東京大学大学院理学系研究科・理学部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
東京大学 > 東京大学大学院理学系研究科・理学部


東京大学大学院理学系研究科(とうきょうだいがくだいがくいんりがくけいけんきゅうか、英称:Graduate School of Science)は、東京大学大学院に設置される研究科の一つである。また、東京大学理学部(とうきょうだいがくりがくぶ、英称:Faculty of Science)は、東京大学に設置される学部の一つである。

理学部と理学系研究科は一体となって運営されているため、この記事で合わせて解説する。

基礎データ[編集]

所在地[編集]

理学部の施設は学部事務室の置かれている東京都文京区本郷本郷キャンパスの他、同弥生本郷キャンパス天文学科、地球惑星物理学科、生物化学科、生物情報科学科)、目黒区駒場駒場Iキャンパス(数学科)にも分散している。

象徴[編集]

理学部のスクールカラー樺色である。また、理学系研究科・理学部のロゴマークも存在し、「り」と「S」の文字を図案化したものとなっている。ロゴマークは2007年に制定された。

沿革[編集]

理学部[編集]

理学部は1877年の東京大学((旧)東京大学)設立時からある学部の一つであり、特に化学科は1877年に卒業生(3名)を出した唯一の学科である[1]。当初は数学科、物理学科、化学科(純正化学、応用化学)、生物学科(動物学、植物学)、星学科、工学科(機械工学、土木工学)、地質学科、採鉱冶金学科の8学科で構成されていた。また、学部設置とともに小石川植物園が東京大学理学部附属施設となった。

1885年には、工学科および採鉱冶金学科学科が新設の工芸学部に移り、その翌年の1886年には数学科、星学科、物理学科、化学科、動物学科、植物学科、地質学科(1907年地質学科と鉱物学科に分割)からなる帝国大学理科大学(1897年より東京帝国大学理科大学)となった。同時に臨海実験所も設置された。

1919年に東京帝国大学理学部となった後は、地理学科(1919年設置)、天文学科(1919年星学科から改称)、地震学科(1923年関東大震災後に設置、1941年地球物理学科に改称)、人類学科(1939年設置)と学科新設・改称が行われたが、1949年に新制東京大学理学部となる際に学科の統合が行われ、数学科、物理学科(物理学、天文学、地球物理学の各課程)、化学科、生物学科(動物学、植物学、人類学の各課程)、地学科(地質学・鉱物学、地理学の各課程)となった。

その後、以下の学科改組・新設が行われ、現在に至る。

  1. 化学科、生物学科の一部の講座と理工学研究所(現宇宙科学研究所)の一部を改組して、1958年に生物化学科が設置された。
  2. 物理学科の各課程は1967年に分割されてそれぞれ独立した学科となったが、そのうち地球物理学科は、1991年に理学部附属地球物理研究施設と統合して地球惑星物理学科となった。
  3. 1970年に設置された理学部附属情報科学研究施設を改組して、情報科学科が1975年に設置された。
  4. 地学科は2006年度に改組され地球惑星環境学科となった。地学科には地質学・鉱物学コースと地理学コースのコース分けがあったが、地球惑星環境学科ではカリキュラムが一本化され、コースの区別はなくなった。
  5. 2007年には後述の生物情報科学学部教育プログラムを発展させて日本大学では初めての生物情報科学科を新設し、2009年度進学者から受け入れを開始した。

理学系研究科[編集]

大学院に関しては、1953年に新制大学院が設置された当初は数物系研究科、化学系研究科、生物系研究科といった部局横断的な研究科が設置され、理学部の各学科に対応した大学院課程は3研究科に分散して置かれていたが、1965年には理学系研究科など各学部に対応した研究科に再編された。

理学系研究科は1992年から1993年にかけて大学院重点化された(情報科学専攻、物理学専攻、天文学専攻、地球惑星物理学専攻、化学専攻、生物化学専攻、動物学専攻、植物学専攻、人類学専攻、地質学専攻、鉱物学専攻、地理学専攻の12専攻)。大学院重点化については当初は、学部を大学院に統合する大学院重点化(「理学院計画」と呼ばれる)を計画していたが、制度面で困難が生じたため、最終的には(現在のように)大学院部局化による大学院重点化を行うこととなった[2]。また、この大学院重点化と同時に、従来理学系研究科に属していた数学専攻は数理科学研究科数理科学専攻へ移行した。

1995年には動物学専攻、植物学専攻、人類学専攻の3専攻が統合されて生物科学専攻となり、2000年には地球惑星物理学専攻、地質学専攻、鉱物学専攻、地理学専攻の4専攻が統合されて地球惑星科学専攻となった。さらに、2001年には情報科学専攻が情報理工学系研究科コンピュータ科学専攻へ移行し、現在の6専攻体制となった。

教育と研究[編集]

組織[編集]

理学部[編集]

  • 数学科
  • 情報科学科
  • 物理学科
  • 天文学科
  • 地球惑星物理学科
  • 地球惑星環境学科
  • 化学科
  • 生物化学科
  • 生物学科
    • 動物学コース
    • 植物学コース
    • 人類学コース
  • 生物情報科学科

理学系研究科[編集]

  • 物理学専攻
    基礎物性学講座、物性物理学講座、量子多体物理学講座、宇宙物理学講座、生物物理学講座、数理物理学講座、素粒子物理学講座、量子光学講座、電磁流体物理学講座、基礎物理学講座、協力講座(素粒子実験物理学、先端物理学、原子核科学、初期宇宙論)、連携講座(学際理学、極限核物理学、重イオン加速器学)
  • 天文学専攻
    天文宇宙理学講座、広域理学講座、協力講座(観測天文学、初期宇宙データ解析)、連携講座(学際理学、観測宇宙理学)
  • 地球惑星科学専攻
    大気海洋科学講座、宇宙惑星科学講座、地球惑星システム科学講座、固体地球科学講座、地球生命圏科学講座、協力講座(観測固体地球科学、先端海洋科学、気候システム科学、超高圧物性物理学、地球大気環境科学)、連携講座(学際理学)
  • 化学専攻
    物理化学講座、有機化学講座、無機・分析化学講座、広域理学講座、協力講座(スペクトル化学、地殻化学、先端化学)、連携講座(学際理学)
  • 生物化学専攻
    生物化学講座、広域理学講座、協力講座(先端生物化学、遺伝子実験学)
  • 生物科学専攻
    動物科学講座、植物科学講座、人類科学講座、進化多様性生物学講座、広域理学講座、協力講座(海洋生命科学、植物生命科学、先端海洋生物科学、先端分子生物科学、自然史生物学)、連携講座(系統生物学)

附属施設[編集]

理学系研究科附属
  • 木曽観測所
かつて存在した施設[編集]

研究[編集]

21世紀COEプログラム[編集]

理学系研究科では、以下の4件が文部科学省21世紀COEプログラムに採択された。

  • 「個」を理解するための基盤生命学の推進(2002年度)
  • 動的分子論に立脚したフロンティア基礎化学(2002年度)
  • 極限量子系とその対称性(2003年度)
  • 多圏地球システムの進化と変動の予測可能性(2003年度)

グローバルCOEプログラム[編集]

理学系研究科では、以下の3件が文部科学省のグローバルCOEプログラムに採択されている。

  • 生体シグナルを基盤とする統合生命学(2007年度)
  • 理工連携による化学イノベーション(2007年度)
  • 未来を拓く物理科学結集教育研究拠点(2008年度)

教育[編集]

理学部では、すべての学科で演習または実験・実習が必修となっている。また、学部教育特別プログラムとして2005年より「生物情報科学学部教育プログラム」(前身の「生物情報科学学部教育特別プログラム」も含めれば2001年より)および「アクチュアリー・統計プログラム」が行われている。

同窓会[編集]

東京大学理学部では学部全体の同窓会は存在せず、各学科ごとの同窓会のみとなっている。

施設[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]