本郷 (文京区)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本 > 東京都 > 文京区 > 本郷
本郷
—  町丁  —
東京地下鉄本郷三丁目駅
本郷の位置(東京23区内)
本郷
本郷
座標: 北緯35度42分30秒 東経139度45分30秒 / 北緯35.70833度 東経139.75833度 / 35.70833; 139.75833
Flag of Japan.svg 日本
都道府県 東京都
特別区 文京区
地域 本郷地域
人口 (2007年10月1日現在)
 - 計 16,938人
等時帯 JST (UTC+9)
郵便番号 113-0033

本郷(ほんごう)は、東京都文京区町名[1]。現行行政地名は本郷一丁目から本郷七丁目。居住人口は、16,938人(2007年10月1日現在)。郵便番号は113-0033。

地理[編集]

文京区南東部に位置する菱形の地区で中央を南北に本郷通り、東西に春日通りが走る。中央には拠点駅である本郷三丁目駅がある。本郷通りが尾根となり、緩やかな台地(本郷台)になっている。南は外濠御茶ノ水)に面し東は湯島、西は後楽に接する。旧東京市には本郷区があったが、1947年小石川区と合併して文京区になった。

日本屈指の文教地区である。中央の本郷三丁目駅から南部は商業(医療機器など)・病院地区、北西部は商業(出版業)・住宅地区であり、北東部には東京大学本郷キャンパスがある。一帯に出版社・研究所その他関連施設が多く、在住する学者が多い。他方、南部は秋葉原と連結し近時IT産業が興隆している。

地価[編集]

住宅地の地価は2014年平成26年)1月1日に公表された公示地価によれば本郷1-28-3の地点で114万円/m2となっている。

歴史[編集]

「本郷も かねやすまでは 江戸のうち」のプレート(かねやす店頭)。

湯島郷の中に集落が出来た事に由来し湯島の中心地であったために湯島本郷とよばれていたのが、室町時代から戦国時代に本郷と呼ばれるようになる。町屋として早い時期から開け区域内には本郷以外に弓町、元町、真砂町、金助町、菊坂町、本富士町などがあった。明治から昭和にかけて夏目漱石坪内逍遥樋口一葉二葉亭四迷正岡子規宮沢賢治川端康成石川啄木など多くの文人が居を構えた。1878年東京15区の一つとして本郷区が成立。

1965年4月1日住居表示実施。本郷一-六丁目・元町一-二丁目・弓町一-二丁目・真砂町・本富士町・菊坂町・春木町一-三丁目・金助町・台町・湯島六丁目の全部に、湯島五丁目と森川町のほぼ全部・春日町二丁目・田町・龍岡町・湯島両門町の各一部をあわせた町域を一-七丁目に分けて現行の「本郷」となった。

現在の本郷三丁目交差点角に店を構える「かねやす」は1735年歯科医兼康祐悦が乳香散という歯磨き粉を売る店として開店してから小間物屋として現代まで営業を続けており、1730年の大火の再興の際大岡忠相がここ以南の江戸城に近い側を土蔵造りの塗屋にすることを命じたためこれを指して「本郷も かねやすまでは 江戸のうち」という川柳が残されている。この句は「かねやす」開店当時(当時は「兼康」。元祖争いがあり、町奉行によりひらがなで書くこととする裁定がくだる)の江戸町奉行所の管轄範囲の北限も示しており、ここまでがいわゆる「江戸」であった(なお、最終的な町奉行の管轄範囲は1818年に「墨引」として明確化され、北限は現在の駒込駅付近まで拡大している)。そのほか、江戸時代明治時代から営業を続ける老舗が今も多く残っている。

交通[編集]

鉄道[編集]

道路[編集]

施設[編集]

現存しない施設[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『角川日本地名大辞典 13 東京都』、角川書店、1991年再版、PP991-993

外部リンク[編集]