岐阜市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ぎふし
岐阜市
Gifu montage.jpg
1段目左:長良川の鵜飼
1段目右:岐阜大仏
2段目左:岐阜城
2段目右:長良川金華山
3段目左:金華山ドライブウェイから見た岐阜市街
3段目右:岐阜シティ・タワー43
岐阜市旗 岐阜市章
岐阜市旗 岐阜市章
日本の旗 日本
地方 中部地方東海地方
都道府県 岐阜県
団体コード 21201-6
面積 202.89km²
総人口 409,220
推計人口、2014年8月1日)
人口密度 2,020人/km²
隣接自治体 大垣市関市山県市本巣市
瑞穂市羽島市各務原市
羽島郡笠松町岐南町
本巣郡北方町
市の木 つぶらじい
市の花 サルビア
岐阜市役所
所在地 500-8701
岐阜県岐阜市今沢町18番地
北緯35度25分23.6秒東経136度45分38.8秒
岐阜市役所
外部リンク 岐阜市役所

岐阜市位置図

― 市 / ― 町・村

特記事項 市章は1909年明治42年)8月27日制定
 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

岐阜市(ぎふし)は、岐阜県の中南部に位置する中核市で、同県の県庁所在地である。旧稲葉郡山県郡本巣郡羽島郡

戦国時代には金華山の麓の旧岐阜町が斎藤道三織田信長城下町として栄え、江戸時代には南部の旧加納町中山道加納宿宿場町加納藩の城下町として栄えた。

地理[編集]

地形[編集]

金華山
岐阜市中心部周辺の空中写真。1987年撮影の24枚を合成作成。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成。

岐阜県の南部に位置し、濃尾平野の北端に当たる。北部には山林を有し、南部には市街地が広がっている。また市内を横切るように、北東から南西にかけて長良川が流れており、市の大部分は長良川と支流の扇状地自然堤防地帯にあたる。この長良川は日本三大清流の一つと言われ、中流域が1985年(昭和60年)に「名水百選」に、また1998年(平成10年)に「日本の水浴場55選」に、2001年(平成13年)に「日本の水浴場88選」に選定されている。一方、扇状地の長良川は典型的な天井川で、市の中心部より川の水面の方が常に高く、大雨の際には洪水の危険が伴う。

気候[編集]

概ね太平洋岸気候の特徴を示すが、夏は暑く冬は寒い内陸性気候の特徴も示す。 海岸に位置する愛知県の伊良湖、三重県の尾鷲などと比べ、夏は直射日光で最高気温が高く、熱帯夜も大都市である京都とほぼ同じ日数となっており、非常に蒸し暑い。冬は最低気温が低く、朝方は比較的寒い。冬の平年の降雪量・最深積雪量は関東以西の太平洋側主要都市では最も多い。 これは、日本海若狭湾からの距離が太平洋側の平野部としては比較的近く、冬型の気圧配置となって強い寒気が流れ込んだ際、風向きによっては日本海寒帯気団収束帯に対応する発達した雪雲が両白山地伊吹山地を越えて流れ込みやすいためである。

ケッペンの気候区分ではcfa(温暖湿潤気候)となる。

  • 観測史上最高気温:39.8(℃)(2007年8月16日)
  • 観測史上最低気温:-14.3(℃)(1927年1月24日)
  • 観測史上最深積雪:58cm(1936年2月1日)
  • 日照時間年平均値:2,086時間(全国4位)
  • 夏日最多日数:152日(2004年(平成16年))
  • 真夏日最多日数:91日(2004年(平成16年))
  • 酷暑日最多日数:33日(2010年(平成22年))
  • 熱帯夜最多日数:48日(2010年(平成22年))
  • 冬日最多日数:87日(1945年(昭和20年))
岐阜の気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
最高気温記録 °C (°F) 20.4
(68.7)
22.2
(72)
25.8
(78.4)
30.8
(87.4)
33.5
(92.3)
36.8
(98.2)
39.0
(102.2)
39.8
(103.6)
37.7
(99.9)
32.2
(90)
26.7
(80.1)
21.1
(70)
39.8
(103.6)
平均最高気温 °C (°F) 8.8
(47.8)
10.0
(50)
13.7
(56.7)
19.8
(67.6)
24.2
(75.6)
27.4
(81.3)
31.0
(87.8)
33.0
(91.4)
28.8
(83.8)
23.1
(73.6)
17.2
(63)
11.6
(52.9)
20.72
(69.29)
平均最低気温 °C (°F) 0.5
(32.9)
0.9
(33.6)
3.9
(39)
9.3
(48.7)
14.2
(57.6)
19.0
(66.2)
23.0
(73.4)
24.3
(75.7)
20.4
(68.7)
13.8
(56.8)
7.7
(45.9)
2.7
(36.9)
11.64
(52.95)
最低気温記録 °C (°F) −14.3
(6.3)
−13.7
(7.3)
−6.7
(19.9)
−2.8
(27)
1.7
(35.1)
6.8
(44.2)
12.8
(55)
14.0
(57.2)
8.3
(46.9)
0.8
(33.4)
−2.4
(27.7)
−8.7
(16.3)
−14.3
(6.3)
降水量 mm (inch) 67.0
(2.638)
82.1
(3.232)
143.0
(5.63)
161.2
(6.346)
204.7
(8.059)
245.3
(9.657)
261.6
(10.299)
148.9
(5.862)
237.3
(9.343)
125.5
(4.941)
93.0
(3.661)
58.0
(2.283)
1,827.5
(71.949)
降雪量 cm (inch) 19
(7.5)
17
(6.7)
1
(0.4)
9
(3.5)
47
(18.5)
 % 湿度 67 63 60 60 65 71 74 70 71 67 67 68 67
平均月間日照時間 160.3 163.6 188.3 196.0 199.0 159.4 167.0 202.2 157.8 174.2 157.3 160.2 2,085.1
出典: 気象庁

隣接する自治体[編集]

市内各地区の風景[編集]

歴史・沿革[編集]

織田信長が、美濃国を攻略した際に、稲葉山の城下の井ノ口を岐阜と改めたとするのが定説だが、異論も一部にある。また、中山道宿場町でもあり岐阜市南部に位置する加納宿は、今でもその面影を残している。

人口[編集]

Demography21201.svg
岐阜市と全国の年齢別人口分布(2005年) 岐阜市の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 岐阜市
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
岐阜市(に該当する地域)の人口の推移
1970年 394,813人
1975年 418,176人
1980年 420,231人
1985年 422,174人
1990年 421,149人
1995年 418,574人
2000年 415,085人
2005年 413,367人
2010年 413,239人
総務省統計局 国勢調査より

市政[編集]

行政の現状[編集]

市町村合併に伴い人口は増えているが、実質の人口は減少傾向。合併には積極的で、岐阜市広域合併協議では羽島市、笠松町、岐南町、柳津町、北方町が参加し、50万の中核都市を目指したが、岐阜市椿洞での産廃不法投棄問題に端を発した市行政の怠慢、合併後の市議会議席の調整などに失敗。次々と離脱し、柳津町のみとの合併となった。

  • 市長:細江茂光(2002年2月25日より、1948年4月18日生まれ、岐阜市出身)

地域自治区

  • 柳津町(2006年1月1日に編入した旧羽島郡柳津町の地域をもって設置。)

歴代市長[編集]

氏名 就任年月日 退任年月日 在任期間
1 熊谷孫六郎 1889年7月31日 1893年5月31日 1期(4年10月)
2 堀口有一 1893年7月13日 1908年2月25日 3期(14年7月)
3 服部正 1908年4月16日 1921年6月6日 3期(13年2月)
4 堀千尋 1921年7月2日 1922年7月13日 1期(1年)
5 丸茂藤平 1922年9月16日 1924年4月11日 1期(1年7月)
6 松尾国松 1925年3月7日 1946年6月7日 6期(21年3月)
以後、公選
7 東前豊 1947年4月5日 1955年1月24日 2期(7年9月)
8 松尾吾策 1955年2月27日 1970年8月6日 4期(15年6月)
9 上松陽助 1970年9月13日 1977年1月8日 2期(6年4月)
10 蒔田浩 1977年2月28日 1993年2月26日 4期(16年)
11 浅野勇 1993年2月27日 2002年1月11日 3期(8年11月)
12 細江茂光 2002年2月25日 現職 5期目

立法[編集]

岐阜市議会[編集]

  • 定数:41名
  • 任期:2011年(平成23年)5月2日 - 2015年(平成27年)5月1日[2]
  • 議長:國井忠男(市政自民党、3期)
  • 副議長:山口力也(岐阜市議会公明党、3期)
会派名 議席数 議員名(◎は幹事長、代表者等)
新生岐阜 10 ◎大野通、高橋正、若山貴嗣、渡辺要、黒田育宏、谷藤錦司、広瀬修、浅井武司、早田純、松岡文夫
市政自民党 6 ◎大野邦博、杉山利夫、大野一生、國井忠男、林政安、山田大
岐阜市議会公明党 5 ◎西垣信康、江崎洋子、小堀将大、辻孝子、山口力也
市政自民クラブ 5 ◎須田眞、須賀敦士、竹市勲、石川宗一郎、堀征二
市民ネットクラブ 4 ◎柳原覚、松原徳和、富田耕二、西川弘
日本共産党岐阜市議会議員団 4 ◎堀田信夫、中川裕子、井深正美、原菜穂子
市政ぎふ未来 3 ◎松原和生、信田朝次、石井浩二
岐阜市議会無所属クラブ 2 ◎田中成佳、服部勝弘
クラブ青空 1 和田直也
40

※2013年1月、市議の船戸清が死去。2014年1月11日、市議の大西隆博が岩手県滝沢市岩手山登山口で凍死しているのを発見される[3]。同年1月26日、岐阜市長選挙に出馬した市議の浅野裕司は選挙公示とともに自動失職[4]。市長選と同じ日の2月2日に行われた市議補選の改選数は2名だったため、現在の市議会は「欠員1」である。

岐阜県議会[編集]

  • 定数:9名
  • 選挙区:岐阜市選挙区
  • 任期:2011年(平成23年)4月30日 - 2015年(平成27年)4月29日

衆議院[編集]

姉妹都市・提携都市など[編集]

姉妹都市

友好都市

都市間交流協定

その他

  • 日本の旗 織田信長サミット - 織田信長との関係が深い市町および関係を大切にしている市町の集まり

学校[編集]

大学[編集]

専門学校[編集]

高等学校[編集]

県立・市立

私立

中学校[編集]

市立


国立

私立

小学校[編集]

市立



国立

私立

消防[編集]

1本部4署11分署で構成されている。隣接する瑞穂市は岐阜市に常備消防事務を委託しており、1署1分署は瑞穂市内に設置されている。

岐阜中消防署(岐阜市美江寺町2-9)

    • 東分署
    • 東南分署
    • 鵜飼分署
    • 精華分署

岐阜南消防署(岐阜市茜部大野1-12)

    • 西分署
    • 柳津分署

岐阜北消防署(岐阜市鷺山1769-496)

    • 黒野分署
    • 島分署
    • 岩崎分署
    • 三輪分署

瑞穂市には瑞穂消防署と巣南分署が置かれている。

商業[編集]

規模の大きな繊維問屋街が街を支えて来たが、近年は安い輸入品の台頭や、名古屋東京への流通の集中などで衰退し、再開発に迫られてきている。近年、中心市街地の空洞化が激しく、近鉄百貨店新岐阜百貨店、岐阜パルコと中心市街地の大型商業施設が次々と閉店。大規模な駐車場を備えた郊外の乱立する大型商業施設に商業の中心が移っている。2006年(平成18年)には10年で中心市街地の人口が2割減少し、休日に柳ヶ瀬を訪れる人は6割減少したと報告されている。又、岐阜・名古屋間のアクセス時間の短縮(JRで最速20分、朝ラッシュ時25分)で、高級品などを名古屋で購入する傾向も生まれ始めた。中心商店街の柳ヶ瀬も、経営者の高齢化を迎えている。岐阜駅前に、岐阜シティ・タワー43が建設されるなど、駅前立地での復活も始まっている。

主要商業施設[編集]

中心市街地
郊外

閉鎖された商業施設[編集]

  • 岐阜メルサ ファッション館とグルメ館があり、ファッション館8Fにはコンサートホール(名称:メルサホール)がある。名古屋鉄道系列。(現ドン・キホーテ柳ケ瀬店)
  • 岐阜パルコ(2006年8月20日閉店 跡地はコインパーキング)
  • 新岐阜百貨店(2005年12月28日閉店 - 解体 - 2007年6月名鉄岐阜駅駅舎新築竣工、跡地には商業施設イクト
  • 岐阜近鉄百貨店(現岐阜中日ビル
  • ダイエー岐阜店(現ライオンズマンション)
  • 長崎屋岐阜店(跡地未定)
  • 岐阜センサ(ファッション専門店ビル、跡地未定):タマコシ(現・平和堂)の倒産による閉店

主な企業[編集]

エネルギー[編集]

新聞社[編集]

テレビ・ラジオ[編集]

全国放送および、中京広域圏東海3県を範囲とする)を放送対象地域とするテレビ放送については、おおむね愛知県瀬戸市にある瀬戸デジタルタワーからの電波を受信して視聴している。なお、市内に所在する岐阜放送NHK岐阜放送局については、岐阜県を放送対象地域としている。

また、岐阜市内には、NHK名古屋放送局ラジオ第1放送の予備送信所が設置されており、名古屋親局(NHK鍋田ラジオ放送所)が万が一送信できなくなった場合に運用される。(周波数:729KHz出力:1kW)

生活協同組合[編集]

銀行・協同組織金融機関[編集]

本店を設置

  • 十六銀行(地方銀行)
    本店営業部 - 田神出張所 - 岐阜市役所支店 - 黒野支店 - 岐阜大学前出張所 - 則武支店 - 忠節支店 - 正木支店 - 島支店 - 三田洞支店 - 高見支店 - 北長良支店 - 長良支店 - 岐阜中央支店 - 西野町支店 - 今沢町支店 - 柳ケ瀬支店 - 梅林支店 - 野一色支店 - 岩地支店 - 日野支店 - 芥見支店 - 真砂町支店 - 本荘支店 - 鏡島支店 - 問屋町支店 - 県庁支店 - 司町出張所 - 県民ふれあい会館出張所 - 六条支店 - 鶉支店 - 市橋支店 - 加納支店 - 清本町出張所 - 東加納出張所 - あかなべ支店 - 柳津支店 - カラフルタウン岐阜出張所 - 流通センター支店 - PLAZA JUROKU支店〔本店1、支店32、出張所7〕
  • 岐阜銀行(第二地方銀行)2012年9月18日に十六銀行が吸収合併。下記店舗はすべて十六銀行の近隣店舗に統合された。
    本店 - 神田町支店 - 金園町出張所 - 忠節橋出張所 - 本荘出張所 - 柳津支店 - 大洞出張所 - 長良支店 - 則武支店 - 尻毛出張所 - 城東支店 - 黒野出張所 - ダイレクトセンター支店〔本店1、支店6、出張所6〕
  • 岐阜信用金庫(信用金庫)
    本店営業部 - 若宮町支店 - 美江寺支店 - 千手堂支店 - 加納支店 - 梅林支店 - 切通支店 - 長良支店 - 真砂町支店 - 西野町支店 - 北一色支店 - 鏡島支店 - 西加納支店 - 鷺山支店 - 城東支店 - 三田洞支店 - 近島支店 - 芥見支店 - 茜部支店 - 流通センター支店 - 中央市場前支店 - 六条支店 - 東鷺山支店 - 忠節出張所 - 田神支店 - 黒野支店 - 福光支店 - うずら支店 - 日野支店 - 敷島町支店 - ダイレクトバンキングセンタームーミン支店〔本店1、支店29、出張所1〕
  • 岐阜商工信用組合(信用協同組合)
    本店営業部 - 駅西支店 - 加納支店 - 鷺山支店 - 東栄支店 - 芥見支店 - 本荘支店 - 西野町支店 - 八代支店 - 六条支店 - 長森支店 - 近島支店〔本店1、支店11〕

支店を設置

  • 大垣共立銀行(地方銀行)
    岐阜支店 - 領下出張所 - 神田町出張所 - 岐阜駅前支店 - 今小町支店 - 千手堂支店 - 梅林支店 - 加納支店 - 則武支店 - 城東支店 - 鏡島支店 - 長良支店 - 黒野支店 - 県庁前支店 - エブリデープラザ岐阜出張所 - 長森支店 - 島支店 - 芥見支店 - 柳津支店〔支店16、出張所3〕
  • 名古屋銀行(第二地方銀行)
    岐阜支店〔支店1〕
  • 愛知銀行(第二地方銀行)
    岐阜支店〔支店1〕
  • 第三銀行(第二地方銀行)
    岐阜支店〔支店1〕
  • 大垣信用金庫(信用金庫)
    岐阜支店 - 県庁前支店 - 柳津支店〔支店3〕
  • 関信用金庫(信用金庫)
    長森支店 - 三輪支店〔支店2〕
  • 西濃信用金庫(信用金庫)
    金華橋支店 - 鶉支店 - 福光支店〔支店3〕

ちなみにりそな銀行(都市銀行)はコンビニATMだけ対応している。また、北陸銀行は神田町に中村支店(名古屋市)管理の店舗外ATM(平日のみ稼動)を設置している。

証券[編集]

支店

保険[編集]

支社・支店

営業所

本社を置く主な企業[編集]

運輸業

岐阜市には、岐阜市交通事業部(岐阜市バス)が2005年(平成17年)に採算悪化のため解体、路線と使用していたバスの一部は岐阜乗合自動車に譲渡したため、市営バスなるものが存在しない。そのため、事実上この一社が岐阜市の公共交通機関を運営していることとなっている(但し、コミュニティバスはある:下記「路線バス」参照)。

アパレル

製造業

卸売業・小売業・サービス業

建設業

岐阜市発祥の企業[編集]

地域[編集]

岐阜駅周辺 - 柳ヶ瀬[編集]

岐阜市街地

岐阜市の中心市街地であり、オフィスや商業施設が立ち並ぶエリアとなっている。現在は空洞化が著しいが、下落を続けていた地価も下げ止まり、ゆるやかながら回復の兆しも見えている。近年、再開発事業が展開されている岐阜駅前は鉄道アクセスのしやすさなど利便性が見直されオフィスビルや高層マンションの建設が進められている。これは岐阜市郊外から、インフラが整備され利便性の高い岐阜市中心部への都心回帰をにらんだものともいえ、岐阜駅周辺の活気を回復させる[[試金石]となっている。特に2007年(平成19年)3月からは付近の道路の自動車通行規制が解除され、これが地元にとって活性化に繋がるものと期待されている。柳ヶ瀬でも再開発の動きが見られる。

金華山周辺[編集]

金華山岐阜城、長良川温泉などの観光資源を抱える風光明媚なエリアである。金華山の袂にある伊奈波神社から米屋町周辺では大正年間の旧家屋や洋館などが建ち並び、長良川鵜飼いの鵜飼い船乗り込み口周辺の玉井町筋(湊町、玉井町、元浜町)は米屋町同様に旧家屋が建ち並ぶ。

岐阜市南部[編集]

岐阜の大動脈でもある国道21号がエリアの東西を貫いており、各務原市との境界付近に東海北陸自動車道岐阜各務原インターチェンジが設置されている。ロードサイドには各種郊外型店舗が林立し、カラフルタウン岐阜など、郊外型の大型商業施設も立地している。岐阜県庁舎岐阜県警察本部、福祉・農業会館など県関連の官公庁のほか、岐阜県美術館岐阜県図書館県民ふれあい会館などの文化施設もこのエリアに所在する。

岐阜市北部[編集]

濃尾平野の北端で標高の低い山が点在し、山を切り開いた団地(例:大洞団地、三田洞団地など)が数多く見られる。長良川河畔の岐阜メモリアルセンターには長良川陸上競技場長良川球場など各種スポーツ施設があり、スポーツのイベント会場として広く利用されている。このエリアには畜産センター岐阜ファミリーパークなどの大型の公園、岐阜大学岐阜運転者講習センター岐阜刑務所など大型の公共施設が多い。マーサ21ジャスコ岐阜店)など大型商業施設も立地している。また、東海環状自動車道岐阜インターチェンジの設置が予定されている。

交通[編集]

鉄道[編集]

岐阜駅南口

中心駅:JR岐阜駅名鉄岐阜駅

東海旅客鉄道(JR東海)

日本貨物鉄道(JR貨物)

名古屋鉄道

2005年(平成17年)3月までは岐阜市内線名鉄揖斐線名鉄美濃町線名鉄田神線があった。(通称600V線区)

路線バス[編集]

岐阜バスコミュニティ岐阜バスコミュニティ八幡含む)

かつては名鉄バス岐阜市交通事業部(岐阜市営バス)が市内を運行していたが、2004年9月と2005年3月にそれぞれ廃止され、路線は共に岐阜バスに譲渡された。

道路[編集]

高速道路[編集]

羽島市の岐阜羽島ICも利用できる。

国道[編集]

主要地方道[編集]

一般県道[編集]

道の駅[編集]

文化[編集]

スポーツ[編集]

サッカー

バレーボール

音楽[編集]

料理・食品[編集]

  • 鮎菓子 - 長良川の鵜飼にちなんで鮎を形どった銘菓。カステラ生地で求肥を包んだものやせんべい、あられなど種類もさまざま。
  • 枝豆まんじゅう - 枝豆を餡に使った薄皮まんじゅう。
  • 柿羊羹
  • みょうがぼち
  • いかだばえ - 寒バエの佃煮。丸ごと食べられる。
  • - 塩焼き、刺身、一夜干し、昆布巻きなど様々な調理方法がある。

観光[編集]

キャンペーンガール[編集]

昔のミス岐阜・ミス長良川にあたる「ぎふ長良川メイツ」が、岐阜市のイメージアップと観光PRに務めている。

特産品[編集]

名所[編集]

長良川河畔で行われている鵜飼い

旧跡[編集]

祭事・イベント[編集]

寺社[編集]

施設[編集]

美術館・博物館[編集]

図書館[編集]

スポーツ施設[編集]

ホール・劇場[編集]

公園[編集]

競輪場[編集]

警察[編集]

郵便局[編集]

他に隣町の笠松町にある笠松郵便局が受け持つ地域がある。

病院[編集]

コミュニティセンター[編集]

国の機関[編集]

その他[編集]

岐阜市を舞台にした作品[編集]

歌謡

映画

小説

アニメ・漫画

名誉市民[編集]

岐阜市名誉市民条例および岐阜市名誉市民条例施行規則により名誉市民章が贈呈された人物。

贈呈日 氏名 贈呈理由
1956年(昭和31年)5月3日 松尾国松
(まつお くにまつ)
6期22年にわたり市長を務める。
1956年(昭和31年)10月9日 山田永俊
(やまだ ながとし)
4期にわたり市議会議員を務める。
1970年(昭和45年)11月3日 松尾吾策
(まつお ごさく)
15年余の間市長を務める。
1971年(昭和46年)9月10日 東前豊
(ひがし まえとよ)
2期8年にわたり市長を務める。
1972年(昭和47年)8月3日 渡辺甚吉
(わたなべ じんきち)
岐阜薬専(岐阜薬科大学)創設の際、建設費を全額寄附。
1975年(昭和50年)9月9日 早川光治郎
(はやかわ みつじろう)
10期連続42年にわたり市議会議員を務める。
1979年(昭和54年)8月22日 桑原善吉
(くわばら ぜんきち)
通算24年にわたり岐阜商工会議所会頭を務める。
1990年(平成2年)2月6日 上松陽助
(うえまつ ようすけ)
2期6年市長、3期12年知事を務める。
1994年(平成6年)4月28日 蒔田浩
(まきた ひろし)
4期16年にわたり市長を務める。
1995年(平成7年)5月1日 安田梅吉
(やすだ うめきち)
16年にわたり岐阜商工会議所の正副会頭を務める。
1996年(平成8年)7月1日 加藤東一
(かとう とういち)
日展第一科(日本画)を中心に活躍。
2007年(平成19年)9月21日 林春雄
(はやし はるお)
全国最多の15期58年にわたり、市議会議員を務める。

出身有名人[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 教育テレビ(Eテレ)および、ラジオ第1・第2放送はいずれも名古屋局の放送エリアである。

参照[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

行政
観光