湯山邦彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

湯山 邦彦(ゆやま くにひこ、1952年10月15日(62歳)- 、AB型/天秤座)は、日本アニメーション演出家及びアニメーション監督東京都練馬区出身。東京都立武蔵丘高等学校卒。

かつては藤原鉄太郎ゆやまくにひこ [1] [2]というペンネームを使っていたこともあった。

来歴、人物[編集]

大学受験失敗後、アルバイトの一つとして、近所のアニメ制作スタジオで動画描きを担当した事が、アニメ業界入りのきっかけである。

その後、アニメーターとして活躍する傍ら絵コンテも任されるようになり、1978年より演出家に転向。同年の『銀河鉄道999』の第3話「タイタンの眠れる戦士」が、演出家としてのデビュー作である。キャリアの初期は、葦プロダクション(現・プロダクション リード)で経験を重ね、1982年より総監督を務めた『魔法のプリンセス ミンキーモモ』で一躍有名に。その他の著名な監督作品に『ポケットモンスターシリーズ』(総監督)、『愛天使伝説ウェディングピーチ』など。

総監督を務める『ポケットモンスターシリーズ』でサトシのフシギダネのファンであることを公言している[3]

代表作[編集]

葦プロダクション作品[編集]

スタジオぎゃろっぷ作品[編集]

オー・エル・エム作品[編集]

パステル作品[編集]

カナメプロダクション作品[編集]

タツノコプロ作品[編集]

土田プロダクション作品[編集]

ぴえろ作品[編集]

J.C.STAFF作品[編集]

その他アニメ[編集]

特撮[編集]

絵本[編集]

出典[編集]

  1. ^ 首藤剛志 「「シナリオえーだば創作術 第61回 ここまで言っていいのか『さすがの猿飛』」 WEBアニメスタイル 2006年8月9日。
  2. ^ 首藤剛志 「シナリオえーだば創作術 第63回 『さすがの猿飛』ってなんだったのか」 WEBアニメスタイル 2006年8月23日。
  3. ^ 「ポケモンストーリー」より。

参考文献[編集]

  • 「アニメ大国の肖像 アニメ監督湯山邦彦さん」『中日新聞』2008年1月31日号

関連項目[編集]