メーガ・ドゥータ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

メーガ・ドゥータ(Meghaduta)は、インド詩人劇作家であるカーリダーサ作の抒情詩。「雲の使者」の意。

ヤクシャ(夜叉)の男が空を眺めつつ、ヒマラヤ山麓の故郷に残してきた最愛の妻へ、中部インドから故郷に向かって流れる雲に音信を託して語ったもの。この雲の使者が妻のもとに達するまでに通過する山河や町といった各地の情景を美しく描写している。『メーガ・ドゥータ』はこの種の抒情詩としては高い評価を得ており、また多くの模倣作をも生んだが、これに比類するものはないとされている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]