ヘンリク・シェンキェヴィチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
{{{2}}}
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:1905年
受賞部門:ノーベル文学賞
受賞理由:叙事詩作家としての顕著な功績に対して

ヘンリク・アダム・アレクサンデル・ピウス・シェンキェーヴィチ(Henryk Adam Aleksander Pius Sienkiewicz ポーランド語: [ˈxɛnrɨk ˈadam alɛˈksandɛr ˈpʲus ɕɛnˈkʲevʲit͡ʂ], 1846年5月5日 - 1916年11月15日)は、ポーランド小説家リトフォス(Litwos [ˈlitfɔs])のペンネームもある。

生涯[編集]

シェンキェヴィチは、ロシア占領下のポーランド立憲王国ヴォラ・オクジェスカ英語版で裕福な家庭に生まれた。父方の先祖はキリスト教に改宗しシュラフタ(ポーランド貴族)の資格を得たリプカ・タタール人であった。ワルシャワ大学を卒業した後、新聞社に入りアメリカ特派員を務める。愛国心が強かったシェンキェヴィチは、愛国者の勇敢な行為を激賞した歴史小説を著した。新聞連載された彼の小説は当時大きな人気を得、一世紀以上経った現在も高く評価される。

シェンキェヴィチはポーランド語の扱いを心得ており、『三部作(Trylogia)』では登場人物に17世紀に話されたであろう中世ポーランド語英語版英語: Middle Polish、16世紀〜18世紀)を使用させた。グルンヴァルトの戦いを描いた『北方十字軍の騎士たち英語版Krzyżacy)』では様々な古ポーランド語英語版英語: Old Polish、5世紀〜16世紀)の古代表現を使用させた。

ポーランド国内では、17世紀の英雄の活躍を描いた『三部作英語版Trylogia)』で最もよく知られる。『火と剣とをもって英語版』はフメリニツキーの乱で相まみえる反乱軍のボフダン・フメリニツキーと英雄ヤレーマ・ヴィシュネヴェーツィクィイを、悪役en:Yuri Bohunイヴァン・ボフーン[1]がモデルとされる。)と主人公en:Jan Skrzetuski[2]の戦いに投影して描いた。『大洪水時代英語版』では、大洪水時代に実際にあったラジヴィウ家ヤヌシュボグスワフ北方戦争の相手であるスウェーデン王カール10世グスタフと共謀してポーランド・リトアニア共和国を崩壊させてラジヴィウ家のもとに独立リトアニアとして分離してしまおうとする陰謀[3]を、主人公Andrzej Kmicicが阻止する。 『草原の火英語版』では、リプカ・タタール人によるリプカの反乱英語版を描いた。

栄光の戦場で英語版』では第二次ウィーン包囲を、『砂漠と野生の中で英語版』ではマフディーの乱を描いた。

一方国外ではローマ皇帝ネロの統治時代を描いた『クォ・ヴァディスQuo Vadis)』が最も有名である。 1905年に「叙事詩作家としての顕著な功績のために」ノーベル文学賞を受賞した。彼はしばしば『クォ・ヴァディス(Quo Vadis)』でノーベル文学賞を受賞したとされるがそれは誤りである。NobelPrize.org"Za co Sienkiewicz dostał Nobla"(ポーランドの新聞記事)

脚注[編集]

  1. ^ イヴァン・ボフーンは、ポーランド史観では悪役として描かれるが、ウクライナ史観ではコサック国家独立の英雄として描かれる。
  2. ^ ズバーラジュ城包囲戦英語版で活躍した歴史上の実在の人物pl:Mikołaj Skrzetuskiがモデルとされる。
  3. ^ ヤヌシュとボグスワフは、ポーランド史観では国家の裏切り者として描かれるが、リトアニア史観では独立の英雄として描かれる。

映画[編集]

  • 『クォ・ヴァディス』は何度か映画化された。最も有名な作品は1951年のハリウッド映画のヴァージョンである(MGM制作)。

主な著作[編集]


外部リンク[編集]