事務組合)の名古屋港管理組合。管理組合管理者は愛知県知事名古屋市長が2年交代で就く。2011年4月現在の管理者は名古屋市長。2011年4月現在の専任副管理者は、国土交通省OB。他の2名の副管理者は愛知県副知事と名古屋市副市長。

面積[編集]

  • 港湾区域 83平方キロメートル
  • 臨港地区 41平方キロメートル

入港船舶数[編集]

  • 約4万5千隻(内航船舶含む)

貿易額[編集]

  • 2007年
    • 輸出 11兆7113億円(国内貿易港1位)
    • 輸入 5兆374億円(国内貿易港2位)
    • 輸出入総額 16兆7487億円(国内貿易港1位)

貨物取扱量[編集]

  • 2003年度
    • 16,836万トン(国内貿易港1位)

主な輸出入品種[編集]

自動車運搬船が頻繁に入港する

歴史[編集]

1896年に工事が始まり、愛知県技師奥田助七郎らが建設に尽力。1907年10月に熱田港が名古屋港に名称変更、翌月に開港した。1946年に国際港、1951年に特定重要港湾に指定された。1959年伊勢湾台風の直撃により大きな被害を受けた。

2004年7月にスーパー中枢港湾である伊勢湾の港のひとつとして指定された。

1997年、開港90周年を記念して日本丸海王丸が同時に寄港。この2船は、さらに2001年の名古屋港管理組合創立50周年、および2007年の開港100周年を記念して寄港。2011年にも2船同時の寄港を果たしている。また、2007年、開港100周年を迎えて11月3日より11日まで開港祭ウィークが開かれ、11月24日には青雲丸大成丸が同時寄港した。

港内の主な施設[編集]

フェリー航路[編集]

フェリー埠頭で待機する太平洋フェリーの「いしかり」


埠頭[編集]

手前:飛島埠頭、右奥:鍋田埠頭
名古屋地区
ガーデン埠頭、大江埠頭、大手埠頭、稲永埠頭、空見埠頭、金城埠頭、昭和埠頭、潮見埠頭、汐止埠頭、船見埠頭、築地埠頭、築地東埠頭、フェリーターミナル
東海地区
東海元浜埠頭、新宝埠頭、横須賀埠頭
飛島地区
飛島埠頭、コンテナ埠頭(2005年12月1日、16 mの大深度バースを備えたコンテナターミナルが操業開始)、木場金岡埠頭
弥富地区
弥富埠頭、鍋田埠頭(2001年完成)
知多地区
北浜埠頭、南浜埠頭、緑浜埠頭

ガーデン埠頭[編集]

港内に繋留されている南極観測船ふじ

旧2号地三埠頭、かつての物流の中心。付近は1992年完成の名古屋港水族館など娯楽・商業施設が揃った観光地ともなっており、地元ではこの界隈を指して名古屋港(名港)と呼ぶ場合もある。

ガーデン埠頭は、鯱の外観の遊覧船「金鯱」で知られるようになった名古屋港遊覧船の乗り場もある。

その他、ガーデン埠頭の1号岸壁から4号岸壁は、日本丸海王丸を初めとするイベント誘致船や飛鳥IIぱしふぃっくびいなすなどの大型旅客船が停泊する。1985年からは南極観測船ふじが永久係留されている。2009年1月7日にふじの係留設備に損傷が見つかり同船の一般公開を休止したが、24日に復旧し公開を再開した。

海の日ハッピーマンデーが施行されてからは、それに準ずる前今後週の土曜日または日曜日)に行われる「海の日名古屋みなと祭」、クリスマスの時期に行われる「スターライト・レビュー」もある。1946年に第1回が開催された「名古屋みなと祭り花火大会」もここが会場である。

1989年世界デザイン博覧会2007年の名古屋港開港100周年記念祭には中心地となってイベントを開催している。また2005年の新世紀・名古屋城世紀博の開催中には愛知万博開会式典で展示された金鯱(の雌1体)をガーデン埠頭内の臨海緑園で一般公開を行なっている。

2012年に名古屋市が主催した、第1回名古屋まちなみデザインセレクションにおいて、名古屋港ガーデンふ頭のイルミネーションが市民投票により、まちなみデザイン20選(第1回)に選定された。

金城埠頭[編集]

1990年完成。周辺が現在の物流の中心地であり、埠頭中心部には名古屋市国際展示場(ポートメッセなごや)がある。2011年3月14日にJR東海の運営するリニア・鉄道館がオープンした。

マスコットキャラクター[編集]

名古屋港開港100周年記念事業のPRキャラクターとして、ポータン (PORTAN) とミータンがいる。デザインは長崎市のデザイナー草野敬一によるもの。

ポータン[編集]

船止めのボラードを擬人化し、今後の名古屋港の発展と安全を願う明るくほのぼのとした笑顔を表現している。

名前「ポー」はポート(港)を意味し、「タン」は語呂がよく、親しみやすさを表現している。名古屋港が誰からも愛され、さらに発展することを願って命名された。2006年11月15日に名古屋市港区で特別住民票登録をし、マスコットキャラクターとしては初の名古屋市民となった。

「美しいさんご礁に囲まれた名もない南の不思議の島」が出身地。生年月日は1907年11月10日。10年に一度1歳ずつ年を取るという設定で、2007年11月10日の開港100周年記念日で10歳となった。住所は名古屋市港区入船一丁目8番21号。

ミータン[編集]

ポータン同様、ボラードがモチーフになっている。名前の由来は「海」「港」、また「美」の音読み「ミ」からきている。

各種イベントなどで多忙な日々を送っているポータンの手伝いにやって来た。性別・年齢とも不詳。美しいさんご礁に囲まれた名もない南の不思議の島が出身地。ポータンのことを「お兄ちゃん」と呼ぶ。

交通[編集]

管理組合本庁舎 - 名古屋港を統括管理する。
港湾合同庁舎 - 名古屋港の重要施設が入居する。

鉄道[編集]

旅客
貨物・旅客
貨物

バス[編集]

高速道路[編集]

一般道[編集]

金城埠頭の道路通称名[編集]

  • 南京大路
  • メキシコ大通
  • ロサンゼルス大通

友好姉妹港・友好港・友好交流港[編集]

友好姉妹港
アメリカ合衆国の旗 ロサンゼルス港(アメリカ) - 1959年3月31日提携
オーストラリアの旗 フリーマントル港(オーストラリア) - 1983年4月19日提携
アメリカ合衆国の旗 ボルチモア港(アメリカ) - 1985年10月24日提携
オーストラリアの旗 シドニー港(オーストラリア) - 2010年11月4日提携
友好港
ベルギーの旗 アントウェルペン港(ベルギー) - 1988年11月16日提携
友好交流港
中華人民共和国の旗 上海中華人民共和国) - 2003年2月25日提携

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 港湾統計(年報) 最新の統計資料(PDF形式) - 国土交通省情報制作本部 情報安全・調査課 交通統計室

外部リンク[編集]