瓦版

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

瓦版(かわらばん)は、江戸時代天変地異大火心中など時事性の高いニュースを速報性を以って伝えた情報紙のこと。

妖怪出現など(例として大猫参照)、娯楽志向のガセネタもある。街頭で読み上げながら売り歩いたことから、読売讀賣)ともいう。木版摺りが一般的。また、多くは一枚摺り。絵入りのものなどもあり、幕末期には多く出版された。明治初期までは出版される事があったというが、その後は新聞の登場などにより衰退した。現存する最古の瓦版は大坂の陣を記事としたものである。

瓦版の語源は以下のように諸説あるがはっきりしていない。

  • 粘土板を用いて刷ったかのような粗悪な出来栄えである
  • 紙の大きさがと同じくらいである
  • 河原者が作った

現在では、掲示板の意で用いられることもある。

関連項目[編集]