アレクサンドル・デュマ・フィス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アレクサンドル・デュマ・フィス

アレクサンドル・デュマ・フィス(Alexandre Dumas fils, 1824年7月27日 - 1895年11月27日)はフランス劇作家小説家。父(大デュマ)と区別するために「小デュマ」、またはフィス(息子)を付けて呼ばれる。小さな世界をしっとりと描くのが作風である。

生涯[編集]

同名の父アレクサンドル・デュマと縫製工の母マリー・カテリーヌ・バベの私生児として生まれた。1831年に認知され、できうる最高の教育を受けた。子供と引き離された母の苦悩や、青春期に受けた周囲からの偏見は、彼のその後の作風に大きく影響している。若い頃は父親の金で遊び呆けたものの、1844年暮れ、20歳の時に7人もの大金持ちのパトロンを持つ高級娼婦(クルチザンヌ 英語版マリー・デュプレシと出会い、恋に落ちた。マリーは間もなく病死するが、1848年2月、24歳の時に彼女との思い出を小説『椿姫』として書き上げて出版し、これがデュマの代表作となった。1849年、勧めに従い1週間で戯曲版を書き上げ、翌1850年に上演されて大成功を収めた。この初演以降、デュマはパリの演劇界で絶大な影響力を持ち、経済、文学両面でも大成功を収め、アカデミー・フランセーズ入り(座席番号2)も果たした。

家族[編集]

ロシア貴族の娘と結婚し、二人の娘をもうけている。孫のひとりアレクサンドル・リップマンAlexandre Lippmannは20世紀初頭にオリンピックフェンシングのフランス代表として活躍した。

参考文献[編集]

  • 『象牙色の賢者』佐藤賢一(文藝春秋) -デュマ・フィスの生涯をテーマにした小説。

外部リンク[編集]


前任:
ピエール=アントワーヌ・ルブラン
アカデミー・フランセーズ
席次2

第10代:1874年 - 1895年
後任:
アンドレ・トゥーリエ