大栗博司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
大栗 博司
(おおぐり ひろし)
人物情報
生誕 1962年
日本の旗 日本 岐阜県 岐阜市
国籍 日本の旗 日本
出身校 京都大学
学問
研究分野 素粒子論
研究機関 カリフォルニア工科大学
東京大学
数物連携宇宙研究機構
主な受賞歴 アイゼンバッド賞
フンボルト賞
仁科記念賞
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

大栗 博司(おおぐり ひろし)は、日本の物理学者。理学博士(東京大学、1989年)。専門は素粒子論

カリフォルニア工科大学フレッド・カブリ冠教授。東京大学数物連携宇宙研究機構の主任研究員でもある。

大栗は、場の量子論超弦理論の深い数学的構造を発見し、これらの理論を素粒子物理学宇宙物理学宇宙論の基礎的問題に応用するための新しい理論的手法を開発している。特にトポロジカルな弦理論を発展させ、これによってブラックホール量子力学的性質を解明した。また、2次元の共形場の理論カラビ-ヤウ多様体上のDブレーンAdS/CFT対応超対称性を持つ場の量子論の性質と超弦理論との関係などについても基礎的な貢献をしている。[1]

米国の大学で教鞭をとっているが、日本からこれまでに10名程度の大学院生やポストドクトラル・フェローを受け入れ指導をし、その全員が現在第一線の大学教官や研究者として活動している。

学歴[編集]

  • 1984年:京都大学理学部卒業。
  • 1986年:京都大学大学院理学研究科修士課程修了。
  • 1989年:東京大学より理学博士号を授与される。「Superconformal Symmertry and Geometry of Ricci-Flat Kahler Manifold(超共形対称性とリッチ平坦なケ-ラ-多様体の幾何学)」。

職歴[編集]

ハーバード大学 (1992-1993年)で客員研究員。
パリ第6大学 (1994年)と東京大学 (2007年)で客員教授。

受賞歴[編集]

学外における役職[編集]

著書[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]