国際数学者会議

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

国際数学者会議(こくさいすうがくしゃかいぎ、International Congress of Mathematicians、ICM)は数学界最大の会合であり、4年に一度、国際数学連合の主催により行われる。

第1回会議は1897年スイスチューリッヒで行われた。1900年の会議では、ヒルベルトが興味のある問題として23の未解決問題を発表したことが20世紀の数学界に影響を与えた。今日では、それらの問題はヒルベルトの23の問題と呼ばれる。

開会式では、フィールズ賞ネヴァンリンナ賞ガウス賞陳省身賞 (Chern Medal) が授与される。会議ごとに、招待講演に基づく学術的な論文を含む議事録(プロシーディングス)が刊行される。

1998年の会議には3,346人が参加した。会議中には、会議の主催者により選ばれた著名な数学者による21の1時間の全体講演と、169の45分間の招待講演が行われた。さらに、参加者による各15分間の発表が行われた。アメリカ数学会は、2006年の会議の参加者は4,500人を超えたと発表した。2014年の会議は韓国ソウルで開かれた。

会議一覧[編集]

開催年 都市
1897年 チューリッヒ スイスの旗 スイス
1900年 パリ フランスの旗 フランス
1904年 ハイデルベルク ドイツの旗 ドイツ帝国
1908年 ローマ イタリアの旗 イタリア
1912年 ケンブリッジ イギリスの旗 イギリス
1920年 ストラスブール フランスの旗 フランス
1924年 トロント カナダの旗 カナダ
1928年 ボローニャ イタリアの旗 イタリア
1932年 チューリッヒ スイスの旗 スイス
1936年 オスロ ノルウェーの旗 ノルウェー
1950年 ケンブリッジ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
1954年 アムステルダム オランダの旗 オランダ
1958年 エディンバラ イギリスの旗 イギリス
1962年 ストックホルム スウェーデンの旗 スウェーデン
1966年 モスクワ ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
1970年 ニース フランスの旗 フランス
1974年 バンクーバー カナダの旗 カナダ
1978年 ヘルシンキ フィンランドの旗 フィンランド
1982年(実際は1983年開催) ワルシャワ ポーランドの旗 ポーランド
1986年 バークレー アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
1990年 京都 日本の旗 日本
1994年 チューリッヒ スイスの旗 スイス
1998年 ベルリン ドイツの旗 ドイツ
2002年 北京 中華人民共和国の旗 中国
2006年 マドリード スペインの旗 スペイン
2010年 ハイデラバード インドの旗 インド
2014年 ソウル 韓国の旗 韓国
2018年(予定) リオデジャネイロ ブラジルの旗 ブラジル

日本人の全体講演者・招待講演者[編集]

1897年に国際数学者会議が始まって以来、日本人の全体講演者は、伊原康隆角谷静夫柏原正樹加藤和也佐藤幹夫中島啓深谷賢治三輪哲二望月拓郎[1]森重文の10人のみである。全体講演者ではないが、志村五郎は招待講演者として4度、広中平祐岩澤健吉荒木不二洋は招待講演者としてそれぞれ2度、小平邦彦は招待講演者として1度招聘されている[2]。一方、アメリカの大学の研究者で2014年の国際数学者会議に招聘された全体講演者は10人である[3]プリンストン大学の現・数学科教授28人中26人(約93%)[4]東京大学大学院数理科学研究科理学部数学科の現・教授28人中9人(約35%)[5]が国際数学者会議の全体講演者または招待講演者であり、国際数学者会議の全体講演または招待講演は一流数学者の証と言える。

親子で講演者として招聘されているのは、1962年のストックホルムでの招待講演者の井草準一、その息子で1990年の京都での招待講演者の井草清(ブランダイス大学教授)がいる。

出典[編集]

  1. ^ http://www.nikkei.com/article/DGXNZO72178150T00C14A6TJM000/
  2. ^ http://www.mathunion.org/db/ICM/Speakers/SortedByLastname.php
  3. ^ http://www.icm2014.org/en/program/scientific/plenary
  4. ^ http://www.math.princeton.edu/directory/faculty
  5. ^ http://www.ms.u-tokyo.ac.jp/teacher/ichiran_gojyuon.html#ka
  6. ^ http://www.icm2014.org/en/program/scientific/plenary
  7. ^ http://www.icm2014.org/en/program/scientific/section
  8. ^ http://www.icm2010.in/scientific-program/invited-speakers
  9. ^ http://www.icm2010.in/scientific-program/invited-speakers
  10. ^ http://www.icm2006.org/scientificprogram/plenarylectures/
  11. ^ http://icm2006.org/v_f/web_fr.php?PagIni=2il
  12. ^ http://159.226.47.99:8080/B/Plenary.htm
  13. ^ http://159.226.47.99:8080/B/Invited_Speakers.htm#1
  14. ^ http://elib.zib.de/ICM98/B/2/
  15. ^ http://elib.zib.de/ICM98/B/3/
  16. ^ http://www.mathunion.org/db/ICM/Speakers/SortedByCongress.php
  17. ^ http://www.mathunion.org/db/ICM/Speakers/SortedByCongress.php
  18. ^ http://www.mathunion.org/db/ICM/Speakers/SortedByCongress.php
  19. ^ http://www.mathunion.org/db/ICM/Speakers/SortedByCongress.php
  20. ^ http://www.mathunion.org/db/ICM/Speakers/SortedByCongress.php
  21. ^ http://www.mathunion.org/db/ICM/Speakers/SortedByCongress.php
  22. ^ http://www.mathunion.org/db/ICM/Speakers/SortedByCongress.php
  23. ^ http://www.mathunion.org/db/ICM/Speakers/SortedByCongress.php

外部リンク[編集]