東京大学大学院理学系研究科附属天文学教育研究センター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
東京大学大学院理学系研究科・理学部 > 東京大学大学院理学系研究科附属天文学教育研究センター

東京大学大学院理学系研究科附属 天文学教育研究センター(とうきょうだいがくだいがくいんりがくけいけんきゅうかふぞく てんもんがくきょういく - 、英称:Institute of Astronomy, Faculty of Science, University of Tokyo)は、東京大学大学院理学系研究科・理学部の附属施設の一つである。略称は東京大学天文センターIoA-UT など。

天文学教育研究センターは国立天文台三鷹キャンパス(東京都三鷹市)内に設置されており、国立天文台との間で人的交流や共同研究を通じて密接な関係があるが、別組織の研究機関である。なお、国立天文台三鷹キャンパスの特別公開時に研究室公開などを実施している。イベント関係は、総合研究大学院大学国立天文台および大学生協で実施。

概要[編集]

天文学教育研究センターは、東京大学附属東京天文台のうち大型プロジェクト関連を国立天文台へ移管する改組に伴い、天文学教育研究部門を分離して、東京大学理学部天文学科の附属研究機関として1988年7月1日に発足した。大学院重点化に伴い、大学院理学系研究科天文学専攻の研究機関として強化が行われた。東京大学内において天文学に関連する教育研究や教育指導を行う研究室であり、旧東京天文台のうち木曽観測所が同センター附属施設として存続した。その後、後述にあるように、マグナム望遠鏡や東京大学アタカマ天文台 (TAO) プロジェクトなどを推進している。このように同センターは、旧東京天文台の教育研究機関としての流れを受けた組織である。

東京大学のみならず、全国共同利用天体観測施設としての役割を担っており、各大学研究室や企業などからの共同利用に付している[1]

組織と設備[編集]

天文学教育研究センターは電波天文学、銀河天文学、恒星物理学の主として3研究分野から構成されている。現在、長野県木曽郡木曽町に木曽観測所(1974年に東京天文台の観測所として開設)を運営している。

木曽観測所は日本最大の105cmシュミットカメラ(日本光学工業(現:ニコン)製造)を運用。これはアメリカ合衆国にあるパロマー山天文台のものと同口径であり、6゜四方という広い視野を持つ。過去にはシュミットカメラで撮影した光学乾板を分析し天体現象を解析していたが、1987年に100万画素CCDカメラ (1kCCD) の開発が開始された。1997年からは後継に当たる400万画素CCDカメラ (2kCCD) と近赤外線カメラKONICが搭載され、電子処理されたデータに基づいてコンピュータで解析を行っている。これまで撮影された乾板の電子化はおおむね終了。

木曾観測所は本研究センターの研究施設であるが、大学共同利用施設として学外の観測者にも共同観測利用に付している。

研究[編集]

以下3分野の観測的研究を行っている。

電波天文学
東京天文台の野辺山地区(太陽電波観測所及び宇宙電波観測所)からの流れを汲む。現在は、国立天文台野辺山宇宙電波観測所ASTE望遠鏡の観測共同利用などによって銀河星形成、星間物理の研究を行っている。
銀河天文学
現在は、国立天文台ハワイ観測所の共同利用観測や、ビッグバン宇宙国際研究センターハワイに設置しているマグナム望遠鏡等を用いた観測研究を実施している。マグナム望遠鏡に関しては、学内共同利用の規定に基づきデータを共有して観測及び解析が行われている。(なお、マグナム望遠鏡に関しても、本研究室への利用申請に基づきデータの活用が可能である。)その他にも東京大学宇宙線研究所の研究プロジェクトも共同で実施。
恒星天文学
可視光赤外線の測光観測や分光観測によって恒星物理学の研究を実施。

観測運用施設[編集]

一般公開[編集]

  • 一般見学者は、国立天文台三鷹キャンパス特別公開の時のみ見学が可能。研究室公開や学生による各種イベントを開催している。
  • 木曽観測所は、「銀河学校」として高校生を対象にした教室を開催している。またサイエンス・パートナーシッププログラムの一環として「星の教室」と呼ばれる講座が中学高校生を対象として開催している。特別公開は8月上旬に実施しており、隣接する名古屋大学太陽地球環境研究所木曽太陽風観測所との共同開催。
  • 木曽観測所の一般見学は、年末年始を除いて、構内見学は自由。観測所の施設内は、ドーム観覧者室、展示室などの見学が、冬季(12月~3月)を除いて自由に可能。おおむね、午後0時~午後4時まで。夏季は、午後5時まで延長。

進学[編集]

天文学教育研究センターでは、東京大学理学部天文学科の学部学生と、東京大学大学院理学系研究科天文学専攻の大学院生を受け入れている。

所在地[編集]

附属天体観測施設[編集]

国内運用施設[編集]

交通:木曽福島駅または、上松駅下車、タクシーで約30分。バスで、木曽福島駅から「橋渡」下車、約6Km。上松駅から、「焼笹」下車、約5Km

国外運用施設[編集]

施設概要[編集]

  • 木曽観測所は、現在名古屋大学大学院附属太陽地球環境研究所と共同運用を行っている。天体観測施設として、天体現象の撮像データを収集することで、天体物理学分野のデータを提供している。
  • VST-1 は、口径60cmのサブミリ波電波望遠鏡である。最大の目的は、星間分子の中でも特徴的に多い、一酸化炭素 (CO) 分子の放つ電波を精密に観測することで、星間物理を解明することである。
  • マグナム望遠鏡は、活動銀河核の突発現象をサーベイ観測することを目的としている。
  • アタカマ天文台は、南天での光赤外観測を行う観測施設として企画され、運用準備に入った施設である。

関連項目[編集]

研究組織[編集]

次期プロジェクトとして推進中の観測所[編集]

その他[編集]

民間企業である、ナノオプトニクス研究所の東京事業所が産学連携オフィスとして、本研究センター内に入居し[3]、地球大気中の二酸化炭素の出す吸収線を測定する中間赤外線分光器を製作している。これはアタカマ天文台のパイロット望遠鏡であるmini-TAO1m望遠鏡に装備される予定である。

脚注[編集]

  1. ^ 研究成果などは、プラネタリウム番組用の画像データや放送番組用の計算データとして、また画像などは天体科学出版社および日本天文学会編による現代の天文学用の写真資料など
  2. ^ 有人運用及び遠隔運用を目指して、準備を進めている。
  3. ^ 株式会社ナノオプトニクス研究所 会社概要

外部リンク[編集]