森田草平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
森田草平生誕地(岐阜市鷺山)

森田 草平(もりた そうへい、1881年明治14年)3月19日 - 1949年昭和24年)12月14日)は、作家翻訳家。本名森田 米松夏目漱石の門下生の一人であるが、特に私生活での不祥事が多かったことから、門下生の中では異色の存在として扱われることが多い。

経歴[編集]

岐阜県方県郡鷺山村(現・岐阜市)生まれ。攻玉社から日本中学校を経て第四高等学校に入学するが、女学生と恋愛問題を起こして退学処分を受ける。その後第一高等学校に入り直し、1906年(明治39年)に東京帝国大学英文科を卒業。

卒業後、岐阜に帰郷するが夏目漱石の『草枕』に感銘を受け妻子を郷里に置いて上京、漱石の元へ足繁く通う傍ら与謝野鉄幹が主宰する閨秀文学講座で講師を務める。この講座に聴講生として通っていた平塚らいてうと関係を持ち、1908年(明治41年)に栃木県塩原心中未遂事件を起こす。この心中未遂の後始末として、漱石の推薦で翌年小説煤煙』を朝日新聞に連載し、これが彼の文壇デビューとなる。

その後、野上豊一郎の紹介で1920年大正9年)に法政大学教授となる。しかし1934年(昭和9年)に法政大学の学内紛争から野上と対立し、関口存男(後に公職追放)らの右派の革新教授や卒業生と共謀、野上はじめ教授多数(中には漱石門下以来の友人の内田百もいた)を大学から追放したものの、結果翌年に自身も大学を去ることになる。

その後は『吉良家の人々』『細川ガラシヤ夫人』などの歴史小説を著す一方でイプセンドストエフスキーセルバンテスダヌンツィオボッカチオなどの翻訳を手がけた。

最晩年は日本共産党に入党し、話題をまいた。

著書[編集]

  • 扉 佐久良書房 1910
  • 初恋 春陽堂 1912
  • 十字街 春陽堂 1912
  • 煤煙 如山堂 1910-1913 のち岩波文庫、角川文庫
  • 女の一生 春陽堂 1913
  • 父と母と娘 日月社 1914
  • 車の音 塚原書店 1914
  • 踊 浜口書店 1914
  • 虚栄の女 春陽堂 1916
  • 捨児 白水社 1917
  • 文章道と漱石先生 春陽堂 1919
  • 輪廻 新潮社 1926
  • 吉良家の人々・四十八人目 改造社 1930
  • のんびりした話 大畑書店 1933
  • 一日の放楽 人文書院 1937
  • 豊臣秀吉 第1-2巻 改造社 1941-1942
  • 夏目漱石 正続 甲鳥書林 1942-1943 のち講談社学術文庫
  • 豊臣太閤 青少年のために書かれた史談 成徳書院 1944
  • 漱石の文学 東亜出版社 1946 のち現代教養文庫
  • 私の共産主義 新星社 1948
  • 漱石先生と私 東西出版社 1947-1948
  • 細川ガラシャ夫人 山川書店 1950 のち角川文庫
  • 森田草平選集 第1、4、5巻 理論社 1956

翻訳[編集]

関連人物[編集]

外部リンク[編集]