玉川大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
玉川大学
Tamagawauniv.jpg
大学設置 1947年
創立 1929年
学校種別 私立
設置者 学校法人玉川学園
本部所在地 東京都町田市玉川学園六丁目1番1号
学部 文学部
農学部
工学部
経営学部
教育学部
芸術学部
リベラルアーツ学部
観光学部
通信教育部
研究科 文学研究科
農学研究科
工学研究科
マネジメント研究科
教育学研究科
脳情報研究科
ウェブサイト 玉川大学公式サイト
テンプレートを表示

玉川大学(たまがわだいがく、英語: Tamagawa University)は、東京都町田市玉川学園六丁目1番1号に本部を置く日本私立大学である。1947年に設置された。大学の略称は玉川大、玉大(たまだい)。 日本私立大学協会会員校、大学基準協会正会員校、財団法人私立大学通信教育協会加盟校、首都圏西部大学単位互換協定会協定校、相模原・町田大学地域コンソーシアム(さがまちコンソーシアム)加盟校、横浜市青葉区内六大学連携協定校、麻生区・6大学公学協働ネットワーク協定校、学術・文化・産業ネットワーク多摩加盟校。

概要[編集]

経営・教育信条[編集]

経営主体は学校法人玉川学園であり、幼稚園から大学院までを擁する総合学園の高等教育部門と位置づけられている。

創立者は小原國芳であり、彼の唱えた全人教育を教育信条に掲げている。特に國芳が存命中の卒業生には彼の人格を尊敬する人が多い。

学長職は、第3代以降、創立者一族による世襲である。初代学長は元東京文理科大学(現・筑波大学)教授の田中寛一、第2代は京都帝国大学文学部宗教学講座での小原の恩師波多野精一。第3代が小原國芳(晩年は総長)であり、第4代は國芳の子・小原哲郎(晩年は名誉総長)、第5代(現在)は哲郎の子・小原芳明である。本学の年配の教職員には、存命中の國芳の教育理念に共感する玉川学園出身者が多く、小原家の世襲に対する反対運動はほとんどない。

施設[編集]

キャンパスは、東京都町田市玉川学園(キャンパスの7割程度)、神奈川県川崎市麻生区岡上(農学部)、横浜市青葉区奈良町(工学部、中・高)の3市にまたがり、敷地面積は59万m²におよぶ。詳しくは施設については、学校法人玉川学園を参照のこと。

校外施設は主に農学部の農場・実習林用地として、箱根(神奈川県箱根町)約77万m²、北海道(北海道弟子屈町)約122万m²、鹿児島(鹿児島県南さつま市坊津町)約10万m²、カナダ(カナダバンクーバー島ナナイモ市)約34万m²がある。カナダの玉川学園ナナイモキャンパスは、主に中学部カナダ研修や大学農学部研修で利用されている。

沿革[編集]

1929年(昭和4年)、創立者小原國芳により「全人教育」を第一の教育信条に掲げて開校された玉川学園を母体とする。

1947年に旧制玉川大学として開学。1949年には、旧制玉川大学と旧制玉川工業専門学校(1945年開設)を背景に新制大学に移行し、文学部と農学部を設置した。小原はかねてから大学設立を目指しており、本学設立以前の1942年にも学園内に半官立といえる興亜工業大学(現千葉工業大学)を誘致していたが、これは設立早々に転出してしまっていた。

1950年には通信教育部がスタートし、全人教育を広く社会に開放することや、当時全国の小学校に多くいた代用教員等の正規の教員免許を持たない現職教員に「小学校教員免許状」を取得可能とさせる全国初の課程として注目された。

1962年に工学部を設置し、しばらく3学部体制が続いていたが、2002年に経営学部、2003年に教育学部と芸術学部、2007年にリベラルアーツ学部、2013年に観光学部を開設し、法学系、医療系の学部や学科はないが、文系・理系を擁する総合大学に成長した。

年表[編集]

  • 1929年 - 小原國芳らによって財団法人玉川学園設立。
  • 1939年 - 玉川塾(専門部)設置。
  • 1945年 - 玉川工業専門学校設置。
  • 1947年 - 大学令によって旧制大学として最後の設置認可(ただし旧制医学専門学校からの昇格を除く)。予科、文農学部文学科・農政学科、研究科を設置。ただし、実際に学生が入学したのは予科のみの段階で、学制改革を迎えた。学長は田中寛一(心理学)。
  • 1949年 - 新制玉川大学を設置。文学部教育学科、英米文学科と農学部農学科を設置。玉川工業専門学校廃止。学長は田中寛一(心理学)、次いで波多野精一(宗教哲学)。小原國芳の学長就任は1952年。
  • 1950年 - 全人教育を広く社会に開放することを目的として、通信教育部を設置(文学部教育学科)。日本で初の通信制による「小学校教員免許状」取得可能な課程として注目された。
  • 1951年 - 財団法人から学校法人へ移行。
  • 1955年 - 旧制玉川大学廃止。
  • 1962年 - 工学部を開設。機械工学科、電子工学科、経営工学科の3学科。
  • 1964年 - 文学部に芸術学科、農学部に農芸化学科を開設。
  • 1965年 - 玉川学園女子短期大学を設置。教養科の1学科。
  • 1967年 - 大学院工学研究科修士課程を開設。機械工学専攻、電子工学専攻の2専攻。玉川学園女子短期大学に保育科を開設。
  • 1971年 - 大学院文学研究科修士課程を開設。教育学専攻の1専攻。
  • 1972年 - 文学部に外国語学科、工学部に情報通信工学科を開設。大学院文学研究科に英文学専攻修士課程、工学研究科電子工学専攻博士課程を開設。
  • 1973年 - 大学院文学研究科に教育学専攻博士課程を開設。
  • 1977年 - 大学院農学研究科修士課程を開設。資源生物学専攻の1専攻。
  • 1979年 - 大学院農学研究科博士課程を開設。資源生物学専攻の1専攻。大学に専攻科(芸術専攻科芸術専攻)を開設。
  • 1980年 - 大学院工学研究科に生産開発工学専攻博士課程を開設。
  • 1983年 - 大学院工学研究科の電子工学専攻博士課程を廃止。
  • 1984年 - 玉川学園女子短期大学の保育科を幼児教育科に改称。
  • 1994年 - 学術研究所を開設。玉川学園女子短期大学に専攻科教養専攻を開設。
  • 1995年 - 大学院工学研究科の電子工学専攻修士課程を電子情報工学専攻修士課程に改称。
  • 2001年 - 経営学部国際経営学科を開設。農学部の農学科を生物資源学科、農芸化学科を応用生物化学科と改称。
  • 2002年 - 文学部教育学科をもとに教育学部を、文学部芸術学科をもとに芸術学部を開設。教育学部に教育学科を、芸術学部にパフォーミング・アーツ学科、ビジュアル・アーツ学科をおく。また、文学部に人間学科、国際言語文化学科を開設。通信教育部の文学部教育学科は教育学部教育学科に改組。
  • 2003年 - 玉川学園女子短期大学を4年制に転換して、教養科を母体に文学部にリベラルアーツ学科、幼児教育科を母体に教育学部に乳幼児発達学科を開設。
  • 2004年 - 工学部機械工学科を機械システム学科、電子工学科を知能情報システム学科、情報通信工学科をメディアネットワーク学科、経営工学科をマネジメントサイエンス学科に改称・改組。知能能情報システム学科に人間情報科学コースを設置。玉川学園女子短期大学を廃止。
  • 2005年 - 農学部を改組し、生物環境システム学科、生命化学科を開設。大学院マネジメント研究科修士課程を開設。マネジメント専攻の1専攻。農学部の農芸化学科廃止、農学科を廃止。
  • 2006年 - 文学部の教育学科、英米文学科、外国語学科、芸術学科を廃止。文学部に比較文化学科を、芸術学部にメディア・アーツ学科を開設。工学部知能情報システム学科の人間情報科学コース(コース別入試含む)を廃止。大学院文学研究科に哲学専攻修士課程、教育学研究科教育学専攻修士課程を開設。
  • 2007年 - 大学院文学研究科の教育学専攻修士課程を廃止。工学研究科に脳情報専攻、システム科学専攻博士課程後期を開設。リベラルアーツ学部リベラルアーツ学科を開設。経営学部に観光経営学科を開設。脳科学研究所を開設。
  • 2008年 - 工学部の機械工学科、電子工学科、経営工学科を廃止。工学部機械システム学科と知能情報システム学科を機械情報システム学科、メディアネットワーク学科をソフトウェアサイエンス学科に改組。大学院教育学研究科に教職専攻専門職学位課程(教職大学院)を開設。
  • 2009年 - 工学部の情報通信工学科を廃止。大学院文学研究科の教育学専攻博士課程後期、工学研究科の生産開発工学専攻博士課程後期を廃止。
  • 2010年 - 大学院文学研究科に人間学専攻、英語教育専攻修士課程を開設。大学院脳情報研究科博士課程後期を開設。脳情報専攻の1専攻。農学部応用生物化学科、文学部リベラルアーツ学科を廃止。
  • 2011年 - 大学院文学研究科の哲学専攻修士課程、英文学専攻修士課程を廃止。量子情報科学研究所を開設。
  • 2012年 - 通信教育部の文学部教育学科を廃止。大学院工学研究科の脳情報専攻博士課程後期を廃止。文学部の国際言語文化学科を廃止。
  • 2013年 - 観光学部観光学科を開設。工学部の機械システム学科、メディアネットワーク学科を廃止。
  • 2014年 - 大学院脳情報研究科脳情報専攻博士課程後期を、大学院脳科学研究科心の科学専攻修士課程・脳科学専攻博士課程後期に改組(予定)。芸術学部メディア・アーツ学科、ビジュアル・アーツ学科をメディア・デザイン学科と芸術教育学科に改組(予定)。

基礎データ[編集]

シンボル[編集]

スクールカラーは紺。校章は、円(=玉)の中に縦棒が3本(=川)が入ったもので、校名「玉川」を表している。校旗は、紺の地に白の校章を配したもの。校歌は、田尾一一作詞・岡本敏明作曲。

教育および研究[編集]

組織[編集]

(*印付きの組織は、学部・学科、大学院専攻等の改組に伴い新規学生募集停止。当該学科、専攻の在学者がいなくなり次第廃止予定)

学部・学科[編集]

大学院[編集]

文学、農学、工学、マネジメント、教育学研究科(修士課程)により、学際領域プログラムとして人間情報科学を設置

専攻科[編集]

  • 芸術専攻科
    • 芸術専攻

附置機関(研究所ほか)[編集]

  • 図書館
  • 教育博物館 - 第一展示室には日本教育史と小原國芳関連資料等を展示、第二展示室には美術資料(絵画・彫刻)等を展示
  • 学術研究所
    • K-16一貫教育研究センター
    • ミツバチ科学研究センター
    • 生物機能開発研究センター
    • 菌学応用研究センター
    • 人文科学研究センター
    • 心の教育実践センター
  • 脳科学研究所
    • 基礎脳科学研究センター
    • 応用脳科学研究センター
  • 量子情報科学研究所
    • 量子情報科学研究センター
    • 超高速量子通信研究センター
  • 継続学習センター - 社会人向けの公開講座(有料)を運営している。楽天市場に申し込みのための店舗を持つ。
  • 学士課程教育センター
  • 教師教育リサーチセンター
  • eエデュケーションセンター
  • 国際教育センター

研究[編集]

COE、GPの採択[編集]

ロボット研究[編集]

2006年度から工学部に設置されたロボット工房を中心にロボカップに参加している。アイボリーグで世界大会出場の経験のある岡田浩之(工学部教授)が中心になり実績を挙げる。2008年度のロボカップ世界大会においてロボカップ@ホームリーグで世界一に輝く。ロボカップジャパンオープンでは2008年度より3年連続で優勝を継続中。 2010年度世界大会(シンガポール)では2度目の世界一に輝く。 知能ロボットの研究は脳科学研究所を中心して行われており、岡田浩之(工学部教授)の赤ちゃん研究を応用したユニークで他大学には無い特色をもつ。

学生生活[編集]

学風[編集]

現在の在籍者数は通信生も含め1万5千名ほどである。内部では、小学部から大学まで玉川の生徒である者は「純玉」、幼稚部から大学まで玉川の生徒である者は「完玉」と呼ばれ、お嬢さま、お坊ちゃまの代名詞となっている。

創立者である小原國芳は、教育における宗教的情操・感化を重視して学園を創設したため、キャンパス内にはチャペル礼拝堂があり、教育の一環として礼拝の時間もある(大学1年次に必修)。通信教育部の夏期スクーリングにおいても、朝の授業前に各期ごとに1回、全3期通じて計3回行われている。2000年に新設されたチャペルには、礼拝堂にあった辻オルガン(1978年製)が移設されている(礼拝堂にあるパイプオルガンは、アメリカ・シカゴのキンボール社製で、1931年設置)。

なお、キリストの教えに従うことは学則第1条にも謳われているが、特定の教会と結びついたミッションスクールではない。小原國芳自身はクリスチャンであったが、宗教観・情操の面で良いものは良く、尊いものは尊いとして他の宗教も大いに尊重し、この姿勢は現在の学園にも受け継がれている。

また、小原國芳は「服装は人格を宣言する」と唱え、身なりも玉川学園における教育の一環とした。そのため、公式行事などでは、男子はダークスーツを着用し、校章をつけることが定められており、これは伝統的に「第一装」と呼ばれる。以前は、色も紺の背広と紺のネクタイと指定され、さらに大学創立時にはこれが制服(毎日着用)であった。女子については、自己に相応しい服装を自ら考え、TPOに応じた服装のセンスを磨くことを重視し、併設の下級学校を含め、開校当初から制服等は設けていない(小原國芳全集第14巻312頁参照)。したがって女子学生の第一装については、「男子の第一装に見合う清楚な服装」と定めるにとどまる。「学生生活規定」では、これ以外に学内外での生活の心構えも記されている。

行事[編集]

学校行事も教育活動の一環ととらえられており、10月に行われる総合体育祭では学園幼稚部から大学教育学部の1年生までの数千名が参加する。目玉は創立以来続く中学部や大学生によるマスゲームである。以前は、大学生の体育祭参加は、大学1年次の必修科目である体育の一部であった。

大学祭は「コスモス祭」と呼ばれ、体育会・文化会による課外活動展と農学部収穫祭他の各学部展からなる。コスモス祭は体育祭と異なり学生主体の企画で行われるイベントではあるが、学部によっては全学生の当日参加が義務づけられたり、幹部教職員を伴う学長の見学が優先されるなど、大学の教育行事としての側面が強い。

大学1年では音楽も必修科目であり、例年12月に立正佼成会普門館において大学1年生全員による音楽祭が開催され、ベートーベン第九を合唱する。これとは別に、毎年12月頭には、玉川大学が主催して、芸術学部学生らで構成される管弦楽団と合唱団による第九特別演奏会をサントリーホールで開催しており、その歴史も長い。

音楽を大切にする教育の伝統は通信教育部でも引き継がれており、やはり音楽は必修科目である(卒業希望者のみ)。夏期スクーリング中盤で行われる運動会「通大祭」や、最終日の授業終了後に行われる閉講式「丘の終鈴」をはじめとする各種行事では、学生歌・校歌の他、玉川学園児童の作による曲も多く歌われる。

その他[編集]

学費が高額であり、高級住宅地に所在するため、お坊ちゃま・お嬢様が通う学校とも言われている。大学の授業料も、ほとんどの学部で上位にランキングされている。

授業時間割は、1コマ50分で組まれている。ただし、ほとんどの科目では、2コマ連続の1〜2、3〜4、5〜6、7〜8、9〜10時限をセットにし、100分間の授業時間が割り当てられる。時間割に昼休みはなく、学生は各自の空き時間に休みをとることになっている。また、履修期間は半年(セメスター)を1期としており、週2コマ(100分)の講義を1セメスター(15回)履修すると2単位となる。1セメスターあたりの履修単位数は、2012年度入学生までは上限20単位、2013年度入学生からは16単位までである(一部例外科目あり)。学業成績ではGPAが重視されており、一定以上のGPAが卒業条件になっている。

入学年度から卒業年度までクラス担任制をとっているため、個々の学生に対する学習面・進路面での教員からのサポートはきめ細かい。しかし、生活に関する指導が行われることも多く、これが肌に合わない学生もいる。

「教育の玉川」をうたっている。特に日本で初めて通信教育による教職課程を設置し、戦後の代用教員や大学既卒者の教員免許取得を支援したため、小学校教員の中では大きな勢力となっている。

大学生協は設置されていないが、玉川学園購買部(紀伊国屋書店に業務委託)において文具・書籍等を割引価格で購入することが可能である。ここでは、農学部の実習(ミツバチおよび乳牛飼育)によって開発された「たまがわはちみつ」と「たまがわアイスクリーム」も販売している。食堂はキャンパス内に4ヶ所あり、コンビニエンスストア生活彩家の店舗もある。

学生の集会および看板の設置は許可制となっており、大学の方針によって学生自治会も許可されていない。したがって公式な学生運動に類する活動は不可能とされる。この学生運動を規制するこの規則をもって「お坊ちゃん大学の象徴」などと唱える者もいる。また、このため学生側が大学側に直接意見を主張する手段はほとんどない。なお、通信教育部には学生会が存在し、大学側との「懇談の場」と位置付けられている。

大学関係者と組織[編集]

関連組織[編集]

  • 玉川大学出版部 - 教職員らが執筆する論説集や学生向け教科書のほか、教育学を中心とする書籍を数多く出版している。

大学関係者[編集]

対外関係[編集]

国際・学術交流協定校[編集]

通信教育部 協定校[編集]

以下の大学の在学生は学内での選考により、玉川大学通信教育部の科目等履修生として小学校教員免許に関する科目を併修できる。

就職状況・卒業後進路[編集]

  • 就職決定率(=就職決定者÷就職希望者)は、大学全体で男子96.8%、女子96.7%。(2005年度)
    学部別では、文学部94.4%・農学部98.8%・工学部99.3%・経営学部95.9%・教育学部98.0%・芸術学部91.1%。(2005年度)

その他[編集]

  • 2007年1月、平成19年度一般入試出願期間において、神奈川朝鮮中高級学校3年の男子生徒が農学部受験を出願しようとしたところ、大学側は「各種学校である朝鮮学校の卒業見込は出願資格にならない」として拒否し、出願には文部科学省による高卒認定試験の合格が条件であるとした。これに対して生徒側が弁護団とともに本学へ乗り込んで抗議し、注目を集めた。日本全国から本学入試課への電話での賞賛の声や抗議も殺到したが、結局出願は認められなかった。
    参考:玉川大学の入学有資格者 1.〔学校教育法の第1条にいう〕高等学校又は中等教育学校の卒業者 2.通常の課程による12年の学校教育の修了者(含 通常の課程以外のこれに相当する学校教育の修了者)〔旧制学校の卒業・修了者等を対象?〕 3.外国において学校教育における12年の課程の修了者又はこれに準ずる〔インターナショナルバカロレア等による?〕者で文部科学大臣の指定した者 4.文部科学大臣が高等学校の課程と同等の課程を有するものとして認定した在外教育施設〔海外の日本人学校等〕の当該課程修了者 5.専修学校の高等課程(修業年限3年以上ほか文部科学大臣が定める基準を満たすものに限る) 6.文部科学大臣の指定した者 7.高等学校卒業程度認定試験合格者(含 旧大検合格者)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]