カーリダーサ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カーリダーサ
誕生 4世紀または5世紀頃
インドウジャイン付近
死没 4世紀または5世紀頃
職業 劇作家詩人
活動期間 グプタ朝
ジャンル サンスクリット戯曲、叙事詩、叙情詩
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示
シャクンタラーがドフシャンタ王を見るために振り返る場面(ラヴィ・ヴァルマ画)

カーリダーササンスクリット語: कालिदास,「カーリーの従者(ダーサ)」、Kalidasa)は、インドの古典文学において最も有名な詩人劇作家サンスクリット語で多くの作品を著し、インドのシェイクスピアと呼ばれることもある。生没年は未詳だが、5世紀頃(グプタ朝)の人物とされる(ただし確証はない)。

主な作品[編集]

※作品名の横に直訳した日本語題名を記す

日本語訳一覧[編集]

  • さくんたら姫 梵劇 カーリターサ/ウイリアム・ジヨオンス英訳 高橋五郎小森彦次重訳 前川文栄閣 1907.1
  • 印度歌劇シヤクンタラー姫 河口慧海訳 世界文庫刊行会〈世界文庫〉 1924。『河口慧海著作選集4』に収録
  • カーリダーサの歌へる印度の自然 泉芳璟訳 印度学会 1924
  • サクンタラー姫 救はれしウルヷシー 島準人訳、世界戯曲全集 第40巻 印度・支那劇集 世界戯曲全集刊行会 1928
  • しやくんたら姫 カリダサ 森田草平訳、世界大衆文学全集 改造社、1930 
  • カーリダーサ選集 第1 季節集 木村秀雄訳 秋田屋 1947
  • シャクンタラー 辻直四郎訳 刀江書院 1956
  • シャクンタラー 田中於菟弥訳 「世界文学大系 4 インド集」 筑摩書房 1959
  • 雲の使 小野武雄訳 世界セクシー文学全集 第6 新流社 1961
  • カーリダーサ文学集 第1 抒情詩 木村秀雄訳著 百華苑 1965
  • ラグヴァンシャ 梵語古詩 宗茅生訳 平凡社教育産業センター 1976.1
  • シャクンタラー姫 辻直四郎訳 岩波文庫 1977.8
  • 公女マーラヴィカーとアグニミトラ王 他一篇 大地原豊訳 岩波文庫 1989.3
  • ラグフヴァンシャ 長編叙事詩 野部了衆訳 永田文昌堂 1991.12

詩作品「夜明けへのあいさつ」[編集]

今日一日を生きる

今日という日に目を向けよう

これこそ生命、生命の中の生命なのだ

その短い行程のなかには

君の存在の真理と現実とがすべて含まれる

生まれ育つ喜び

行動の栄光

美の輝き

昨日は夢に過ぎず

明日は予感でしかない

精一杯に生きた今日は

すべての昨日を幸せな思い出に変え

すべての明日を希望の見取り図にする

だから目を開こう

今日に向かって

夜明けへのあいさつはこれだ

関連項目[編集]