東北大学電気通信研究所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
東北大学 > 東北大学電気通信研究所

東北大学電気通信研究所(とうほくだいがくでんきつうしんけんきゅうしょ、: Research Institute for Electrical Communication, RIEC)は、国立大学法人東北大学の附置研究所の1つである。同大片平キャンパス内に所在する。所在地は、宮城県仙台市青葉区片平2丁目1。

概要[編集]

1919年東北帝国大学工学部の発足とともに電気工学科が設置され活動を開始したが、当時の電気工学の主流がいわゆる強電と呼ばれる電力工学にあったところを、東北帝大では電気による信号の伝達を中心とする弱電を主なテーマとして研究に取り組んだ。

ここから八木・宇田アンテナをはじめとする成果が得られ、これを契機に電気を用いた通信に関する研究する機運が起こる。この流れを組織的に担保するため、当時教授であった八木秀次が中心となって本研究所の設立が構想された。

1935年、「電気通信に関する学理及びその応用の研究」を目的として本研究所が設立された。当初は建物・設備は独自のものは持たず、工学部電気工学科と共用されていた。研究教育活動においても学生の卒業研究、教官による講義の担当など工学部電気工学科と一体化して運営された。この方針は後に本研究所、工学部電気工学科ともに組織の発展・拡充を経た今日まで受け継がれており、東北大学の電気・情報系研究グループとして組織だった研究教育活動が行われている。

1994年全国共同利用研究所に転換され、この時に研究所の設立目的を「高密度及び高次の情報通信に関する学理並びにその応用の研究」に改めている。

沿革[編集]

施設整備[編集]

  • 1930年 本研究所設立。施設は工学部電気工学科内に置かれた。
  • 1956年 研究所独自の研究棟(後に選鉱精錬研究所に移管され、現多元物質科学研究所)が建設される。
  • 1963年 1号館S棟が新築され、移転する。
  • 1966年 工学部電子工学科の青葉山移転により、1号館N棟が加わる。
  • 1969年 工業要員養成所の廃止により、2号館が加わる(W棟)。
  • 1986年 超微細電子回路実験施設(スーパークリーンルーム棟)が竣工。
  • 1996年 超高密度・高速知能システム実験施設の新実験棟が竣工する。
  • 2002年 附属二十一世紀情報通信研究開発センターを開設。
  • 2004年 ナノ・スピン総合研究棟が竣工。

研究トピック[編集]

分割陽極型マグネトロン[編集]

本研究所設立以前の成果であるが、開発の端緒となったマグネトロンが本研究所に受け継がれている。本装置は国立科学博物館が定める重要科学技術史資料(第1回選定、2008年)に選ばれている。

光通信[編集]

光通信の三要素(発光素子、光伝送路、受光素子)は本研究所で発明された成果である。

磁気記録[編集]

1938年に永井健三五十嵐悌二によって交流バイアス方式、1977年に岩崎俊一によって垂直磁気記録方式が開発された。

クリーンルーム技術[編集]

空調、ガス供給、純水供給の要素技術を開発した。本研究所附属超微細電子回路実験施設はその集大成であり、クラス0.6のクリーン度を記録した。

NRDガイド[編集]

電磁波伝送路としての導波管の研究の発展・延長として、誘電体を金属板ではさんだNRDガイドが発明された。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]