根津

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本 > 東京都 > 文京区 > 根津

根津(ねづ)は、東京都文京区町名[1]。現行行政地名は根津一丁目及び根津二丁目。2007年10月1日現在の居住人口は5,555人。郵便番号は113-0031。

地理[編集]

根津神社東京メトロ千代田線根津駅が所在する。

愛称[編集]

台東区谷中、文京区の根津と千駄木付近の下町情緒あふれる地域を、谷根千(やねせん)と愛称する。

歴史[編集]

町域の元は根津神社(旧名・根津権現)と門前徳川綱重の屋敷地で、綱重の屋敷地は後に旗本の居宅街となった。門前にできた岡場所根津遊廓と呼ばれ栄えたが、明治時代になり東京帝国大学の近くにあることが問題視され、1888年に遊郭群が洲崎へ強制移転させられ色町としての街は消滅している[2]1965年昭和40年)4月1日住居表示実施。根津須賀町、根津清水町、根津藍染町、根津片町、根津八重垣町、根津宮永町、根津西須賀町の全部に向ヶ丘弥生町の一部をあわせた町域を1-2丁目に分けて現行の「根津」となった。

地名の由来[編集]

地形由来と神社由来に分かれる。

神社由来説は、もともと駒込千駄木の団子坂上に位置していた根津神社が徳川家宣産土神とされたことから、宝永3年(1706年)に現在地である元・甲州藩下屋敷の地に遷座され、以降この一帯が「根津」と呼称されることになった、とするもの。なお、「根津」の由来も諸説あり、「不寝(ねず)権現」(寝ずに神々の番をする神)、「鼠(ねず)」(祭神の一つである大国主神使)から来ているとも、ヤマトタケルが根津神社を創建した際に「ここは国の根、国の津たり」と語ったからだともされる。

一方の地形由来説によれば、その名は古く、忍が岡、向ヶ岡と海との付け根の位置にあり、船着場であったことから港の意味を持つ「津」をあわせ地名になったといわれる。『本郷区史』でも諸説紹介した上で、神社由来説ではなく、本説をもっとも妥当な説としている。

読み方であるが、頭にアクセントをおいた「づ」と周辺では発音されており、この読みが正しい。根津駅の車内放送もこれに則っている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『角川日本地名大辞典 13 東京都』、角川書店、1991年再版、P991
  2. ^ 石川雄一郎 (1991年). さまよえる埋立地. 農山漁村文化協会. p. 52ページ. ISBN 4-540-91071-x. 

外部リンク[編集]