高木貞治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
高木 貞治
(たかぎ ていじ)
人物情報
生誕 1875年4月21日
日本の旗 日本岐阜県大野郡
死没 1960年2月28日(満84歳没)
日本の旗 日本東京都
出身校 東京帝国大学
学問
研究分野 数学
研究機関 東京帝国大学
博士課程
指導教員
ヒルベルト
博士課程
指導学生
彌永昌吉
主な業績 類体論高木曲線
主な受賞歴 文化勲章受章(1940年
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

高木 貞治(たかぎ ていじ、1875年(明治8年)4月21日 - 1960年(昭和35年)2月28日)は、日本数学者東京帝国大学教授。第1回フィールズ賞選考委員。文化勲章受章。

略歴[編集]

岐阜県大野郡数屋村(現・本巣市)に生まれる。岐阜尋常中学校(現・岐阜県立岐阜高等学校)を経て第三高等中学校(現・京都大学)へ進学し、1894年(明治27年)に卒業。

帝国大学理科大学(現在の東京大学理学部)数学科へ進み、卒業後にドイツへ3年間留学。ヒルベルトに師事し、多大な影響を受ける。

代数的整数論の研究では類体論を確立し、クロネッカーの青春の夢を解決した。

ヒルベルトの23の問題のうち、第9問題と第12問題(に関連した世界的な難問)を肯定的に解決した[1]

解析概論』『初等整数論講義』『代数的整数論』など多くの数学教科書を著した。特に『解析概論』は解析学入門の名著として知られ、第一版の刊行後50年以上経ても版を重ねて広く読まれている。また『近世数学史談』などの数学の啓蒙書も著している。

2011年(平成23年)に日本国内における著作権の保護期間が満了したため、Wikisource青空文庫で著書の公開作業が始まっている。

経歴[編集]

高瀬 (2010)の付録の年譜を参照。

代表的な著書[編集]

  • 『新撰算術』(1898年)博文館〈帝国百科全書〉
  • 『新撰代数学』(1898年)博文館〈帝国百科全書〉
  • 『新式算術講義』
  • 『代数学講義』
  • 『初等整数論講義』
  • 『近世数学史談』
  • 『数学雑談』
    • 初版(1935年)共立社書店〈輓近高等数学講座 第1巻〉
    • 第2版(1970年)共立出版〈共立全書〉 ISBN 4-320-00184-2
  • 『近世数学史談・数学雑談』
    • 合本(1946年)共立出版
    • 合本復刻版(1996年)共立出版 ISBN 4-320-01551-7
  • 『解析概論』
  • 『数学小景』
    • 初版(1943年)岩波書店
    • 再版(1944年)岩波書店 - 初版の誤りが修正された。
    • 改版(1981年)岩波書店
    • 文庫版(2002年)岩波書店〈岩波現代文庫〉 ISBN 4-00-600081-2
  • 『代数的整数論』
  • 『数学の自由性』
    • 初版(1949年)考へ方研究社
    • 文庫版(2010年)筑摩書房〈ちくま学芸文庫〉ISBN 978-4-480-09281-6
  • 『数の概念』
  • The Collected Papers of TEIJI TAKAGI
    • 初版(1973年)岩波書店
    • 2nd ed.(1990年)Springer-Verlag Berlin and Heidelberg GmbH & Co. K, ISBN 3-540-70057-9
    • 2nd ed.(1991年)Springer-Verlag, ISBN 0-387-70057-9

高木貞治記念室[編集]

出身地の本巣市に「高木貞治記念室」が設置されている。遺品や関連資料の展示が行われている。

  • 住所:岐阜県本巣市三橋1101-6(糸貫老人福祉センター内)地図
  • 開館時間:9:00-16:00
  • 休館日:月曜日(祝祭日の場合は翌日)、年末年始
  • 入館料:無料

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]