チャンドラグプタ2世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チャンドラグプタ2世を描いた金貨

チャンドラグプタ2世Chandragupta II、生没年不詳、在位:376年 - 415年)は、古代インドグプタ朝第3代の王。自らを「武勇の太陽(ヴィクラマーディティヤ、Vikramaditya)」と名乗り、東晋の僧である法顕の記した『仏国記』では超日王と呼ばれている。第2代の王サムドラグプタから王朝を受け継ぎ、その最盛期を築いた。

生涯[編集]

イラン系のサカ朝(西クシャトラパ)を下し、西はアラビア海、北はヒマラヤ山脈の麓に至る領域を支配。デカン高原ヴァーカータカ朝英語版パンジャーブ諸国はグプタ朝に臣下の礼を取り、事実上インドの全域を支配下に治めて、その領域を最大のものとした。

また、グプタ朝の文化的全盛期は5世紀頃であり、チャンドラグプタ2世の統治下においてその端緒が開かれて次代のクマーラグプタ1世英語版の時代にわたって繁栄した。

チャンドラグプタ2世の時に宮廷に仕えた詩人で戯曲作家のカーリダーササンスクリット文学の傑作『シャクンタラー』を発表した。説話集『パンチャタントラ』が編纂されたのもおおよそこの時期であると考えられている。

また、民間ではヒンドゥー教が隆盛する一方で、仏教もその研究においては盛んであった。またアジャンター石窟寺院が再び活動を始めたのもこの時期といわれる。

関連項目[編集]

先代:
サムドラグプタ
グプタ朝の君主
320年頃 - 550年
次代:
クマーラグプタ1世英語版