東京大学史料編纂所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
東京大学 > 東京大学史料編纂所

東京大学史料編纂所(とうきょうだいがくしりょうへんさんじょ、英称:Historiographical Institute, the University of Tokyo)は、東京大学の附置研究所の一つであり、日本史に関する史料の編纂と刊行を行っている。

沿革[編集]

史料編纂所の起源は、1793年寛政5年)に開設された塙保己一和学講談所とされる。明治維新後、史料編輯国史校正局、大学校国史編輯局、太政官歴史課、臨時修史局などと変遷している。

1888年明治21年)、帝国大学(現・東京大学)に修史事業が移管されるが、のちに編年史の編纂は中止と決まり、代わって蒐集した史料自体を編纂、刊行することになり、1895年(明治28年)文科大学(現・文学部)に史料編纂掛が設置される。1901年(明治34年)に「大日本史料」「大日本古文書」の刊行を開始、現在まで事業が続けられている。1929年昭和4年)に史料編纂所と改称。

戦後は、1950年4月に文学部から独立し、1954年より教授助教授(現在は准教授)・助手(現在は助教)の教官制となった。

組織[編集]

現在の編纂所は研究部、図書部、史料保存技術室、事務部から構成されており、研究部は、古代史料部門(古代から鎌倉時代の末)、中世史料部門(建武の新政・1333年から江戸幕府成立・1603年)、近世史料部門(江戸幕府の成立から廃藩置県 1871年)、古文書(武家文書と寺社文書)・古記録部門(朝廷貴族の日記)、特殊史料部門(史料学、歴史地理、日本関係海外史料、外国関係日本史料)の5部門がある。

また、附属施設として画像史料解析センターと前近代日本史情報国際センターを持つ。

所在地[編集]

東京大学本郷キャンパス内の赤門そばに所在する。

刊行史料[編集]

(正倉院文書、東大寺文書、高野山文書、浅野家文書など)
  • 「幕末外国関係文書」1910~刊行
大日本古文書の一つ
  • 「大日本維新史料」1938~刊行
1846年孝明天皇から1871年廃藩置県までの史料集
御堂関白記新井白石日記、小右記言経卿記中右記斎藤月岑日記など
  • 「大日本近世史料』1953~刊行
上田藩村明細帳、近藤重蔵蝦夷地関係史料、市中取締類集など
  • 「日本関係海外史料」(欧文)1974~刊行
海外にある日本関係史料のマイクロフィルムを目録化したもの(オランダポルトガルスペインイタリアイギリスアメリカドイツフランスメキシコインドインドネシアなど)

指定文化財[編集]

元暦二年八月十七日源頼朝下文(島津家文書のうち)
南無阿弥陀仏作善集(部分)
薩摩国伊作庄日置北郷下地中分絵図

国宝[編集]

  • 島津家文書(15,133通) 848巻、752帖、2,689冊、2幅、4,908通、160鋪、207枚 附:文書箱32合

重要文化財[編集]

  • 台記 1巻 古写本 仁平三年冬
  • 愚昧記 8巻(自筆本7、古写本1)附:目録並覚書等5巻
  • 後愚昧記 30巻 自筆本 附:写本1冊
  • 拾介抄 1巻
  • 和歌真字序集 1巻
  • 南無阿弥陀仏作善集 1巻
  • 近藤重蔵関係資料 著述稿本類77点、文書・記録類149点、書状類74点、考証資料類426点、地図・絵図類34点
  • 薩摩国伊作庄日置北郷下地中分絵図 1幅
  • 薩藩旧記雑録 362冊
  • 実隆公記 106巻、1帖、44冊、1紙
  • 台明寺文書 7巻(178通)
  • 上井覚謙日記 27冊 附:伊勢守心得書1冊、天正四年正月中御規式之日帳1冊
  • 江戸幕府儒官林家資料 文書・記録類274点、著述類437点、典籍類331点、絵画・器物類120点 附:林昇関係資料784点
  • 二階堂家文書 48巻、27冊(476通)附:文書箱3合
  • 比志島家文書 7巻

※東京大学保管の重要文化財については、東京大学総合研究博物館の項も参照のこと。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯35度42分39.5秒 東経139度45分38.2秒 / 北緯35.710972度 東経139.760611度 / 35.710972; 139.760611